ピクシブ百科事典

栗花落カナヲ

つゆりかなを

栗花落カナヲとは、漫画『鬼滅の刃』に登場する鬼殺の剣士である。
目次[非表示]

「全部どうでもいいから 自分で決められないの」

概要

階級癸→己→丁
誕生日5月19日(出生不明だったため、カナエとしのぶに出会った日にしている)
年齢16歳
身長選別時152cm→9巻辺り156cm
体重選別時44kg→9巻辺り46kg
出身地東京府 本所區(現:墨田区 向島)
趣味朝から晩までシャボン玉
好きなものアオイの作ったもの全部、ラムネ
CV上田麗奈


主人公・炭治郎の同期剣士の一人。

サイドテールの髪型や紫色の瞳・スカートやブーツ等の洋服が特徴的である。身に着けている羽織は無地の単純なもの。
炭治郎と同日に最終選別に挑み、これを生き残った五人の内の一人だが、炭治郎を含めた他の三人(伊之助は集合場所にいなかったため不明)が満身創痍であったのに対して、カナヲは傷どころか土汚れひとつなく涼しい顔で選別を突破していた。
後日の「那田蜘蛛山編」で再登場した時には事後処理部隊『隠(かくし)』の指揮を任されており、胡蝶しのぶの“継子”である事が明かされた。

人物

花のように可憐なニヒリスト

常に穏やかに微笑んでいるが、自ら喋ることは殆どなく、感情が掴みにくいミステリアスな美少女。最終選別終了時の揉め事にも一切興味を示していない。

鬼滅の刃 栗花落カナヲ
鬼滅の刃✖︎京都



見様見真似で呼吸を習得できるだけの才能を持ち、同期隊士の中では全集中の呼吸・常中をいち早く習得しており、最終選別を簡単に突破したのは純粋に圧倒的な戦闘力を有していたからであった。

幼少期は貧しい家に生まれ、両親から虐待を受けて育った(兄弟が何人かいたが、殆どが虐待による暴力で命を落とした模様)。やがてその中で苦しみから逃れるために心を閉ざし(曰く『ある日ぷつんと音がして 何も辛くなくなった』)、親に売られ人買いに縄で連れ歩かされているところを胡蝶カナエ・しのぶ姉妹に保護されたが、その頃には自分の頭で考えて行動できなくなっていた。
当人曰く「全てがどうでもいいから何も決められない」ため言われないと何もできず、食事をするかどうかさえ自分で決められなかった。
そのため指示されていないことはカナエに貰った「表」「裏」と書かれた銅貨を投げて決めている。
ちなみに、彼女が着けている蝶の髪飾りはカナエの形見である事が後に判明した。

「お帰り」
25話
鬼滅の刃



鬼殺隊に入った理由は、世話になっている蝶屋敷で家事や怪我人の治療をアオイ達の様に上手く出来なかったからであった。
カナエとしのぶからは認められなかったが、カナヲは上記の通り見様見真似で"花の呼吸"を使えるようになっており、更に最終選別に無断で参加し突破してしまう。
それは鬼に家族を殺されたアオイやきよ達、両親や姉、継子達を亡くしたしのぶを見ていて、次第にを許せない気持ちが強くなっていった末の行動であり、間違いなく彼女の意志であった
以降はずっとカナヲが自分の意志で行動しているとは思っておらず心配するしのぶから、とにかく迷わず、考えず、鬼の頚を斬るよう言い聞かされていた。

『表が出たらカナヲは心のままに生きる!』

炭治郎との出会いを経てからは「この世にどうでもいいことなんて無い」「人は心が原動力だから 心はどこまでも強くなれる」と激励され、少しずつであるが銅貨に頼らず「心のままに」行動する事が多くなった。
具体例としては、宇髄に無理矢理任務に連れて行かれそうになったアオイとなほを助けようと(直前まで銅貨を使うか否か葛藤した末に)宇髄を引き止めたり、遊郭での戦いで負った傷により二ヶ月間眠り続けていた炭治郎の意識が戻った際には、涙を流しながら安堵の言葉を漏らすなどしている。

その他

なお、「栗花落」という苗字はいくつかの候補の中からカナヲ本人が決めたものであり、カナエとしのぶの「胡蝶」以外にはアオイの「神崎」、「久世(くぜ)」「本宮(もとみや)」などが候補に挙がっていた。
姉妹が欲しかったアオイは、自分の苗字を激推しして横から口出ししていたという(19巻の大正コソコソ話より)。

無題



能力

視覚

炭治郎が嗅覚、善逸が聴覚、伊之助が触覚に優れているように、彼女は卓越した静止/動体視力を持っている。

炭治郎達の機能回復訓練開始当初、反射訓練、全身訓練では彼等3人共軽くあしらっており、ながらく継子であったことも影響していると思われるが、恐らくこれもカナヲの視力によるものと考えられる。

そして無限城編での童磨戦では、童磨の肩・視線・つま先・肘・膝等の全身の動きを見て次の攻撃動作を予測するという離れ業をやってのけた。
執拗な童磨の攻撃を回避し続け、柱の娘より実力があるのかもしれない」と童磨に思わせるほどの戦いぶりをみせた。

全集中 花の呼吸

花の呼吸
花の呼吸


鬼狩りの剣士が鬼の頚を狩るために用いる“全集中の呼吸”、その中の“水の呼吸”から派生させた流派。全ての型に花の名前が入っているのが特徴。なお、カラー版だと型のエフェクトにそれぞれの花の種類に対応する着色が施されているという、芸の細かさを見せている。

  • 弐ノ型 ~ 陸ノ型
詳細は花の呼吸の項を参照

  • 終ノ型 彼岸朱眼(ひがんしゅがん)
    • 花言葉:あなただけを想う/情熱/独立/再開/諦め/悲しい思い出/また会う日を楽しみに

彼岸朱眼
162話 花の呼吸 終ノ型


栗花落カナヲのみが行使できる、特殊な絶技
身体機能を活性化させる“全集中の呼吸”の血流を、更に眼球へと収束する事で、カナヲの超視覚(静止/動体視力)をブースト・アップさせる技。
行使している間は、相手の動きがスローモーションのように映る……認識時間そのものが拡張していることから、脳内麻薬を意図的に過剰分泌させての、非常意識状態への強制移行も推察される。
これらによって得られる超速反応によって、より的確な“後の先”を取るという、絶大なメリットを享受できる。

ただし言うまでもなく、カナヲの視神経が受ける負荷も絶大であり、網膜血管が破裂寸前まで拡張して、強膜が彼岸花の如く朱に染まるほど。このため技の使用時間に比例して、失明のリスクが高まっていく。

装備

日輪刀

p


太陽に一番近く、一年中陽の射すという陽光山で採れる猩々緋砂鉄と猩々緋鉱石から打たれた刀であり、日光を浴びる事以外は基本的に不死身である鬼に対して、その頚を斬る事で“殺す”事ができる唯一の武器。詳細はこちらを参照。
カナヲが持つ日輪刀は淡い桃色に染まっている(花の呼吸への適性を持つ事を示していると思われるが、そもそも花の呼吸に対応する日輪刀の色が明言されていないこと、"恋の呼吸"への適性を持つ甘露寺蜜璃の日輪刀が類似の色に染まっている事から詳細は不明)。
鍔は剣呑な『鬼狩りの刀』とは言え、少女隊員の装備に相応しく丸形で花模様が施された、華やかな意匠を持つ。

隊服

かなをさま
センシティブな作品


背に“滅”の字が描かれた、黒い詰襟
特別な繊維でできており、通気性はよいが濡れ難く、燃え難い。雑魚鬼の爪や牙ではこの隊服を裂く事すらできないほど頑丈。
カナヲの隊服はミニスカート状の特別なものが支給されている(推察される原因については、こちらを参照)。更に履物は草履ではなくブーツを使用しているなど、玄弥と同じく全体的に洋装寄りのデザインとなっている。

『無限城決戦編』にて(以下、ネタバレ注意)

上弦の弍戦

無惨によって鬼殺隊が無限城へと落とされた後、カナヲは仲間達を探して場内を駆け回った。
その先で彼女を待ち受けていた運命は・・・。

以降の詳細については、こちらを参照。勿論ネタバレ注意


最終決戦



その他



キメツ学園

一口だけですよ?


17巻にてカナエと共に設定が明かされた。学年は炭治郎達よりも上の2年で、組は菫組。現・学園3大美少女の1人。

身寄りがないため胡蝶家に引き取られたのは本編と同様。カナエとしのぶとは面立ちが似ているので本当の姉妹と思われがち。学園では華道部に所属しているが、運動神経が抜群なためよくスカウトされたり助っ人を頼まれたりしている(カナヲ本人は華道部の方を優先したいと思っているらしい)。
こちらでも炭治郎に好意を抱いている。

関連イラスト

栗花落カナヲ
花


想フ心
センシティブな作品


カナヲちゃん
栗花落カナヲ



関連タグ

一般

鬼滅の刃 鬼殺隊 花の呼吸 蝶屋敷 継子
鬼滅の刃の登場キャラクター一覧

栗花落カナヲ誕生祭誕生祭タグ)

師匠・同門

胡蝶しのぶ 胡蝶カナエ 胡蝶姉妹
神崎アオイ

同期隊士

竈門炭治郎 我妻善逸 嘴平伊之助 不死川玄弥

関連キャラクター

鬼殺滅滅子ちょろいですよ鬼殺さん!)…鬼を殺す目的を持っている、ミステリアスなヒロイン繋がり。

関連記事

親記事

鬼殺隊 きさつたい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「栗花落カナヲ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 79569746

コメント