ピクシブ百科事典

産屋敷あまね

うぶやしきあまね

産屋敷あまねとは、「鬼滅の刃」の登場人物。 作中に登場する鬼殺隊の最高管理者である産屋敷耀哉の妻(メイン画像手前の人物)。
目次[非表示]

概要

鬼殺隊の最高管理者である産屋敷の一族の97代目当主・産屋敷耀哉のお内儀(奥様)。
27歳。耀哉との間には5人の子供(五つ子)がいる。黒い髪の子・輝利哉は男の子で後継ぎ、他の白い髪の子(ひなき、にちか、かなた、くいな)は女子。
時透無一郎が初めて彼女と出会った時、『白樺の木の精』と思うほどの美しい容姿の持ち主。

人物

最終選別などの鬼殺隊の活動に、子供たちが関わっていると同時に自身も、呪いにより体調を崩す夫の治療をしたり、とある剣士の子孫だったという当人たちに会いに行く、夫の代理で大事な情報の伝達をするなど、積極的に関わっている。

生まれは神職の家。鬼舞辻無惨の呪いにより代々短命な産屋敷家の当主は、神職の一族から嫁御をもらうことで生き永らえている。当時耀哉13歳、あまね17歳の時に見合った。その時耀哉から発せられた、『貴女が嫌なら私からこの話は断ります』という、あまねの立場を思いやる一言で結婚を決めたという話がある。

関連項目

鬼滅の刃 鬼殺隊 産屋敷家 産屋敷夫妻
夫:産屋敷耀哉
嫡子:産屋敷輝利哉
実子:産屋敷ひなき産屋敷にちか産屋敷かなた産屋敷くいな
鬼滅の刃の登場キャラクター一覧

関連記事

親記事

産屋敷耀哉 うぶやしきかがや

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「産屋敷あまね」のイラストを見る

関連商品

関連商品をもっと見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 180209

コメント