ピクシブ百科事典

月の呼吸

つきのこきゅう

月の呼吸とは、漫画『鬼滅の刃』に登場する戦闘技術である全集中の呼吸の一つ。
目次[非表示]

注意!!
※こちらは単行本のネタバレ中心の記事です。そちらを了承の上閲覧されますようお願いします。

概要

漫画『鬼滅の刃』に登場する戦闘技術である全集中の呼吸の一つ。
対応する日輪刀の色は。呼吸音は「ホオオオ」

十二鬼月の中で最強の鬼である黒死牟が使う呼吸法であり、同時に彼が使うとしての異能である血鬼術でもある。
再生力、身体力ともに人間を上回る鬼が呼吸を使い、それを血鬼術と組み合わせることで、更に高い攻撃力と速度を発揮することができる。しかもそれを扱うのが鬼の身体能力・剣士としての技能共に最強格である黒死牟というのだから手に負えない。
鬼狩りの剣士達にしてみれば、鬼を倒す為に編み出した技術を逆に鬼によって更に進化した形で自分達に向けられるという、まさしく『天敵』とも言える業である。

この呼吸による型は血鬼術の効果か、剣の軌道の周囲もしくは一定の範囲に月輪を思わせる形状の斬撃が発生する。
この斬撃は触れると人体を容易く斬断するだけでなく、数瞬は空間に残り続けて月が満ち欠けするように効果範囲が不規則に揺らぐ特性を有する。さらに斬撃には三日月型の細かい刃が無数に付いており、こちらも効果範囲や形状が常に不規則に揺らぐ。要は他の呼吸では飾りだったエフェクトにも当たり判定があるのである。を除き全集中の呼吸のエフェクトは基本的に演出であり登場人物には見えないうえに触れても何も起こらない)
その為に、相対する剣士は月の呼吸の剣閃に充分以上の回避行動を取らねば、月輪の斬撃の中で切り刻まれる事となる。そして最強の剣士たる黒死牟との剣戟においては、全てを紙一重で回避しなくては無数に襲い来る太刀筋の錆と消える定めであり、数多の修羅場を潜り抜けた並外れた経験と直感と実力を併せ持つ剣士でなければ、まず回避は不可能である。

漆ノ型以降は三又に枝分かれされ巨大化させた大太刀により放たれる。
それにより月型の刃の性質はそのままに、それまで対等に戦えていた様に見えた強者ですら回避に集中し、辛うじて致命傷を避ける事しかできなくなる程に飛躍的に攻撃範囲が拡大される。

なお、型の数が最低でも拾陸あるという全集中の呼吸の中でも最多の技の数を誇る。これは鬼として四百年余りにも及ぶ長い年月をかけて剣術を磨き、さらに血鬼術と併合する事でこれ程の数の型を生み出す事を可能としている(肆,拾壱,拾弐,拾参,拾伍は漫画本編では使用されなかった為に詳細不明)。

ちなみに呼吸による剣技と血鬼術の併合と聞くと獪岳と同じ様にも思えるが、獪岳が雷の呼吸と型をベースに血鬼術で殺傷力を強化していたのに対して、黒死牟の場合は血鬼術をベースにそれを呼吸で強化するという実は真逆のスタイルである。特に漆ノ型以降は完全に血鬼術によって行使される超常的な技かつ最早剣筋はおまけで呼吸で出現する大量の月輪の方が危険な節があり、彼の呼吸の型は最早厳密には剣技ではなくなっている。
かろうじて人間時代の月の呼吸の剣技の名残が見て取れるのも、せいぜい壱~参の型までであり、本気になれば身体全身から刃を生成して、これらの型の斬撃をフィールドの全方位に向けて放つ広範囲攻撃も可能であるなど、ぶっちゃけその気になれば刀すら要らないような技となっている。
因みに黒死牟は自らの血と肉で出来た虚哭神去(きょこくかむさり)という刀を使用しており、
この虚哭神去についた大量の眼により月の力場を出現させる。


剣技一覧

  • 壱ノ型 闇月・宵の宮(やみづき よいのみや)

抜刀して横薙ぎに一閃する、単純な居合斬り。
この単純な一撃でさえ、異次元の攻撃速度と月輪の斬撃が合わさり回避困難な一撃と化している。

  • 弐ノ型 珠華ノ弄月(しゅかのろうげつ)
切り上げるようにして正面に三連の斬撃を放ち、大きな月型の刃で対象を取り囲んで斬り裂く。
技名の「弄月」は月を眺めて楽しむことを指す。

  • 参ノ型 厭忌月・銷り(えんきづき つがり)
横薙ぎの形の斬撃を月型の刃を纏わせて互い違いに2連続で放つ。

  • 伍ノ型 月魄災渦(げっぱくさいか)
刀を全く振らずに竜巻の様な斬撃を出現させる。
この技の存在から、鍔迫り合いなどで太刀筋を封じる事は不可能。
「月魄」とは月の精のこと。

  • 陸ノ型 常世孤月・無間(とこよこげつ むけん)
一振りで縦方向に無数の斬撃を乱れ撃ちして敵を細切れにする絶技。
一瞬のうちに前方の広範囲に放たれるこの斬撃を、見切る事はおろか間合いの外に出る事すら困難という反則レベルの技。
「孤月」はものさびしく見える月という意味。

  • 漆ノ型 厄鏡・月映え(やっきょう つきばえ)
刀を斜めに一閃し遠距離から複数の方向に地を這う高速の斬撃を5本放つ。
さらに、地を這う斬撃の合間を埋める様に三日月型のうねる斬撃が伴っている。
「月映え」は月光に照らされて美しく映えることを指す。

  • 捌ノ型 月龍輪尾(げつりゅうりんび)
強烈な力で素早く繰り出す抉り斬るような横薙ぎの一閃。
ただでさえ斬撃が極太な上に三日月型の変則刃も付随する為、壱ノ型の数倍以上に範囲が拡大している。

  • 玖ノ型 降り月・連面(くだりづき れんめん)
刀を背中から前方に振るい、敵の頭上から降り注ぐような軌道の複雑かつ無数の斬撃を放つ。
「降り月」は陰暦において満月から欠けて行く月のこと。

  • 拾ノ型 穿面斬・蘿月(せんめんざん らげつ)
回転鋸のような形状の巨大な二連の刃を横に地面を削りながら複数並べて放ち、敵をすり潰す。
「蘿月」はツタカズラの葉の間に見える月かげを指す。

  • 拾肆ノ型 兇変・天満繊月(きょうへん てんまんせんげつ)
周囲を埋め尽くす量の渦状の斬撃を折り重ねて放つ波状攻撃。
伍ノ型よりも更に広範囲に亘り相手を斬り刻むことができるが、その分隙間も生じてしまう。
「繊月」は細長い月、つまり三日月の意。

  • 拾陸ノ型 月虹・片割れ月(げっこう かたわれづき)
相手の位置を的確に狙い定めた上で、上から地面に三日月を縦に突き刺す様な斬撃を複数放つ。地面を貫通し、ひび割れさせるほどの威力を誇る。
「月虹」はその名の通り月の光で生み出される虹のこと。

源流

日の呼吸


余談

作中で登場する全集中の呼吸は身体能力の強化法であり、超能力が使えるようになる技術ではないので、技のエフェクトは一部の呼吸を除いてあくまでも剣士のオーラや気迫がそのようなイメージとして見えるというだけでしかなかった。
しかし、月の呼吸だけは血鬼術との兼ね合いから実際に異能力として機能しており、月のエフェクトにも全て殺傷能力がある(というかかなりの型は完全にエフェクトの方がメインである)。
ちなみに純粋な剣術としての「月の呼吸」は、黒死牟が人間だった頃に日の呼吸から派生させて編み出した、彼独自の呼吸法である。

関連タグ

鬼滅の刃 全集中の呼吸 血鬼術 黒死牟 継国巌勝 日の呼吸

関連記事

親記事

全集中の呼吸 ぜんしゅうちゅうのこきゅう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「月の呼吸」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「月の呼吸」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 483724

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました