ピクシブ百科事典

日本剣術

にほんけんじゅつ

日本における刀剣類を用いた武術。
目次[非表示]

概要

 日本では、現代日本の武道である剣道の母体となった。
刀術という名称もあるが、『本朝武藝小傳』など極少数の江戸時代の文献に使用されているが定着はしなかった。
 日本の剣術と世界各国の剣術・刀術を比較すると、刃長60cm以上の刀を両手で持ち、互いに盾を用いずに戦うという形式は珍しく、中世にドイツやイタリアで両手剣による剣術が挙げられる位である。また日本はこの手の「古式武術」の流派が多種現代に連綿と伝承されている物が多い事も特徴である。
 伝承では古墳時代に東国で生まれた関東七流や平安時代末期に鬼一法眼源義経に伝えたと言われる京八流などが文献に残る名前のある最古の流派があるが、半ば伝説的であり実在していたのか、実在していたとしてどの様なものであったかは不明である。
 一方室町時代ごろに念阿弥慈恩が念流を、そのほぼ同時期あるいは少し後に飯篠家直が天真正伝香取神道流を、愛洲久忠が陰流を興し、これらの流派が現代まで伝わる多くの剣術流派の祖となった(そうでなくても影響を与えた)ようである。

主な流派

一刀流剣術(開祖:伊藤一刀斎


念流剣術(開祖:念阿弥慈恩):関東七流と京八流を統合して発展させたものと言う説がある

天真正伝香取神道流剣術(開祖:飯篠家直

新陰流剣術(開祖:上泉信綱

心形刀流剣術(開祖:伊庭秀明
神道無念流剣術(開祖:福井嘉平
二天一流剣術(開祖:宮本武蔵

関連タグ

日本 武道 剣道
刀剣 武術
日本刀 剣豪

pixivに投稿された作品 pixivで「日本剣術」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 49

コメント