ピクシブ百科事典

産屋敷家

うぶやしきけ

漫画『鬼滅の刃』に登場する、産屋敷耀哉を当主とする一族の総称である。
目次[非表示]

概要

鬼殺隊を統括する一族。
代々当主を鬼殺隊最高責任者 (「お館様」) として、そして鬼舞辻無惨を討伐することを一族の悲願としている。

無惨と産屋敷家は同じ血筋であり、無惨のような怪物を出してしまったせいで、一族の子供達は皆病弱で生まれてすぐ死んでしまう呪いを背負わされていた。
いよいよ一族の血が絶えようかという時、神主から「同じ血筋から鬼が出ている その者を倒すために心血を注ぎなさい そうすれば一族は絶えない」という助言を受け、代々神職の一族から妻を貰い子供も死ににくくなったが、それでも一族の誰も三十まで生きられていない。
魔除けの風習として、男児は13歳まで女児の着物を着用している。なお、長男相続制のため輝利哉の様に10歳に満たない長男が当主に就く場合があり、当主の座に就いてからの輝利哉は男装に戻っている。

無惨は平安時代における貴族階級の人間であった描写があり、このことから産屋敷家は少なくとも平安から存在していた公家の末裔であると思われる。
舞台である大正時代における日本では華族制度があるため、誤解から死罪になってしまった悲鳴嶼行冥を救った経緯から、政府や公安機関にも一定の権限を持っていることを見るに、産屋敷家もおそらくは華族の一員かと思われる。

系譜

産屋敷耀哉

無題


鬼殺隊97代目当主。23歳。隊士達を我が子同然に思っており、年長隊士を含め隊士達からは慕われていた。最期は鬼舞辻無惨に対して自らを囮として、妻・あまねと娘・にちかとひなきと共に自爆した。

産屋敷あまね

あまね様


耀哉の妻。27歳。耀哉とは見合いで出会い、その際にあまねの立場を思いやる耀哉の一言で結婚を決めた。最期は耀哉と娘・にちかとひなきと共に自爆した。

産屋敷ひなき

輝利哉の五つ子の姉。右側に紐の髪飾りをつけている。普段は父・耀哉の世話をしている。最期は両親とにちかと共に自爆した。

産屋敷にちか

輝利哉の五つ子の姉。左側に紐の髪飾りをつけている。普段は父・耀哉の世話をしている。最期は両親とひなきと共に自爆した。

産屋敷輝利哉

産屋敷輝利哉さん


耀哉とあまねの第三子・長男にして、産屋敷家の跡取り。病弱のため普段からは魔除けの風習から女児の着物を着ている。竈門炭治郎達の最終戦別では、妹・かなたと共に案内役を務めた。両親と姉2人の死後、8歳にして98代目当主に就き、鬼殺隊の総指揮を取る。

産屋敷くいな

輝利哉の五つ子の妹。白髪に菊の花の髪飾りをつけている。両親と姉2人の死後、当主となった輝利哉の補佐を務める。

産屋敷かなた

輝利哉の五つ子の妹。白髪に藤の花の髪飾りをつけている。炭治郎達の最終選別では、輝利哉と共に案内役を務め、両親と姉2人の死後は当主となった輝利哉の補佐を務める。



以下ネタバレ注意















最期の炎


第136話で無惨が産屋敷家に現れた時に、この危機を逆手に取り無惨を討つ千載一遇の好機に変えるべく、あらかじめ仕掛けていた大量の爆薬を爆発させる。それにより耀哉、あまね、にちか、ひなきは爆死した。
その後、無限城での最終決戦では父母と二人の姉を亡くしたばかりの輝利哉を当主とし、妹かなた、くいなと共に全鬼殺隊隊士の支援に回っている。

鬼滅の刃~産屋敷輝利哉~




















関連タグ

鬼滅の刃 鬼殺隊 柱(鬼滅の刃)
創始者
鬼滅の刃のコンビ・グループタグ一覧

俺の屍を越えてゆけシリーズ…産屋敷家同様に鬼の首魁による呪いで短命を強いられた一族を主人公に据えたRPG

関連記事

親記事

鬼殺隊 きさつたい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「産屋敷家」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 110418

コメント