ピクシブ百科事典

西洋剣術

せいようけんじゅつ

西洋における、刀剣類を以て相手を殺傷する剣術のこと。
目次[非表示]

概要

西洋(主にヨーロッパ)で発達した剣術のことである。
西洋において、両刃のものが主であり、片刃の物もあるが日本における日本刀とは違い、取り回しもかなり異なる。
そのため当然だが、剣術も日本式とは体系が大きく違う。
戦場における戦闘手段として誕生し、ギリシャ時代においてより洗練され、ローマ時代には軍隊の教練として必須となっていた。

一般的に知られているのはオリンピック競技でもありスポーツ化した西欧版剣道「フェンシング」であるがこれら以外にもドイツ式剣術やマルタ島式古流レイピア術などが存在する。
ただし先述の通り、海外では文明・文化の発展過程で失伝した物も多く、また再現しているのは現地の「歴史学者」などが多い為か「剣術」のみの括りよりは弓術馬術等他の武器操術を含めた「武術」として「HEMA(Historical European Martial Arts)」の名で紹介・説明されるケースが多い。

関連イラスト

rapier dagger
Graf's German Duel.



関連タグ

西洋 剣術 武術
ヨーロッパ 騎士

関連記事

親記事

剣術 けんじゅつ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「西洋剣術」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22944

コメント