ピクシブ百科事典

犬神佐兵衛

いぬがみさへえ

犬神佐兵衛とは、横溝正史の長編推理小説「犬神家の一族」の登場人物である。※トップ画像下中央にいる遺影の人物。
目次[非表示]

演者一覧

映画

  • 三國連太郎 (1976年)
  • 仲代達矢 (2006年)

ドラマ

舞台

  • 楠見尚己 (「劇団ヘロヘロQカムパニー」第34回公演)


概要

犬神佐兵衛とは、横溝正史の長編推理小説「犬神家の一族」の登場人物。佐兵衛の遺言が、一連の殺人事件へと発展することから、物語の元凶ともいえる。



犬神財閥の創始者で信州財界の巨頭。だが、生涯正妻を持つことはなかった。代わりに妾が三人(それぞれ犬神松子、犬神竹子、犬神梅子の母)いて、さらに愛人に青沼菊乃がいた。

子供は、三人の妾との間に産まれた松子、竹子、梅子の三姉妹、愛人菊乃に産ませた静馬、野々宮晴世との間に産まれた祝子(野々宮珠世の母)がいる。

妾を三人同時に囲い、互いに争うように仕向けるなど、家族に対しては異様なまでに冷酷。そのため娘たちからもよく思われていない。

愛人である青沼菊乃は佐兵衛が50歳を越したときに持った愛人で、娘の松子より年下だった。若い菊乃が佐兵衛の子供を産むことを恐れた松子たち三姉妹から、菊乃との関係を咎められ(松子からは佐兵衛と菊乃を殺して自分も死ぬとまで脅された)、佐兵衛は菊乃と産まれたばかりの静馬に家宝(犬神家の全相続権を示す家宝の斧(よき)と琴(こと)と菊(きく))を渡して、とある百姓家の離れに隠すが、居場所を松子たちに知られて菊乃と静馬は襲撃されてしまい、松子たちから凄惨な仕打ちを受けた。そのことで菊乃は静馬を連れて佐兵衛の前からも那須地方からも姿を消した。菊乃の一件で、元々よくなかった佐兵衛と松子たちとの仲はさらに悪くなってしまった。



佐兵衛の遺した遺言は、家族より恩人の孫を厚遇するという奇怪な内容だった。

・犬神家の全相続権を示す家宝『斧(よき)・琴(こと)・菊(きく)』の3つを野々宮珠世(佐兵衛の恩人・野々宮大弐の孫)に与えて、珠世が佐清、佐武、佐智の佐兵衛の3人の孫息子の中から配偶者を選ぶこと。
・珠世が結婚を拒んで相続権を失うか死んだ場合は、犬神家の財産は5等分され3人の孫息子は各5分の1ずつを相続し、残り5分の2を佐兵衛の愛人・青沼菊乃の息子の青沼静馬が相続すること。

犬神家一族の者が遺産の恩恵に預かるためには、珠世の婿に選ばれなければならないということ。第二に青沼静馬(佐兵衛が愛人青沼菊乃に産ませた息子)が珠世の次に優遇される立場にあることだった。
それは松子たちが、菊乃のときみたいに珠世に何かしないようにとの配慮からであり、静馬に財産が多く渡るくらいなら珠世に…と松子たちが考えるのを見越してのことだった。


佐兵衛の遺した遺言は犬神家に連続殺人を引き起こす引き金となった。



遺言の真意

実は、珠世に有利な遺言は、珠世が佐兵衛の孫だからだった。

若き日の佐兵衛は、野々宮大弐に助けられて、一時期男色関係にもなったが、そう長く続かなかった。だがその後、佐兵衛は大弐の妻晴世と恋に落ち、男女の関係になってしまう。大弐への申し訳なさから、佐兵衛と晴世は自殺を図るが、大弐に止められて、その後は大弐公認の仲となり密会を続け、やがて祝子が生まれた。つまり珠世の母祝子は大弐の妻晴世と佐兵衛の娘であり、そのことも大弐は知っていて隠していた。
大弐が完全な同性愛者だったので晴世は佐兵衛と結ばれるまではいわゆる処女妻であり、夫に手を触れてもらえなくても妻は耐え忍ぶべきというとりわけ古風に育った女性だったため、佐兵衛との関係に悩み葛藤しつつも、彼への愛情に溺れていき、そんな晴世を佐兵衛はとても愛しく思っていた。

だが、犬神家が繁栄していくにつれて、晴世との密会と逢瀬は難しくなり、性欲のはけ口として、佐兵衛は三人の妾を同時に囲った。一人の妾を囲えば、その妾に愛情をもってしまうかもしれないこと、同時に三人の妾を囲うことで、妾たちが互いに争う姿を見て、愛情を持たないようにしたのである。

佐兵衛は娘の祝子も深く愛していた。祝子こそ犬神家の長女であり、彼女は佐兵衛が最も愛した女性の子供だったが、立場上、佐兵衛は祝子を娘と呼ぶことはできなかった。犬神家が繁栄していくにも関わらず、祝子は貧しい那須神社の神官の娘でしかなかった。だが同じく佐兵衛の娘である松子、竹子、梅子の三姉妹は犬神家の令嬢として何不自由なく暮らしていた。その不公平さやそれに対する憤りもあって、佐兵衛は松子たち三姉妹に対して終生冷たい父親にならざるをえなかったのである。

終生を日陰の花として送った晴世と佐兵衛の長女でありながら貧しい神官の妻で終わった祝子に対する佐兵衛の後悔と憐憫の情が珠世に莫大な恩恵を与える遺言につながった。
幼い頃から珠世と佐清が相思相愛であることを知っていた佐兵衛は、珠世と佐清を結婚させることで、珠世を犬神家の一族に迎え入れてその将来を安泰させ、温厚な佐清の性格からしても財産を独占しようとせず、佐武たちにも悪くはしないだろうと目論んでのことと思われる。
生前、佐清に青沼菊乃と静馬のことを話したのも、彼らが姿を現したときに佐清が相応の便宜を図ってくれると期待していたと思われる(実際、佐清は静馬が佐清になりすまして犬神家に入り込んでいると知っても告発しようとせず、秘密裏に解決して静馬には相応の財産を分け与えようとしていた)。


だが、佐兵衛の複雑怪奇な遺言が一連の殺人事件につながったことを考えると、金田一でなくとも、もう少しどうにかできなかったのかと思うであろう。


人物

とても評判のいい立派な人物だが、家族に対しては異常なまでに冷酷。それは佐兵衛の晴世と祝子への深い愛情からによるものである。
生涯正妻を持つことはなかったのは、晴世に対する義理を通したからであり、あえて同時に三人の妾を囲ったのは、妾たちが互いに争うのを見ることで、彼女たちに愛情を持たないようにしたからである。
松子は佐兵衛は母たちに愛情を持っていなかったと話したが、佐兵衛自身はむしろ愛情を持つことを恐れていた。このことからも、実際はとても情深く一途な人物である。
しかし、そのスタンスは妾たちにとっては操と尊厳を傷付けられ、妾たちも佐兵衛の愛情はいらないが我が子に遺産がいくことを心の拠り所にするしかなく、娘たちも母親たちの恨みを受け継ぐことになり、結果的に致命的に自分の愛や貞節しか見えていなかった。


関連タグ

犬神家の一族 犬神松子 犬神佐清 野々宮珠世 青沼静馬

関連記事

親記事

犬神家の一族 いぬがみけのいちぞく

兄弟記事

コメント