ピクシブ百科事典

霞の呼吸

かすみのこきゅう

霞の呼吸とは、『鬼滅の刃』に登場する能力・技術である『全集中の呼吸』の流派の一つ。
目次[非表示]

概要

鬼殺隊が、人食い鬼と戦うために編み出した、特殊な呼吸法で瞬間的に身体能力を大幅に上昇させ、鬼と互角以上の剣戟を繰り出す“全集中の呼吸”の流派の一つ。
霞の呼吸は風の呼吸から派生した呼吸であり、対応する日輪刀の色は白色、呼吸音は「フウウウウ」。攻撃の際にはがかった霧の様なエフェクトが描かれる。

ちなみに派生ではあるが、花の呼吸同様に基本の呼吸と共に昔から継承されてきた呼吸である。

型一覧

  • 壱ノ型 垂天遠霞(すいてんとおがすみ)

天に向かって自身と垂直になるように刃を一突きする技。
玉壺の血鬼術「水獄鉢」に囚われた際に使用した。

  • 弐ノ型 八重霞(やえかすみ)
体幹を大きく捻り、瞬時に幾重もの斬撃を繰り出す連撃技。
水中においても高い威力を誇る。

  • 参ノ型 霞散の飛沫(かさんのしぶき)
霞を晴らすように腕で大きな円を描き、相手の攻撃を弾く回転斬り。

  • 肆ノ型 移流斬り(いりゅうぎり)
相手の足元に滑るように潜り込み、斜めに斬り上げる技
名の由来は「移流霧」という実在する気象現象と思われる。

  • 伍ノ型 霞雲の海(かうんのうみ)
辺り一面を大量の霞で覆うように高速で繰り出す細かい連撃。
迫りくる攻撃を烈断することも可能。

  • 陸ノ型 月の霞消(つきのかしょう)
上空で飛びながら、広範囲にわたり霞で包み込むように斬り込む。玉壺の一万匹の魚を一瞬にして斬り刻んだ。

使用者


源流

風の呼吸

使用者


余談

  • 無一郎は独自の「漆ノ型」を編み出している。またその技を見た上弦の壱は「霞の呼吸の使い手がこのような技を使った事はない」と心中で語っている為、霞の呼吸の歴史は基本の呼吸と変わらない程に古い模様。


  • この隊士の日輪刀の色が白色に変わってるようにも見えなくもない事から、彼は霞の呼吸の使用者か、その適正があったのではないかとも言われている。

関連タグ

鬼滅の刃 鬼殺隊
全集中の呼吸 日輪刀
時透無一郎
風派生組

関連・類似技術

関連記事

親記事

風の呼吸 かぜのこきゅう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「霞の呼吸」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 145423

コメント