ピクシブ百科事典

煉獄杏寿郎外伝

れんごくきょうじゅろうがいでん

「煉獄杏寿郎外伝」とは、『鬼滅の刃』の公式短編外伝である。
目次[非表示]

心は燃えているか―――

概要

正式名称は『鬼滅の刃 煉獄杏寿郎外伝』(作画担当:平野稜二
煉獄零巻」同様、煉獄杏寿郎を主人公にしたスピンオフ短編。
2020年週刊少年ジャンプ45号と46号に前編と後編がそれぞれ掲載される。
水柱・冨岡義勇に続く公式スピンオフであり、煉獄杏寿郎が『炎柱』に就任したきっかけの事件が描かれている。

終盤には無限列車編のネタバレに関する描写が数ページ存在する為に、鬼滅本編の該当単行本未読及び劇場版未鑑賞の方は閲覧注意

イントロダクション

ある日、独り立ちしたばかりの元弟子蜜璃と稽古をしていたところ、鎹鴉から当時『炎柱』だった宛に柱合会議への出席要請が届いた。しかし、父は招集を拒否した為に杏寿郎が事情の説明の為に会議へ出席した。そこでひょんな事から『』就任のかかった重要任務をお館様から指令される。

登場人物

本作の主人公で階級『甲(きのえ)』の隊士。自堕落な生活を送る父・槇寿郎に代わり、弟子の稽古や弟の世話、会議の代理出席など煉獄家を取り仕切る。自分が『炎柱』を継ぐことで父を元気付けようと日々鍛錬している。

階級『癸(みずのと)』の隊士。杏寿郎の元で修行を始めてわずか半年で最終選別に合格した有望株だが、本人は未だに呼吸を上手く使いこなせず、鬼殺隊員である事に不安を感じる日々を送る。師匠の杏寿郎と共に任務に同行する。

杏寿郎の弟。煉獄家の家事全般を行っており、兄同様に父の体調を心配している。

杏寿郎・千寿郎の父で当時の『炎柱』。妻(杏寿郎・千寿郎の実母)の瑠火が病没した虚無感から酒浸りとなり、今では任務どころか家からも出ていない。

当時の十二鬼月の『下弦の弐』。対象を取り込む力を持った影を出現させる血鬼術の持ち主。槇寿郎に凄まじい恨みを持っており、討伐にやって来た杏寿郎を槇寿郎と間違えて熾烈な攻撃を行う。


余談

  • 本記事冒頭にも記したとおり本漫画は杏寿郎が柱になるまでの物語である為、時系列的としては煉獄零巻」(初任務・階級:癸)⇒「ドラマCD・煉獄杏寿郎の使命」⇒「煉獄杏寿郎外伝」(階級:甲)⇒「鬼滅の刃」(炎柱)となる。
  • 原作最終巻と同じ2020年12月4日に『鬼滅の刃【外伝】』として単行本が発売された。『公式スピンオフコミックス』としてはジャンプ史上初の初版100万部が決定した。


関連イラスト

センシティブな作品




関連タグ

煉獄杏寿郎 鬼滅の刃
甘露寺蜜璃 炎恋師弟
煉獄零巻…本漫画と同じ時期に公開された外伝
鬼滅の刃【外伝】
鬼滅の刃の登場キャラクター一覧

関連記事

親記事

鬼滅の刃【外伝】 きめつのやいばがいでん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「煉獄杏寿郎外伝」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 46703

コメント