ピクシブ百科事典

不死川実弥

しなずがわさねみ

不死川実弥とは、漫画『鬼滅の刃』に登場する鬼殺の剣士である。
目次[非表示]

「醜い鬼共は俺が殲滅する」

概要

階級
誕生日11月29日
年齢21歳
身長179cm
体重75kg
出身地東京府 京橋區(現:中央区 京橋)
趣味カブト虫を育てる
好きなものおはぎ
CV関智一


鬼殺隊の頂点に立つ剣士「柱」の一人。「風柱」の二つ名を持つ。

人物

眼を血走らせ、顔面も体中も傷だらけという凶悪な面相。性格も短気で荒々しく、炭治郎曰く「知性も理性もなさそうなのに」。

不死川実弥



見た目と粗暴な言動とは裏腹に理性的で常識的な面もある人物。
目上には敬意を払い、規律にも厳格で他の柱との協調性も持ち合わせる。
敬愛するお館様・産屋敷耀哉の前では礼節を弁え、理知的で恭しい言葉遣いで接する。
そんなお館様への敬意を以ってしても、に対する並々ならぬ憎悪は押さえきれないようで、自らの腕を切って血を流し、禰豆子を挑発して鬼の醜さを証明しようとした。だが禰豆子が強靭な意志でそれを拒絶したため、やむなく引き下がる。

no title


それ以来炭治郎とは反りが合わず、竈門兄妹が鬼殺隊に大きく貢献したという殊勲を上げた後も見方は変わらぬまま、彼らを認めなかった。

炭治郎の同期である不死川玄弥の兄であるが、それを頑なに認めようとしない上、玄弥を突き放すような態度を取り続ける。

能力

全集中 風の呼吸

テメェの頚をォ 捻じ斬る風だァ


鬼狩りの剣士が鬼の頚を狩るために用いる“全集中の呼吸”の流派の中でも基本となる五大流派の一つ。暴風のように荒々しい動きから鎌鼬のように斬り刻む。
現在、壱の型から捌の型まで登場している。
詳しくは当該項目を参照。

喧嘩殺法

不死川実弥


生来の気性の荒らさに加えて、入隊までの経緯によってイレギュラーな戦闘に対する経験値が高いため、地形・状況を含めた全ての変化に瞬時に対応し、あるいは自らへのプラスとして反映させる事すら可能。
ある程度の流血=負傷をも織り込んだ戦法を長くとっている故か痛みへの耐性が高く、フィジカル・メンタル両面において立て直しも利く。
(ちなみに不死川兄弟の父親は身体が大きい上にかなり頑丈であり、更に第200話でのやり取りから息子である彼もその要素をしっかり受け継いでいる模様)

装備

不死川実弥
「あなたが幸せでありますように」


鬼殺隊士として、日輪刀と隊服を支給されている。
実弥は隊服の胸元を大きく開けており、その上から(「鬼は皆殺し」という意味を込めて)大きく「殺」と刻まれた白い羽織を着用している。

日輪刀

不死川実弥


太陽に一番近く、一年中陽の射すという陽光山で採れる猩々緋砂鉄から打たれた刀であり、不死身である鬼に対して、その頸を斬る事で“殺す”事ができる唯一の武器。柱に与えられる日輪刀には、刃元に“惡鬼滅殺”という四文字の特別な意匠が施される。

別名“色変わりの刀”と呼ばれ、持ち主によって刃の色が変わる。実弥の刀の色は深い緑で、彼が風の呼吸に高い適性を有している事を示している。鍔は八つの菱形が円形に組まれた、風車を思わせる形状をしている。また、実用性重視の日輪刀には珍しく、波打ち渦を巻く風のような刃紋が焼き入れらている。鞘は黒地に荒傷が入ったような外見をしているが、模様として元々付いているものなのか、度重なる戦闘によって付いたものなのかは定かではない。

過去

彼は七人兄弟(玄弥以外の下の兄弟達の名前は、「寿美」・「貞子」・「こと」・「就也」・「弘」と表記されている)の長男であり、家族仲は父を除いて良好だった。
父は妻子に暴力をふるうようなろくでなしで、人の恨みを買って刺殺されるが、実弥と玄弥は「自業自得」と一蹴、二人で力を合わせて母の志津や弟妹達を守ろうと誓い合う。

ある夜、母の帰りが遅く、実弥が捜しに行っている間に、玄弥達に正体不明の獣のような影が襲いかかる。弟妹はたちまち血の海に倒れ、戻ってきた実弥はその獣と共に屋外に飛び出して無我夢中で戦うが、その獣の正体は鬼となった母親であった。さらに夜明けの陽が昇ったところで医者を呼びに外へ出た玄弥と遭遇してしまう。
返り血を浴びて呆然と立ち尽くす兄と、倒れ伏す母親の様子を見て動揺した玄弥は、実弥を「人殺し」と罵倒する。玄弥に抱きかかえられた母親の身体は陽光を受けて崩れていった。
(柱合裁判の際に最も禰豆子や炭治郎に反発したのも、これが原因であると思われる。また、炭治郎に関しては「悪い鬼と良い鬼との区別がつかなければ柱などやめてしまえ」と言われており、このことが理由か、炭治郎との折り合いは非常に悪くなってしまっている)
弟妹五人も即死しており、実弥と玄弥は一夜にして何もかも失ってしまった(二人の顔に走る大きな傷痕は、この時に付いたものである)。

その後、二人の間にどのような会話が交わされたかは定かではないが、この一件を機に玄弥との間には大きな溝ができてしまい、実弥は「弟などいない」と周囲には語るようになり、玄弥が直接訪ねてきた際も「テメェみたいな愚図 俺の弟じゃねぇよ 鬼殺隊なんてやめちまえ」と冷たく当たり、突き放すようになる。
そして玄弥は「兄に過去の暴言を謝り、そして認められたい」という思いから、一刻も早く兄と同じ柱になれるだけの手柄を得たいがために、常に焦りに駆られるようになった。

禰豆子が人を食わない事に三人もの命をかけて保証されても、頑なに聞き入れようとしなかった態度には、この母親との過去が見え隠れしている。


以下、ネタバレ注意


















俺の血の匂いで鬼は酩酊する


「俺の血の匂いで鬼は酩酊する 稀血の中でもさらに稀少な血だぜ 存分に味わえ!!」

鬼にとって御馳走である稀血を持つ事が167話で判明。しかも彼の血はその中でも群を抜いた「稀血の中の稀血」
その血を嗅いだ鬼は人が泥酔したかのような症状に陥り、立つことすら困難な行動不能状態へと陥る。そのため、彼にとって負傷とはカウンタートラップでもある。

(この事実の発覚により、かつて彼の血を間近で嗅がされそれに耐えた禰豆子の精神力の凄さとあれだけ異を唱えた柱達が一度の実験のみで納得したのかが判明。図らずも彼自身が禰豆子が人を襲わない鬼であることを最も証明した)

柱でありながら身体中傷だらけであったり、自分の腕を切ることに一切の躊躇いも躊躇もなかったのは、自らの血を用いて鬼を滅殺していたためだと思われる。また、描写は無いものの蜜璃の「傷が増えて素敵」という言葉から、彼は今でも自らの意思でこの血を使っている可能性が高い。

鬼になった母が自分が出血した途端に動きが鈍くなった事で自分の血が特別だと気付き、家族を失ってから鬼殺隊に入るまでは、この血と天賦の才を以て日輪刀も無しに鬼と戦い、捕縛しては日光に当てると言う無茶なやり方で独自に鬼を狩り続けていた。
そうやって野良の鬼狩りとも言うべき行為を続けていく内に粂野匡近という名の鬼殺隊士と出会い、育手を紹介され鬼殺隊に入る事になった。
過去の項にもある通り、実は口が悪いだけで仲間意識や情に厚く、特に匡近からは弟の様に思われていたこともあってか実弥も強く信頼していたらしい。
それゆえに、風柱になった当初は、安全な場所から命がけで戦う隊士に命令するだけの『お館様』に対して強い敵愾心を持っており、匡近と共に下弦の壱の鬼を討伐した際に匡近だけが戦死したこともあって、対面するなり暴言を吐いて他の柱から顰蹙を買った。
その後、産屋敷から匡近の遺書を渡されたことと、彼自身は戦えない代わりに、戦死した者も含め隊士一人一人のことを覚えて忘れずにいたことから、考えを改めて敬服するようになった。

ちなみにこの後、悲鳴嶼、宇髄カナエから産屋敷に暴言を吐いた件について、こっぴどく叱られている様子が19巻おまけページで描かれている。





















『無限城決戦編』にて(更にネタバレ注意)
















上弦の壱戦



不死川実弥


「……テメェは本当に どうしようもねぇ弟だぜぇ」
「何の為に俺がァ お袋を殺してまでお前を守ったと思ってやがる」

無惨の本拠地である無限城での全面対決において、十二鬼月最強の鬼である上弦の壱・黒死牟と遭遇してしまい、窮地に陥った無一郎と玄弥の前に現れる。
この際、なぜ玄弥に対し辛く当たり、なおかつ自分から遠ざけようとしていたのかを告白する。その本心は「どこかで所帯を持って爺になるまで生きて、母親や弟や妹の分も幸せになって欲しい」という弟を想うが故のものであり、頑なに鬼殺隊を辞めさせようとしていたのもそのためであった。
炭治郎は匂いでその事を悟っていたようで、柱稽古において悲鳴嶼の下での修行で玄弥と会った際に「鬼殺隊に入ったことをすごく怒ってはいた」「でも憎しみの匂いは少しもしなかった」「実弥さんは玄弥のことがずっと変わらず大好きだから」と彼に告げて激励していた。

上記に書かれている鬼を殺す事への並々ならぬ執念も、それまで散っていった仲間達の命と想いを無駄にしないため、そして唯一の家族であり、何よりも大切な弟が幸せに生きられる世界を作るという強い信念から来ており、それが現在の彼を形作っている。
そのため、玄弥に本心を打ち明けた後、彼を斬り刻んだ黒死牟には「よくも俺の弟を刻みやがったなァ糞目玉野郎ォオ 許さねェ許さねェ 許さねェェ!!」とかつてないほど激昂していた。

実弥VS黒死牟



※なお、兄弟の確執の結末については不死川玄弥の同項目を参照(当然ながらネタバレ注意)。


最終決戦




その後

戦いの終結後は、最後の柱合会議を終えた後に禰豆子とバッタリ出会う。そこでかつて彼女に対して行った暴挙や、炭治郎が鬼化した時にはずっと眠っていたせいで参戦できなかった事を気まずそうに詫びる。しかしそれら全てを何でもない事の様に笑顔で受け止める禰豆子に、幼い頃の玄弥の面影を重ねながら別人の如き穏やかな表情で、禰豆子の頭を撫でた。
その後は「元気でなァ」と告げながら、何処へと去っていったのだった。

面影
実弥※単行本未収録部分



最終回では、子孫か生まれ変わりのどちらかは定かではないが彼と瓜二つの警察官が登場し、玄弥の生まれ変わりの後輩警官(お互い顔の傷もそのまま)と共に地域住民からの通報を受け、毎朝のようにパルクールで登校する竈門炭彦を、パトカーで追跡し補導しようとしている。
ちなみにこの際、パルクールでパトカーの前に飛び出してきた炭彦に対してマジギレしており、子孫にせよ生まれ変わりにせよ、炭治郎の血が濃いであろう炭彦とは先祖または前世からの因縁めいたものを感じさせる。

チンピラ警察24時。

























キメツ学園

鬼滅まとめ


18巻でキメツ学園世界での設定が明かされ、他の成人済みの柱と同様に学園の教師となっていることが判明した。担当教科は数学。年齢は不明。
腕の傷は本編とは異なり一つも無い模様。首回りが詰まるとストレスになるらしく、襟元は常に全開で冠婚葬祭でもボタンは留めない主義。
同じ教師の胡蝶カナエとはよく話すらしく、一時期その事に嫉妬したカナエのファンの間で実弥の殺害計画が練られたが、彼の前で「数学なんていらない」と言った生徒が窓から飛んで行った事件が起こってから、パッタリとその話は無くなったという。
お年寄り、女性や子供にはとても優しいが、子供に近づくと泣かれる。

弟の玄弥はこの世界では射撃部に所属しており、大会で数々の賞状を貰うエースとなっている。
しかし自身の担当教科である数学が苦手なためいつも怒っており、ついには壇上で弟が表彰される際に横から出てきてその賞状を破り捨て「こんなもんより数学を勉強しろ」と言い放つ暴挙に出た。この本編とのあまりの落差に衝撃を受けるファンが続出した。後にこれが切っ掛けで外見から周囲に怖がられていた玄弥に友達が増えたらしい。
19巻おまけでは「算数ができなくても生きていけるから大丈夫ですワハハ」と笑う作者に、ものすごい形相で駆けていく通りすがりの数学教師が描かれている。
どうやら数学のことになると見境が無くなる性質(別の言い方をすれば『若干空回り気味ではあるものの、数学教師の仕事に極めて強い誇りと情熱を持って取り組んでいる』と言えなくもない)のようである。

余談

  • キャラブックにて作者が、彼の胸元を大きく開ける着こなしを「スケベですね」と称したため、『スケベ柱』との愛称が広まった(因みに中の人かなりのスケベである)。
さねみん練習



  • 弟の玄弥も特殊な体質であることを戦闘に利用していることから、「不死川家の家族が鬼に狙われたのは、家族全員が特殊体質だったからではないか」と読者による推察が行われている。

  • 僕のヒーローアカデミア第5回人気投票では、他作品にも関わらず何故か1票獲得していた(ちなみに彼以外にも善逸が4票、村田が1票を獲得)。

関連イラスト

不死川
鬼滅まとめ【本誌】


実弥
風柱!


不死川実弥
不死川実弥


不死川実弥
さねみ



関連タグ

鬼滅の刃 鬼殺隊 鬼滅の刃の登場キャラクター一覧
風の呼吸
不死川実弥誕生祭誕生祭タグ)

胡蝶しのぶ 煉獄杏寿郎 宇髄天元 時透無一郎
悲鳴嶼行冥 甘露寺蜜璃 冨岡義勇 伊黒小芭内

関連人物

  • 不死川玄弥…実弟(不死川兄弟の項も参照)。 
  • 冨岡義勇…公式に嫌っている。義勇の方は仲良くしたいと思っており、おはぎを渡せば仲良くなれるかと考えている(喧嘩になると地文からも突っ込まれているが)。
  • 竈門炭治郎…水と油の関係。


その他

チンピラ どう見ても悪役 駆逐系男子

他作品の似たキャラクター

  • 亜左弔兵衛地獄楽)…まず容姿がそっくり(短髪で白髪、傷だらけの顔)で、弟思い、荒い気性、(意外と)理知的な思考、得体の知れない技術でも有益であれば受け入れ即座に適応できる柔軟性など、共通点が多い。

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「不死川実弥」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 109721850

コメント