ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

産屋敷耀哉

うぶやしきかがや

産屋敷耀哉とは、「鬼滅の刃」の登場人物で作中に登場する鬼殺隊の最高管理者。
目次 [非表示]

「よく来たね 私の可愛い剣士(こども)たち」


「私は永遠が何か… 知っている」

「永遠というのは人の想いだ 人の想いこそが永遠であり 不滅なんだよ」


プロフィール

CV(アニメ)森川智之
演(舞台)廣瀬智紀

初登場話単行本6巻 第45話『鬼殺隊柱合裁判』
氏族産屋敷家九十七代目当主
役職鬼殺隊当主
年齢二十三歳
家族産屋敷あまね(妻)、産屋敷ひなき(長女)、産屋敷にちか(次女)、産屋敷輝利哉(長男で次期当主)、産屋敷くいな(三女)、産屋敷かなた(四女)

概要

鬼殺隊の最高責任者であり、鬼舞辻無惨と敵対する産屋敷の一族の九十七代目当主。


鬼殺隊の面々からは『お館様』と呼ばれ、異能とも言える程の強力な人心掌握術を駆使して鬼殺隊をまとめ上げ、鬼殺隊の主要戦力であり、我が強く個性の強い性格の”達をも心酔させる大人物。

一組織の指導者にふさわしく非常に心の広い人格者であり、多くの人間達を従えている。


無題


隊士達の事は年長隊士も含め、「私の子供達」として我が子同然に思っており、隊士達の事は苗字ではなく名前で呼ぶ。

戦死してしまった隊士の墓参りや、怪我で動けなくなった隊士の見舞いを完全に寝込んでしまうまで毎日欠かさず、自分が士当主に就いてから所属・殉職した隊士の名前・出自を全員記憶してそれに基づき彼らの人間関係を考慮した言葉をかけてあげるなど、文字通り理想の上司。


能力


F分の一(1/F)揺らぎ

 彼の声は現代で言う所のF分の一で発声し、聞く者に安らぎを与える。

その声を聴いたものは、心が落ち着くと共に不思議な高揚感を与えられ、心服する。

初めて会った竈門炭治郎さえも、「頭がふわふわして心地よい」と実感しており、


簡単に言えば、本能的に安心させる波動


それは鬼の首領であり、自身を直々に殺そうと考えていた無惨ですら懐かしさや安堵感を覚え気味が悪いと感じる程である。

言い方は悪いが、一種の洗脳といっていいのかもしれない。


現実にも存在する物であり、主に人の上に立つ強いカリスマ性を持った者がこの〝声〟を持っている事が多い。


代表的な歌手達としては、

MISIA美空ひばり宇多田ヒカル徳永英明LiaAimer宇徳敬子大野智等が挙げられる。


無論、産屋敷自身は隊士を自身の操り人形にするつもりは毛頭なく、自身の事も鬼殺隊を動かす一つの駒、道具と捉え、優れた実力者たる柱に対して敬意を払う事を促す反面、自身については隊士達が親切でやってくれている事だから、無理に自分に対して敬意を払う必要はないと述べている。

(もっとも柱達からの心酔が絶大なため、彼への礼儀がない言動を取った人物は柱達から大いに咎められているが。)


先見の明

産屋敷家の人間は、未来予知と言える程の勘、先見の明を持っており、産屋敷家はその能力を使って代々莫大な財産を築き、家や鬼殺隊の危機を幾度となく回避してきた。当代の当主の耀哉は特にその能力が強く、その力を以て鬼殺隊の指針を決定してきた。


病に侵された盟主

産屋敷一族は鬼舞辻無惨(詳しくは無惨の縁、ネタバレ注意)が原因で代々病気による短命になり、現当主の耀哉も病気に侵されている。

容貌は顔の上半分が焼けただれたような痕があり、両目に黒目が描かれてはいない(現在の顔になったのは、時透無一郎甘露寺蜜璃が鬼殺隊士となった頃で、悲鳴嶼行冥と出会った14歳時は普通の顔だったが、宇随天元が入隊した時期には左目の周りから変色し始めており、不死川実弥の柱就任時の17~9歳頃にはかろうじて右側の黒目とその下の皮膚が残っていたのみである)。

そして、劇中初登場となる竈門兄妹の裁判の際は、常に我が子である童子に手を引かれ、竈門禰豆子の目前にもかかわず、食欲に駆られず、実弥に襲い掛からなかった結果を教えてもらっていた事から、現在では既に盲人になっているようである。

お館様

自身は体が弱い為に前線で戦って人を守れない事に人知れず心を痛めており、一度刀を振ってみた事があるそうだが、10回もしないうちに脈が狂って倒れてしまったという。

鬼殺隊の当主という立場ながら、安全な後方から指示を飛ばしているだけだとした、当時柱になったばかりの実弥からの厳しい非難にも、「ごめんね」と何処か悲しみを含んだ表情で詫びている。

更に炭治郎と出会って数ヶ月後にはこの痕が喉や胸部にまで拡大、とうとう寝床から起き上がる事も難しくなり、喋っている最中に何度も吐血する程に悪化、柱合会議にも出席できなくなってしまった。



人物


絶大な人心掌握術

その一方で、上述の通り歴代当主の中でも特に強いカリスマ性と人心掌握に長けた事から、柱達からは絶大な信頼を得ており、かなり攻撃的で短気な性格の不死川実弥や他人に対して無関心な時透無一郎ですら素直に話を聞く為に平伏し、柱達が冷静さを失っても彼が口に指をあてただけで、全員が沈黙する程である。

主人公の竈門炭治郎も一回会っただけで彼に心服しており、その人心掌握術の凄まじさが窺える。

鬼殺隊は修羅な世界を生きる為に、産屋敷家当主があえて自分が教祖になり、信仰し縋れる所を作っていると言える。


実弥は病弱の耀哉の為に「最低でも柱二人、お館様の護衛につけるべきだぜェ」と最古参で最も耀哉に近い悲鳴嶼に進言したこともある。悲鳴嶼も同じ考えではあったものの、

「八年間言い続けているが、聞き入れてはくださらぬ‥」との事。

その理由は「柱という戦力は自分一人の為に使っていいものではない」という考えからであり、これについては彼に限らず歴代の当主も全員がそうだった模様。


唯一の例外は冨岡義勇。敬意を示してこそいるが、心酔しているという描写は余りない。

産屋敷ボンバーの時も、他の柱達が動揺したり、涙を流したり、怒りを見せる中、冨岡義勇だけが平然として無限城の対策を考えていた。そのせいなのか、はたまた普段の言葉足らずすぎる言動からか、耀哉に絶大な信頼を寄せている柱達に不信感を抱かれやすい。


カリスマ性のある人物には暴君的タイプの人間が多いのだが、彼にはそういう要素が無く、常に穏やかな人物である。

だからといって周囲の人間に甘いわけではなく、一般人からすれば「無茶振り」とも取れるような事でも鬼の討伐に必要なことであれば実行に移すことのできる、指導者らしい胆力も持っている。


柱合会議


彼自身は常に公平な姿勢である事を心掛けており、常に冷静沈着な態度を崩さずに、柱合会議においては元柱である鱗滝左近次と冨岡義勇からの命がけの嘆願、禰豆子が人を襲わなかった事等の様々な事情を鑑みて、鬼である竈門禰豆子を鬼殺隊の一員として容認し、その際に反発する柱達を彼等一人一人の意見にもちゃんと耳を傾けつつ宥めた。


彼自身、心優しく慈悲深い人物であるのは間違いないのだが決してお人好しではない。禰豆子を助けたのも、可哀想な兄妹への憐れみではなく、戦略的視点による事が台詞から読み取れる。


「鬼舞辻はね、炭治郎に向けて追っ手を放っているんだよ。その理由は単なる口封じかも知れないが、私は初めて見せた鬼舞辻の尻尾を掴んで離したくない。恐らくは禰豆子にも鬼舞辻にとって予想外の何かが起こっていると思うんだ」


兄、竈門炭治郎の目前で言葉を選んでいるが、それは身も蓋もない言い方をすれば「禰豆子は宿敵・鬼舞辻無惨と戦う為の手駒」という事なのである。禰豆子自体は“鬼”としても極めてレアな存在であり、「敵を知る為の研究材料」として、貴重だと判断したと思われる。

他にも、最初から鎹鴉の情報や鱗滝左近次からの書簡の内容を独占して柱達にも知らせず、徐々に柱達が炭治郎と禰豆子の存在が知れ渡ってから彼らを納得させる為の口実として提示してくる辺りも、非常に策士な面を持ち合わせていると言える。

千年にも渡って鬼や無惨と戦い、鬼殺隊を支え続けた一族のトップというだけあって、言動は穏やかながらも当主としては決して甘さなどはない。


不死川を始めとした柱達が「鬼を滅殺してこその鬼殺隊」という原則論をあくまで貫き、当初は輝哉が来る前に独断で禰󠄀豆子の処刑を実行しようとしたのも、単なる「鬼憎さ」や「鬼に対する警戒心」からだけではなく、

耀哉の「手段は選ばず、利用できる物は何でも使う」良く言えば機転が利く柔軟性、悪く言えば形振り構わぬ無節操さ、危うさが伝わっていたからであろう。


珠世さんに宜しく」の台詞から、こちらの事も天王寺松衛門を通して詳細に把握していた模様。珠世の事についてはある理由から産屋敷家に残されていた情報を通じて一方的にその存在を把握していたものの、直にコンタクトを取るには至ってなかったが、終盤には鎹鴉を通じて遂に彼女達の居場所を突き留めて、無惨を倒す為に共同戦線を提案する。

彼女との繋がりを有していた事も、炭治郎達を優遇した一因だと思われる。


無惨との縁

不滅

鬼舞辻無惨と産屋敷一族は親戚である。

産屋敷一族が皆、短命なのは鬼舞辻無惨の呪いによるもの。(病で顔を侵されているものの、ほとんど顔の造形が一緒であることが扉絵にてわかる)

鬼殺隊の始まりは、鬼舞辻無惨が鬼となったこと。

産屋敷一族が「早死」である理由は、同じ一族である無惨が鬼に堕ちたことを受けた神仏からの「天罰」であった。

産屋敷一族は神主から「鬼を倒すために心血を注ぎなさい」と宣託を受け、代々鬼舞辻無惨を追いかける事になった。短命の呪いも、代々神職の家系から妻をもらうことで少しは延命出来る様になった。(それでも、三十まで生き延びることの出来た者はいなかったが)

宣託に従い鬼舞辻無惨を打倒し、産屋敷一族の呪いを解く事を目標に掲げ結成されたのが鬼殺隊である。


なお、産屋敷家が鬼舞辻無惨の親戚である事は柱達には隠されている。

1000年間無惨を追いかける産屋敷一族と、1000年間生に執着する無惨。在り方は違えど、やはり同じ一族であると言えるかもしれない。


現当主の耀哉は彼を「我が一族唯一の汚点」と称し、無惨の打倒に凄まじい執念を燃やしており、「当代で無惨との戦いを終わらせる」という強い思いを持っている。

鬼舞辻無惨側も上弦の鬼達に指示された最大の目標の一つが産屋敷一族の殲滅である。


二人は宿敵同士ではあるが、両方とも人の弱み、恨みに漬け込み、上手く自分の組織側に引き込んでいる、というやり方は根本的に似ている。

もっとも、耀哉のアプローチは無惨のそれとは全く異なる。導く方向が違うだけで、紙一重に生き方は変わるのだ。

それが如実に表れたのが、甘露寺蜜璃にかけた耀哉の言葉と、にかけた無惨の言葉、双方の意味の違いであろう。


耀哉「自分の強さを誇りなさい。君を悪く言う人は皆君の才能を恐れ、羨ましがっているだけなんだよ」


無惨「全ては、お前を受け入れなかった親が悪いのだ。己の強さを誇れ」


あり過ぎる力にコンプレックスを持ち、己を偽る事に迷った者強い身体を欲して鬼になり、結果両親を殺めてしまった者との違いはあるが、他者に理解されない疎外感に苛まれているという点で両者の境遇は共通している。


鬼と鬼殺隊とでは、その目的や存在意義等が真逆であり、無惨が累に求めた「両親を殺めた事への罪悪感や、決して忘れてはいけない最後の人間性の放棄」と、耀哉が蜜璃に求めた「他人の言葉に惑わされない強さと誇り高き人間性」は全く異なるものであり、それに応えようとした二人は真逆の運命を辿っている。


御前

耀哉と無惨の1000年に渡る因縁の結末は産屋敷家の項目を参照(ネタバレ注意)。


人気投票結果

第1回人気投票では31位であり、これまで活躍してきた他の人を立てる程度の位置にいたが、柱達や十二鬼月の活躍後の第2回人気投票では50位と奮わなかった。

彼としてはそれでもいいだろうが、彼を崇める柱達は慟哭していそうである。

ちなみに51位の冨岡の鎹烏とは票の差がかなり開いており、一つの分水嶺となっている。


過去

元々複数の男の兄弟がいたが、皆、呪いの為に亡くなり、唯一生き延びたのが耀哉であった。

また父である先代(恐らく九十六代目当主)は繊細な人で、多くの隊士達の死に耐え切れず19歳で自殺した為に、当時四歳だった耀哉が当主の座に就いて以来、19年間鬼殺隊のお館様を務めてきた。


キメツ学園

学園の理事長として登場。

学園以外にも様々な事業を手掛けており、人脈も多い。

顔が爛れているのは、通り魔に劇薬をかけられたからとの事で、顔が似ている鬼舞辻議員に間違われた疑いがある。

「キメツ学園!」では嬉々として鬼舞辻無惨をいじったり、職員室に顔を出したり、家庭科室に顔を出したりと健康には問題のない様子がうかがえる。


関連イラスト

宿命不滅願わくは藤の下にて若かりし頃

 

関連項目

鬼滅の刃 鬼殺隊 産屋敷家

妻:産屋敷あまね

嫡子:産屋敷輝利哉

実子:産屋敷ひなき産屋敷にちか産屋敷かなた産屋敷くいな


鬼滅の刃の登場キャラクター一覧


カリスマ 理想の上司

 先見の明 未来予知

関連記事

親記事

産屋敷家 うぶやしきけ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19681469

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました