ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

鬼殺隊

きさつたい

鬼殺隊とは、漫画『鬼滅の刃』に登場する組織である。大正時代から遡ること数百年、宵闇に紛れて惡鬼の手から只人を護り続けて来た。
目次 [非表示]

「惡鬼滅殺」


概要

人喰い鬼を狩る力を有した剣士、そしてその剣士を支える者達が集まった政府非公認の組織。産屋敷一族が中心となって組織をとり纏めており、そのルーツは実に1000年以上も昔に遡り、現在の構成人員は数百名を超える。しかし、人喰い鬼の絶大な力の前には犠牲者も多く、所属する隊士達の殉職率は非常に高いばかりか、鬼殺隊と産屋敷一族そのものが鬼達の攻撃によって歴史上何度も断絶されかけている。その為、現在では失伝してしまった技術や知識も多い。


人喰い鬼とは、人ならざるにして人を蹂躙するもの。人の天敵である。

は文字通り人外の力を振るう上に陽光を浴びる以外には不死であり、たとえ頭を砕かれても瞬く間に治癒して生者を喰らう。人は宵闇に怯えて暮らし、降りかかった血の災厄に悲嘆と怨嗟の声を上げる以外、出来る事などない。

しかし人は弱くとも心在るが故に智慧ある者は智慧を、業ある者は業を、力ある者は力を出し合い鬼を退治する術を編み出した。


そして時は大正


“鬼狩り様”の名は文明開化の音に紛れて久しく、人々の口には“鬼”と共に御伽噺として上るばかり。されど彼らは決して幻想に消える事なく、今宵もまた闇の中で悪鬼を滅殺する。

災厄を祓う、その時まで。


鬼殺隊に所属する者

当主

組織の全てを纏める産屋敷家の現当主。隊士達には「お館様」と呼ばれる。

産屋敷家の男子が代々世襲しており、既に次の後継者(嫡男)も隊の管理業務を務めている。

彼自身は鬼と戦う力を持たないばかりか、そもそも産屋敷の血統の男子はある理由から代々身体が弱く、歳を重ねるにつれて額から目元にかけて火傷のような痕で覆われていき、やがて失明する。そして最終的には齢30を迎える前に死ぬなど寿命も短い。故に戦士としての資質は皆無である。

しかしながら、組織の長に足る公平・冷静な判断力や統率力は言うに及ばず、産屋敷家の当主達は代々“異能”と言える程の人心掌握術と、“未来予知”と言える程の直観力と先見の明を持っており、現当主である輝哉は特にその能力に長けている。それ故にその声と仕草だけで人を高揚させる絶対的なカリスマ性を有しており、この為に如何なる剣士も最上級の敬意と共に頭を垂れる他、その直観力で産屋敷家は代々財を成し、組織や一族が断絶する程の危機もギリギリで回避してきた。

また、上記の体質の為に本部となる屋敷から出る事はないが、無数の鎹烏から逐次報告を受けており、隊士各員の活動状況を細やかに常時把握している。更に上述したように鬼殺隊は政府公認の組織ではないが、統括する産屋敷家が非常に長い歴史と財を持つ名家である為に、政府に対しても一定の影響力があるようで、一部の隊士にはその権限によって公的機関の管理下から引き抜かれた者もいる。このように鬼殺隊を政治的、財源的に支えているのも産屋敷家とその当主である。

鬼殺隊の最終目標である鬼舞辻無惨の滅殺の為に、様々な情報を常に探っている。鬼でありながら無惨と敵対する珠世の事も、ある事情から産屋敷一族側は代々認知しており、鎹鴉を通じてその所在を探し続けていた。


耀哉の側近を務める五人の童子。全員が耀哉の実子であり、黒髪の子が嫡男で跡継ぎ。

幼いながらも既に藤襲山での最終選別の説明役や、耀哉の身の回りの世話などをこなしている。

なお、上述の通り産屋敷の男子は病弱な為(正確には加齢と共に病弱になっていく)、厄除けとして十三歳まで嫡男も女児の格好で育てられている(これは、現実にも実在した風習である)。

顔は全員母親似である。


鬼殺隊士

鬼殺隊士』の項目を参照。


鬼殺隊の関係者

藤の花の家紋の家

かつて鬼殺隊によって救われた者達が、鬼殺隊員に無償で尽くしてくれる民間施設。

その尽力は傷の治療に留まらず、食事・宿泊・隊服の洗濯などありとあらゆる世話をしてくれる上に、依頼をすれば次の任務に必要な物資の用意や、準備の手伝い等もしてくれる。豪邸なども多い事から、大きな家の協力者も多いらしく、鬼殺隊の資金源の一つとも思われる。

再び任務に赴く際は、切り火をして隊員の武運を祈る。


育手(そだて)

育手』の項目を参照。


刀匠

日輪刀を打つ鍛冶師達。たたら(鍛冶師)としての生業を自ら揶揄してか、全員がひょっとこ(ヒヲトコ/火男)の面を被っている。普段は主に「刀鍛冶の里」と呼ばれる場所で日輪刀の製作に励んでおり、里の場所は鬼殺隊の本拠地である「産屋敷邸」の次に厳重に秘匿されている。

芸術家気質であり、自分の打った刀に対して変質的なまでの情熱と愛情をかけている者が多く、作品を粗雑に扱う剣士に対しては刃傷沙汰を起こす事もしばしば。

しかしながら刀匠としての腕は確かな人達なので、たとえ相手が37歳を越えていても、優しく応対してあげるのが吉。

鋼鐵塚蛍鉄穴森鋼蔵
51話感想‼鉄穴森さん
竈門炭治郎の担当刀鍛冶。嘴平伊之助の担当刀鍛冶。
小鉄鉄地河原鉄珍
刀鍛冶の小鉄さん一番小さくて一番えらいよ
刀匠の見習い。刀鍛冶の里の里長。

余談

給料も貰えるらしく、最下層の階級である癸は約20万円、の給料は無限に欲しいだけ貰える。更に鬼殺隊は隊服や刀等が支給され、柱は給料の代わりに自身の屋敷を贈呈して貰う事も可能。鬼殺隊は政府非公認の組織である為に、ここまでの莫大な資金源は全て上記した先見の明で代々莫大な財産を築いてきた産屋敷家の懐と、おそらく藤の花の家紋の家からも出ている。


関連タグ

鬼滅の刃 鬼殺隊士 継子 育手 産屋敷家

鬼滅の刃用語一覧

鬼滅の刃のコンビ・グループタグ一覧

関連記事

親記事

鬼滅の刃の登場キャラクター一覧 きめつのやいばのとうじょうきゃらくたーいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13043188

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました