ピクシブ百科事典

音の呼吸

おとのこきゅう

音の呼吸とは、マンガ『鬼滅の刃』に登場する戦闘法である全集中の呼吸の一種である。
目次[非表示]

概要

鬼殺隊人食い鬼と戦うために編み出した、一度に大量の酸素を血中に取り込むことで瞬間的に身体能力を大幅に上昇させ、鬼と互角以上の剣戟を繰り出す“全集中の呼吸”の一種である。呼吸は師である育手もしくは剣士自身の我流により、様々な種類が存在する。

鬼滅の刃に登場する鬼は、人を喰うことで力をつけて、時には物理法則すらも無視した血鬼術と呼ばれる特殊能力によって人を襲う為、それらに対抗するための戦闘法であり、攻撃の基本となる技を『型』と呼ぶ。

音の呼吸は雷の呼吸から派生した呼吸であり、音柱である宇髄天元が使用する。大きな特徴は使用する日輪刀とそれに施された仕掛け。
獣の呼吸と同じく二刀を使うのだが、その大きさが桁違いであり、人間の身の丈程もある。鎬もそれに比例して幅広く、まるで出刃包丁をそのまま巨大化させたかのよう。また、柄尻を鎖で繋ぐことでその大きさからは想像も出来ない連撃を放つことが出来る。

日輪刀に施された仕掛けとは即ち爆薬
鬼の体にダメージを与えることが出来る特殊な爆薬丸を刃に仕込むことで攻撃力を底上げし、その爆風で敵の攻撃の威力を減衰させる。
この爆発によって戦闘中には凄まじい音が鳴り響き、それが「音の呼吸」の名前の由来となっている。

剣技一覧

壱ノ型 轟(とどろき)

宇随天元 モンスト風


二刀を頭上から振り下ろし、地面に叩きつけると同時に爆発させる。地面に大穴を開ける程の威力を持つ。

肆ノ型 響斬無間(きょうざんむけん)
鎖を使って二刀を高速で振り回し、前方に壁の如く斬撃と爆発を発生させる。作中では妓夫太郎の血鎌を相殺させる防御技として使っている。

伍ノ型 鳴弦奏々(めいげんそうそう)
相手に向かって突進しながら鎖を使って二刀を振り回し、斬撃と爆発を浴びせる。

使い手

宇髄天元

派生元

雷の呼吸

関連タグ

鬼滅の刃 全集中の呼吸
鬼殺隊

関連記事

親記事

雷の呼吸 かみなりのこきゅう

pixivに投稿された作品 pixivで「音の呼吸」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11127

コメント