ピクシブ百科事典

産屋敷家

うぶやしきけ

漫画『鬼滅の刃』に登場する、産屋敷耀哉を当主とする一族の総称である。
目次[非表示]

概要

鬼殺隊を統括する一族。
代々当主を鬼殺隊最高責任者 (「お館様」と呼称されている) として、そして鬼舞辻無惨を討伐することを一族の悲願としている。

無惨と産屋敷家は同じ血筋であり、無惨のような怪物を出してしまったせいで、一族の子供達は皆病弱で生まれてすぐ死んでしまう呪いを背負わされていた。
いよいよ一族の血が絶えようかという時、神主から「同じ血筋から鬼が出ている その者を倒すために心血を注ぎなさい そうすれば一族は絶えない」という助言を受け、代々神職の一族から妻を貰い子供も死ににくくなったが、それでも一族の誰も三十まで生きられていない。
このとこに対して無惨は「言いがかり」としているが、それは無惨も病弱だったためであるが呪いの規模を考えると言いがかりとはとうてい思えない。

魔除けの風習として、男児は13歳まで女児の着物を着用している。
なお、長男相続制のため輝利哉の様に10歳に満たない長男が当主に就く場合があり、当主の座に就いてからの輝利哉は男装に戻っている。
また仮に複数の男子が誕生しても皆何らかの理由で亡くなり、結局男子が一名残る。
そして女子もまた13歳までに結婚して名字を変えなければどんなに気を付けても病気で亡くなる。
このことから、女子は婚姻によって呪いを回避できると考えられるが明治民法下での結婚は女子の場合15歳からなので超法的処置が無ければ死亡する。

無惨は平安時代における貴族階級の人間であった描写があり、このことから産屋敷家は少なくとも平安から存在していた公家の末裔であると思われる。
舞台である大正時代における日本では華族制度があるため、誤解から死罪になってしまった悲鳴嶼行冥を救った経緯から、政府や公安機関にも一定の権限を持っていることを見るに、産屋敷家もおそらくは華族の一員かと思われる。

系譜

産屋敷耀哉

お館様


鬼殺隊97代目当主。23歳。(以下、詳細はリンク先参照)

産屋敷あまね

あまね様


耀哉の妻。27歳。

産屋敷輝利哉

産屋敷輝利哉さん


耀哉とあまねの第三子・長男にして、産屋敷家の跡取り。


産屋敷ひなき産屋敷にちか

輝利哉の五つ子の姉。

産屋敷くいな産屋敷かなた

輝利哉の五つ子の妹。








以下、ネタバレ注意

















最期の炎


第136話で無惨が産屋敷家に現れる事を先見の明により察知していた耀哉は、逆にこの危機を無惨を討つ千載一遇の好機に変えるべく、無惨が現れた瞬間を狙ってあらかじめ家に仕掛けていた大量の爆薬を爆発させた。なお、これにより耀哉はもちろん、共に居たあまね、にちか、ひなきも爆死している。
罠に嵌めるためとはいえ、耀哉の妻と子ども諸共爆薬で消し飛ばすその行為は無惨をして、「あの男は完全に常軌を逸している」と評されている。

その後、無限城での最終決戦では父母と二人の姉を亡くしたばかりの輝利哉を当主とし、妹かなた、くいなと共に全鬼殺隊隊士の支援に回っている。

鬼滅の刃~産屋敷輝利哉~



















単行本21巻の「戦国コソコソ話」にて、常に無惨に狙われているが故に、屋敷の所在は刀鍛冶の里よりも厳重な方法で隠されているが、これは400年前に起こった黒死牟による当時の産屋敷家当主殺害がきっかけである事が判明した。


関連タグ

鬼滅の刃 鬼殺隊 柱(鬼滅の刃)
創始者
鬼滅の刃のコンビ・グループタグ一覧

俺の屍を越えてゆけシリーズ…産屋敷家同様に、鬼の首魁による呪いで短命を強いられた一族を主人公に据えたRPG

関連記事

親記事

鬼殺隊 きさつたい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「産屋敷家」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 352726

コメント