ピクシブ百科事典

判断が遅い

はんだんがおそい

『鬼滅の刃』の登場人物・鱗滝左近次の名台詞。
目次[非表示]

お前は概要が人を喰った時どうする

漫画及びアニメ『鬼滅の刃』に登場する、主人公の師匠・鱗滝左近次の名台詞である。漫画では3話、アニメでは2話で登場。
短いフレーズながら状況も相まって強く印象に残る。

言われた状況

お堂の鬼が太陽に焼かれて滅んだ後、主人公である炭治郎に「が人を喰った時 お前はどうする」と問う鱗滝。この問いによって炭治郎に禰豆子と行くことの覚悟を質したのだが、困惑し何も答えられない炭治郎を見るや即座に平手打ちを浴びせて「判断が遅い」と叱り、こう続ける。
 
「即答できなかったのは覚悟が甘いからだ 妹が人を喰った場合やるべきことは、妹を殺し自分も腹を切る 鬼になった妹を連れていくというのはそういうことだ しかしこれは絶対にあってはならないと肝に銘じておけ」

炭治郎が「自分や身内さえ良ければ」と考えるような独善的な少年だったならともかく、そうでないことは彼が物語導入時に炭を売りに向かった町の人達と仲良く接する場面で描かれているとおり。妹を愛するがあまりに視野が狭まり、禰豆子がそうした罪も無い人たちを手にかける危険性を全く想像できなかった炭治郎の考えの甘さを戒めたのであった。

なお、アニメ2話の大正コソコソ噂話で鱗滝が炭治郎に夕食を「肉じゃがおでん、どっちがいい?」と厳しい口調で聞くと即答できなかったので、「判断が遅い!!」と叱責するなど、公式もネタにしている(ちなみに叱り飛ばされた炭治郎は慌てておでんを選択した)。

ネタにされるのはお前の覚悟が甘いからだ

製作が遅い



アニメ1期が放送された2019年頃からこのセリフが飛び出た前後のシーンを切り抜き、さらにこの時の炭治郎と鱗滝のやり取りを改竄したコラ画像が出回るようになった。4コマ漫画的な起承転結が1ページ内に収まっているため改変しやすいのだろう。
このセリフ単体も一昔前の「どん判金ドブ」のように他者を批判するネットスラングとして、劇場版「無限列車編」が大ヒットした2020年夏頃からネットの方方で流行した。

その結果、鬼滅の刃をよく知らない人達の間で「天狗が男の子にワケの分からないことを問い詰めた挙句、いきなりビンタをかます」といった理不尽な構図のみが有名になってゆき、作品を知らない層から鱗滝は「ビンタ天狗」などと通称され、炭治郎も「いつも天狗にビンタされてる子」といった風に認知されるなど、鬼滅への第一印象がおかしな事になってしまうという妙ちくりんな風評被害が発生している。
参考:ニュースサイトしらべぇ 『鬼滅の刃』未読者、「主人公が天狗にボコられる作品」と誤解する事象相次ぐ

実際のところストーリーの詳細な経緯を振り返ると、鱗滝は炭治郎の知らぬ間に冨岡義勇からの紹介状によって、禰豆子が鬼にも関わらず人を食べようとしない珍しい存在であることを既に伝えられており、それを承知で炭治郎に「食べた時どうする」と問うて暴力をふるっている。これを「原作の時点で理不尽だった」と感じる者もいるようだが、結果的に炭治郎に己の想像の至らなさを認めさせたのは必要な指導であったろう。

また、一部の絵師はこの場面に独自のアレンジを加えた作品にしてイラストを閲覧したファン達の腹筋にビンタをかまし続けている。

復讐



朝になるまで関連タグにとどめを刺せなかった

鱗滝左近次 名言 竈門炭治郎

関連記事

親記事

鱗滝左近次 うろこだきさこんじ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「判断が遅い」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 637788

コメント