2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

胡蝶カナエ

こちょうかなえ

胡蝶カナエとは、漫画・アニメ『鬼滅の刃』の登場人物である。蟲柱・胡蝶しのぶの姉。
目次[非表示]

まあまあそんなこと言わずに 姉さんはしのぶの笑った顔が好きだなあ
きっかけさえあれば人の心は花開くから大丈夫
CV:茅野愛衣

概要

吾峠呼世晴による漫画『鬼滅の刃』の登場人物。

胡蝶しのぶの姉。
鬼殺隊の一員だったが、の手に掛かり殉職した。享年17歳(生きていれば、冨岡義勇不死川実弥伊黒小芭内と同い年)。
作中では既に故人である為に、基本的には伝聞や回想でのみの登場となっている。

人物

花の呼吸の使い手であった女性剣士。長い髪に、頭の左右に桃色の蝶の髪飾りをつけた美女。
とても朗らかで、おっとりした心優しい女性だったらしい。竈門炭治郎と同様に「鬼は哀れで悲しい存在である」と考えて、今際の際ですら哀れんでいたとの事である。ある種の聖人的な気質の持ち主。しのぶが常に笑顔を絶やさずに「鬼とも仲良く」という夢を(あくまで表面上は)掲げているのも、彼女の意志を引き継ぐ為である(生前の彼女の言動をなぞろうとしている節もある)。一方でカナエを始め、周囲の大切な人達を鬼に奪われ続けたしのぶは、境遇は同じでも姉とは対照的に最早消える事の無い怒りと憎しみを鬼に対して抱えており、故にこのカナエの聖人過ぎる相反した理想は、皮肉な事に結果としてしのぶを苦しめる事となってしまった。

また、しのぶが常に身に着けている蝶の羽を象った羽織とカナヲの髪飾りは、生前の彼女の形見である。

花柱


生前はだった事が、168話の不死川実弥の回想で判明した。称号は花柱
華奢ではあるが、しのぶとは違い上背があった為に彼女よりも腕力があり、優れた剣士になり得たらしい。
アニメ第25話によると、しのぶの物と鍔の形状が似た日輪刀を使用していた模様(当然、彼女の日輪刀は普通の日本刀型である)。

後に花の呼吸を継ぐ事になった栗花落カナヲを妹と共に引き取り、心を閉ざし一人では何も決められないカナヲに銅貨で行動を決める方法を与えた本人。提案した際にしのぶには難色を示されたのだが、「そんなに重く考えなくていいじゃない カナヲは可愛いもの!と理屈になっていない答えを返していた。

勿論、ただ優しいだけではなく芯に確かな強さを持った人物でもあり、しのぶやカナヲ達を始め、自らの大切な人を傷つけようとする者には容赦しない一面も持っている。
姉妹で出かけた縁日で、かつて自分を売ろうとした人買いに遭遇し再び攫われそうになったカナヲと、それを止めに入ったしのぶ達の前に遅れて現れ、近くの露店にあった担ぎ棒を借りて易々とフルボッコにした上で「今度カナヲやしのぶ達の前に現れたら容赦しない」と厳しく断じて撃退させたことが、ドラマCD「胡蝶三姉妹の夕べ」にて明らかにされた。
(余談だが、妹達を傷つけたことに余程怒りを覚えていたらしく、人買いの男をボッコボコにしている時はいつもののほほんとした調子だったが、最後に追い払う際に発した台詞は普段の穏やかな口調の彼女からは想像も付かないほどドスの効いた低い声であった。)

過去

幼少期に両親を鬼に目の前で殺されて、危うい所を悲鳴嶼行冥に助けられた。その後は「自分達と同じ思いを他の人にはさせない」という決意を胸に、妹・しのぶと共に鬼殺隊へと入隊する。

約束


ただし、彼女個人は「人だけでなく鬼も救いたい」という思いも持っていた。炭治郎ですら鬼を救いたいという動機で入隊はしていない事を考えれば、いかに彼女の考え方が異端であるかが分かるだろう(実際に悲鳴嶼からも「本気で言っているなら正気とは思えない」と評されている)。
その後は、二人で悲鳴嶼の元を訪れて彼に鬼殺隊に入る事を望んで食い下がり、彼女達を追い返す為に課された試練をしのぶと共に突破した事で悲鳴嶼に認められ、彼から紹介された育手の下で別々に修業を行った。二人は最終選別で再会し、無事選別を突破して鬼殺隊に入隊した。

妹のしのぶとの絆は非常に深く、命を落とす直前に妹には「鬼殺隊を辞めて、普通の女の子の幸せを手に入れてお婆さんになるまで生きて欲しい」という本音を言い遺している。また、蝶屋敷のカナヲを初めとした少女達からも実の姉のように慕われていたらしく、彼女達が身に着けている蝶の髪飾りは全てカナエから貰った家族の証である。

キメツ学園

【さねカナ】カナエ先生とよく話している実弥先生


17巻でキメツ学園での設定が明かされた。学園では生物教師華道部の顧問を務めている。キメツ学園の卒業生であり、在学中の3年間はずっと学園の三大美女に選ばれていた。
その美しさとおっとりとした人柄の成せる業か男女問わず人気がえげつないらしく、彼女を悪く言っていた人も実際に話すとデレデレになるとの事である。
同じ教師で数学担当の不死川実弥とよく話していて、彼女のファンの間で彼の殺害計画が練られたそうだが、諸事情によりあえなく立ち消えた。

霊能力があるようで、御札を壁に投げつけたり「臨・兵・闘・者……」と何かを唱えている所を目撃されている。外伝小説では宇髄らを連れて学校に出没するとある妖怪達を除霊した。

本編では炭治郎と面識はなかったが、こちらでは対面を果たしている。
「キメツ学園!」では第一話より登場。やらかした教師や生徒のフォローに回ることがある。高等部に現れる怪異を倒せる御札の製作者(現在はコピー機で複製している)

余談

公式ファンブック鬼殺隊最終見聞録・弐によると、悲鳴嶼からみて実弥は「カナエが好きらしい」と推測されている。悲鳴嶼は年長者故観察眼に長けており、実弥も恋愛方面はかなり鈍い為自身の気持ちに気づいていない可能性もあるが、実際の所は不明。
一方カナエは実弥のぶっきらぼうで誤解されやすく、行動するまでが速すぎる部分を心配していた。

関連イラスト

センシティブな作品
ひらり舞う


さくら
胡蝶カナエ


かなえ
様子見は結構よ



関連タグ

鬼滅の刃 片羽の蝶
鬼殺隊 鬼殺隊士 花柱
全集中の呼吸 花の呼吸 蝶屋敷 
鬼滅の刃の登場キャラクター一覧 


胡蝶しのぶ(胡蝶姉妹) 栗花落カナヲ 

主人(鬼殺隊当主)
産屋敷耀哉(97代目当主)

(生存当時)
悲鳴嶼行冥 宇髄天元 不死川実弥 冨岡義勇 煉獄槇寿郎 

関連・類似キャラクター



ネタバレ注意

以下、終盤の内容を含む為、原作未読者注意

















後に、彼女を殺した鬼は上弦の弐・童磨だったと判明。
無限城でようやく姉の仇と相対し、それまで心に押し込めていた憤怒と憎悪を剥き出しに毒の刃を振るうも重傷を負わされ心が折れかけたしのぶの前に現れ、「しっかりしなさい 泣くことは許しません」「しのぶならちゃんとやれる 頑張って」と叱咤激励した(これが幽霊かしのぶの幻覚かは定かではない)。

頑張って



童磨戦終結後は、魂となってしのぶと共にカナヲを労った後、天国で両親との再会を果たした。


最終回では彼女としのぶに容姿が良く似た姉妹が二人で「鶺鴒女学院」という女子高に通っている。

帰ろう

関連記事

親記事

胡蝶姉妹 こちょうしまい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「胡蝶カナエ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「胡蝶カナエ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 60703904

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました