ピクシブ百科事典

目次[非表示]

※この記事は重大なネタバレを含みます

概要

吾峠呼世晴による漫画『鬼滅の刃』の登場人物。
十二鬼月上弦の壱「黒死牟」が鬼と化す前、人間であった頃の名前である。

実は鬼殺隊の核となった始まりの呼吸の剣士達の一人であり、炭治郎の夢の中に現れた継国縁壱の双子の実兄。
戦国時代に存在した武家である「継国家」の長男として後継ぐはずだった。
系譜上では鬼殺隊の現霞柱である時透無一郎と、その兄の有一郎の遠い先祖に当たる人物であり、本人曰く「自分が継国の家に置いてきた子供の末裔」だという。

上述した自身と無一郎の関係については自ら語っており、童磨と同様に人間だった頃の記憶を明確に残している。また本人の口から戦国時代から無惨に仕えている事も語られている。

過去

時は戦国。
彼、継国巌勝は双子の兄としてこの世に生を受けた。
そして、弟の縁壱の方は生まれつき額にがあり、それを忌み子とみなした父は継国家の対面のために緑壱を殺そうとした。
しかし、そのあまりにも惨い対応には、非常に穏やかな性格の持ち主で知られる母・朱乃も烈火の如く怒って真っ向から反発、周囲の反対を押し切ってまで縁壱を守る強い姿勢を見せ、おそらく初めて見るであろう妻の凄まじい権幕にさすがの父も根負けしたのか、「10歳になったら寺に出家させて僧にする」という条件で不問とした。
一方の兄の巌勝は弟の縁壱に対し、幼い頃の縁壱が三畳の部屋に閉じ置かれていたほど冷遇されていた事や、親離れ出来ないためか常日頃から母の左脇にしがみついていた姿を見てきたことから憐れみ、せめて兄である自分だけは弟のそばにいることを決意。
緑壱と遊ぶことを嫌う父に殴られてもめげず、その翌日にも縁壱の元へ訪れ、
「助けがほしいと思ったら吹け。すぐに兄さんが助けにくる」
と、腫れた顔で笑いながら手作りの竹笛を渡した。

ハッピー幼時空



しかし、それまでずっと口を閉ざしてきた縁壱が突然、何の前ぶれもなく言葉を口にした日を境に彼の運命は狂いだす。
それから間もなく、生まれてから刀一つ握ったことのない弟がずば抜けた剣技を発揮し、自分がどれだけ努力しても勝てなかった指南役を失神させる事件が発生。巌勝は剣を極める事を望みその才覚も認められていた自分の努力など、弟と比べれば亀の歩みでしかない事を実感する。
弟である縁壱がずば抜けて剣技の才能に優れていることが周囲に知られ、継国家の跡継ぎは弟に、寺にやられるのは長男である巌勝になるのではと考える程であったが、母の死後、跡継ぎの事情を前々から承知していた縁壱はこれ以上自分のせいで家に迷惑をかけないために一人出奔する。
その時。遺された母親の日記の記述では縁壱が母にしがみついていたわけではなく、病魔に蝕まれて身体が不自由な母を支えていた事を知り、跡継ぎとして育てられた自分より劣っているという思い込みから憐れんでいた弟が実際は自分より心身共に優れていた事を知る。
皮肉にも忽然と縁壱が姿を消したことで跡継ぎ問題は解決し、彼の中にある縁壱への憎悪や嫉妬は一旦は治まった様に見え、十数年ほど緩やかな時間が流れる中で妻を娶り、子供を儲けている。

そんな折、鬼狩りとして活躍していた縁壱によって鬼から救われる形で二人は再会することになった。十数年の時を経て優れた剣技と人格を持つ人物となって兄の巌勝の前に現れた弟の縁壱に対し、巌勝の胸にはかつての嫉妬と憎悪の炎が燃え上がる。その強さと剣技を手に入れようと、今まで持ち得た平穏な生活の全てを捨て去り、巌勝は縁壱と同じく鬼狩りの道へと足を踏み入れる。尚、表向きは殺された部下達の仇討ちという名目で鬼殺隊に入った模様。

全集中の呼吸を学び痣を発現するまでに至るものの、それでも日の呼吸には遠く及ばず、そればかりか痣を発現させた者は二十五歳になる頃には死亡するという副作用までも見つかってしまう。鬼狩りとなった彼が知ったのは最早縁壱を越えるどころか、その為の鍛錬の時間すら残されていないという現実であった。

「ならばになればよいではないか」

やがて彼は、鬼狩りの剣士が使う全集中の呼吸に興味を持っていた鬼舞辻無惨と出会い、そう唆される。無限の時の中で修練を積めば、いずれは縁壱を超えられる。全てのしがらみから解放されると考えた巌勝は、鬼狩りの頭である当時の産屋敷家当主を殺害して仲間の鬼狩り達を裏切り、縁壱とも袂を完全に分かち、無惨の血によって鬼となり、鬼狩りの剣士から新たな無惨の部下「黒死牟」へと生まれ変わった。

それから60年後、縁壱は黒死牟の目の前に現れる。
痣者でありながらも、八十を超え年老いた姿となって表れた弟は涙を流しながら言う。

お労しや兄上

【模写】鬼滅の刃20巻から



自分より遥かに老いた姿の弟にそう言われた黒死牟は、動揺を覚えながらも剣を構え、そこで再び縁壱という剣士の底知れない強さを知ることになる。鬼よりも弱い人間のままであるはずの弟は、あっさりと自分を死の淵へと追い詰め、焦りと嫉妬に身を焼かれながら、あと一撃で死ぬと実感するところまで追いつめられる。しかし、その前に縁壱は寿命を迎えてしまい、討ち込みの構えを取り黒死牟と相対した姿のまま死んでいた。これまでより強い憎しみを込め逝った弟の骸を斬り捨てたが、その死体から転がり落ちたのは幼い頃に縁壱にあげた笛であり、その事を知った黒死牟は涙を流した。

その後は、無惨と共に「日の呼吸狩り」を行い、日の呼吸を知る者や縁壱の関係者達を次々と殺害して、日の呼吸や痣に関する技術や知識を失伝させ、痣の代償によって次々と柱が死んだ影響もあって弱体化していた当時の鬼殺隊を壊滅寸前まで追い込んだ。

「私は一体何の為に生まれて来たのだ 教えてくれ 縁壱」

家も、妻子も、仲間も、人間や侍である事さえも捨て去り、それでも尚も強さに焦がれ、求め続けた鬼は、結局は何一つ手に入れる事はできなかった。
達に倒された黒死牟は灰となって消えていきながらも、その懐にはかつての縁壱に渡した笛を持っていた。

余談

二人の父親は縁壱の出奔後に妻の遺言を叶えるために方々手を尽くして縁壱を探したが見つからず、落胆からみるみる衰えていき、巌勝が妻子を得た事で安堵し世を去った。
良い父親とは言えなかったが、決して情のない人物でもなかったのだろう。

巌勝という名前は「強く、いつも勝ち続けるように」と願いを込めて父が名付けた。
巌勝の巌は、巌(いわお)であり、厳(きびしい)ではないので注意。

関連イラスト

1021 179 あの子の為に
巌勝


父子
「皐月(さつき)」


「鬼狩様(おにがりさま)」
无题



関連項目

鬼滅の刃 全集中の呼吸 月の呼吸
鬼(鬼滅の刃) 十二鬼月 上弦の鬼
継国縁壱 継国朱乃

関連キャラクター

関連記事

親記事

黒死牟 こくしぼう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「継国巌勝」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「継国巌勝」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 36143964

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました