ピクシブ百科事典

スケキヨ

すけきよ

スケキヨとは『犬神家の一族』の"アレ"である。
目次[非表示]

スケキヨ

本名、犬神 佐清。
大財閥犬神家の嫡男。ビルマからの復員兵。
母・犬神 松子の溺愛を受け、遺産相続争いに巻き込まれる。

スケキヨ


ビルマで顔に傷を負ったため、常にマスクをつけている。
なお映画やドラマでは、上のイラストのように頭部全体を隠す無表情で不気味なマスクが使用され有名になったが、原作では、かつての端正な佐清の顔立ちに限りなく似せた美しく精巧なものとされている。また謎の侵入者に顔を殴られたときに外れてしまうなどの描写があることから、実際は仮面のようなものではないかと思われる。

死に様

凍りついた真冬の那須湖に投げ込まれたため、湖面に上半身を突き刺し、足だけを突き出した奇妙な姿で発見された。
これは「スケキヨ」を反転して「ヨキケス」とし、水没した頭側の二文字を消した「ヨキ」(斧:犬神家の家宝「斧・琴・菊」の一つ)を表す一種の見立て殺人であった。

pixivでの「スケキヨ」

彼の付けている不気味なゴムマスク、又はひっくり返って二本足だけが見えている状況の絵につくことが多く、犬神佐清自身が出てくるとは限らない。

sukekiyo

DIR_EN_GREYのVOICE担当である京のサイドプロジェクト。
音楽性はDIR EN GREYとは大きく異なり、声を楽器の一つとして捉えるDIR EN GREYに対してsukekiyoでは詩の世界を重視した楽曲を制作する。
精力的に比較的小規模な会場でのライヴを行っている。
バンド名は上掲「犬神家の一族」の犬神佐清に由来する。

真相

以下、物語の核心に触れる重要なネタバレが含まれます。閲覧の際には御注意下さい。





実は上記のマスク姿の男は佐清ではなく、故・佐兵衛翁の隠し子で相続人候補の一人、青沼 静馬である。

およそ三十年前、女工であった青沼 菊乃は佐兵衛に見初められ、やがて子を身ごもる。しかし、これを知った彼の三人の娘たちは後継ぎとなるであろう男児が産まれることを恐れ、彼女に父親と絶縁するよう恫喝した。菊乃は佐兵衛から財産相続権を示す家宝を託され身を隠すが、三姉妹はなおも彼女を追い詰め、凄惨な暴力をふるった挙句に家宝を奪い去る。後にこれを知った息子・静馬は怒りに震え、犬神家に復讐することを誓う。

やがて戦争が始まり、静馬はビルマへと出征するが、その地で犬神家の嫡男、佐清と出会う。血縁上は叔父(静馬)と甥(佐清)に当たる二人だったが、年齢は同じであり、さらに血筋ゆえか、両者はまるで双子の様によく似ていた。互いに親しみを覚えた二人は各々の過去や境遇を越え、仲良く語りあうようになる。

しかし、戦局の悪化とともに二人は別れ別れになり、静馬は一命を取り留めるも顔に重傷を負い、終戦を迎える。そして、佐清の部隊が現地で全滅したことを知った彼は、日本に帰国後、佐清に成り代わることを画策、憎き犬神家に復讐するべく動き出したのであった。

だが、本物の佐清は生きていた。同時期に日本に帰還するも、自分の部下であった仲間たちを全滅させてしまった後悔と罪悪感から、故郷に戻れずにいたのだ。その中で全国報道された犬神家の遺産相続問題。ニセ佐清の正体が静馬だと察した彼は、顔を隠した謎の復員兵、山田三平として帰郷する。戦地で青沼親子の悲惨な過去を聞いて彼らに同情していた佐清は、なるべく事を荒立てずに静馬と入れ替わり、彼にも出来るだけの財産を分与したいと考えていた。



そんな願いもむなしく、事態は驚くべき展開を見せ、彼は恐ろしい事件の渦中へと巻き込まれていくのである…。



関連タグ

犬神家の一族

pixivに投稿された作品 pixivで「スケキヨ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1303458

コメント