ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「まあまあそんなこと言わずに 姉さんはしのぶの笑った顔が好きだなあ」
「きっかけさえあれば人の心は花開くから大丈夫」
CV:茅野愛衣

概要

吾峠呼世晴による漫画『鬼滅の刃』の登場人物。

胡蝶しのぶの姉。故人。享年17歳。
鬼殺隊の一員だったが、鬼に殺されてしまったという。
とは仲良くできる」という持論の朗らかな人物だったらしい。(が、実際にカナエが「仲良くしたい」と言っている描写はないので、しのぶの思い込みの可能性もある)




以下、ネタバレ注意





















花の呼吸」の使い手であった少女剣士。長い髪に、頭の左右に蝶の髪飾りをつけている大変な美人。生前はだった事が、168話の不死川実弥の回想で判明した。
アニメ第25話によると、しのぶの物と似た形状の日輪刀を使用していた模様。

花柱



後に花の呼吸を継ぐことになった栗花落カナヲを妹と共に引き取り、心を閉ざし一人では何も決められないカナヲに銅貨で行動を決める方法を与えた本人でもある(提案した際にしのぶに難色を示されたが、「そんなに重く考えなくていいじゃない カナヲは可愛いもの!」と理屈になっていない答えを返していた)。

幼少期に両親を鬼に殺され、寸での所を悲鳴嶼行冥に助けられた。その後は「自分達と同じ思いを他の人にはさせない」という決意を胸に、妹しのぶと共に鬼殺隊へと入隊する。

約束



しのぶが常に笑顔を絶やさず「鬼とも仲良く」を掲げているのはカナエの意志を引き継ぐため。
カナエは炭治郎と同様に「鬼は哀れで悲しい存在である」と考え、今際の際ですら哀れんでいたそうで、鬼殺隊への入隊を決めたのも「人だけでなく鬼も救いたい」と思っての事でもあった。
妹には命を落とす直前に「鬼殺隊を辞めて、普通の女の子の幸せを手に入れてお婆さんになるまで生きて欲しい」と伝えるが、両親のみならず姉までも鬼に殺されたしのぶはその言葉を受け入れられなかった。

後の話にて彼女を殺した鬼は上弦の弐・童磨だったと判明。
無限城でようやく姉の仇と相対したしのぶは、それまで心に押し込めていた憤怒と憎悪を剥き出しに毒の刃を振るう。
その最中に幽霊か幻影かは定かではないが、重傷を負わされた事で心が折れかけたしのぶの前に現れ、「しっかりしなさい 泣くことは許しません」「しのぶならちゃんとやれる 頑張って」と叱咤激励していた。

頑張って



童磨戦終結後はしのぶと共に、天国で両親と再会を果たした。

最終回では現代へ転生し、しのぶとは再び姉妹として生まれられた模様。2人で「鶺鴒女学院」という女子高に通っている。

帰ろう






















キメツ学園

【さねカナ】カナエ先生とよく話している実弥先生


17巻でキメツ学園での設定が明かされた。学園では生物教師と華道部の顧問を務めている。キメツ学園の卒業生であり、在学中の3年間はずっと学園の3大美女に選ばれていた。
その美しさとおっとりとした人柄の成せる業か男女問わず人気がえげつないらしく、彼女を悪く言っていた人も実際に話すとデレデレになるとの事。
同じ教師で数学担当の不死川実弥とよく話している。その為、彼女のファンの間で彼の殺害計画が練られたそうだが、「数学なんていらない」と言った生徒が窓から飛んで行った事件が起こってから、その話はパッタリと無くなったという。

霊能力があるようで、御札を壁に投げつけたり「臨・兵・闘・者・・・」と何かを唱えている所を目撃されている。

関連イラスト

ひらり舞う
センシティブな作品


かなえ
カナエさん


カナエ
鬼灭之刃



関連タグ

鬼滅の刃 片羽の蝶
鬼殺隊 胡蝶三姉妹
全集中の呼吸 花の呼吸
鬼滅の刃の登場キャラクター一覧

胡蝶しのぶ(胡蝶姉妹)

蝶屋敷

栗花落カナヲ

主人(鬼殺隊当主)

産屋敷耀哉(97代目当主)

(生存当時)

悲鳴嶼行冥 宇髄天元 不死川実弥 冨岡義勇

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「胡蝶カナエ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26263350

コメント