ピクシブ百科事典

不死川実弥

しなずがわさねみ

漫画「鬼滅の刃」の登場人物。

概要

鬼殺隊の頂点に立つ剣士「柱」の一人。「風柱」の二つ名を持つ。
眼を血走らせ、顔面も体中も傷だらけという凶悪な面相。性格も短気で荒々しく、「柱合裁判」を待たずして禰豆子の入った箱に刃を突き立て、炭治郎を激怒させた。
しかし獰猛一辺倒な野人という訳ではなく、敬愛するお館様・産屋敷耀哉の前では礼節を弁え、理知的で恭しい言葉遣いで接するという一面もある。

そんなお館様への敬意を以ってしても、鬼に対する並々ならぬ憎悪は押さえきれないようで、自らの腕を切って血を流し、禰豆子を挑発して鬼の醜さを証明しようとした。だが禰豆子が強靭な意志でそれを拒絶したため、やむなく引き下がる。

炭治郎の同期である不死川玄弥の実の兄。六人兄弟の長男。
家族仲は、父を除いて良好。
(その父親は、子どもや妻に暴力をふるうようなろくでなしで、刺殺された後は、いない方が清々すると、実弥に言われている)
父亡き後、玄弥と、家族を守ろうと誓い合った矢先、家族を鬼の襲撃によって失う。
家族を守ろうとして、無我夢中で戦う中、その正体を知ってしまう。
襲撃してきた鬼は、母親で、夜明けの陽が登ったところで、医者を呼びに外へ出た玄弥と遭遇してしまう。
返り血を浴びた自身と、倒れ伏す母親の様子を見られてしまい、動揺していたとはいえ、彼に人殺しと罵倒されてしまう。
(ただし、玄弥に抱きかかえられた母親の身体は、陽光を受けて崩れかけており、実弥の持っていた鉈には、血1つとしてついていなかった)
その一件を機に、玄弥との間に、大きな溝ができてしまい、対外的には弟はいない、と玄弥を突き放すようになる。









関連タグ

鬼滅の刃 鬼殺隊

pixivに投稿された作品 pixivで「不死川実弥」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 371292

コメント