ピクシブ百科事典

冨岡義勇外伝

とみおかぎゆうがいでん

「冨岡義勇外伝」とは、『鬼滅の刃』の公式短編外伝である。
目次[非表示]

打ちて尚、凪ぐ――

概要

正式名称は『鬼滅の刃 冨岡義勇外伝』(作画担当:平野稜二
その名の通り冨岡義勇を主人公とした「鬼滅の刃」のスピンオフ短編。
アニメ版の放送開始に合わせ、週刊少年ジャンプ2019年18号と19号にて前後編で掲載された。
」個人にスポットを当てた公式スピンオフ第一弾である。


イントロダクション

被害が出ている北の雪山へ向かうよう、鎹鴉からの伝令が義勇に届く。私用で先に目的地を訪れていたしのぶの前に、村人らと諍う「八重」という女性がいた。村に到着した義勇が重要参考人として彼女に話を聞けば、襲ったのは鬼ではなく熊だったと言う。しかし、義勇は八重の不自然な行動に不審感を抱く……。

登場人物

この物語の主人公であり、鬼殺隊の水柱。
鬼殺隊のトップである「柱」の一人なだけあって実力は申し分ないが、常に無表情なことと口下手が災いして対人関係に難あり。今回も、村人から政府の役人かと尋ねられて「いえ 非公式の組織です」と答えた有様。この発言は最早「私はテロリストです」と言っているに等しく、あまつさえ惨殺事件が起きたばかりの村で堂々と帯刀している。当然ながら直後にお縄となった。しかも第一話の竈門家惨殺事件に駆け付けた際にその姿を目撃されていたらしく、不審者として疑われていた。

鬼殺隊の蟲柱であり、蝶屋敷の女主人。薬学に精通している。
元々非番だったが、薬の材料を仕入れに来た村で偶然にも義勇が事件の犯人と勘違いをされているところを発見し、村人達の誤解を解いたことをきっかけに事件の解決に付き合うことになる。

  • 八重
本エピソードのヒロイン。
義勇としのぶが向かった村で出会ったマタギ見習の女性であり、勝気な性格。
人食い熊を親の仇として追い続けている。

  • 八重の父
八重の育ての親で、彼女にマタギの技も教えた。
ある日から山の中で行方不明になっており、一行から変わり果てた姿で発見される。

余談


関連タグ

鬼滅の刃 冨岡義勇
鬼滅の刃【外伝】
煉獄零巻(スピンオフ繋がり)

関連記事

親記事

鬼滅の刃【外伝】 きめつのやいばがいでん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「冨岡義勇外伝」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4498

コメント