ピクシブ百科事典

真菰

まこも

イネ科マコモ属の多年草。もしくはそれに由来する『鬼滅の刃』の登場人物。
目次[非表示]

曖昧さ回避

1.イネ科マコモ属多年草。→ 「マコモ
2.漫画鬼滅の刃』の登場人物。この記事では彼女について説明する。


「私たち鱗滝さんが大好きなんだ」

CV:加隈亜衣
演:其原有沙

概要

竈門炭治郎と同じ水の呼吸の使い手。鱗滝左近次の弟子。容姿から10代半ば頃と思われるが正確な年齢は不明。
花柄の着物を着て、錆兎と同様に厄除の面を身に付けている、謎めいた可愛らしい少女。
炭治郎が最終選別で生き残れるよう、錆兎とともに指導した。

人物

錆兎との勝負で気絶してしまった炭治郎の元に現れた。
錆兎が実践担当であるのに対し、彼女は理論・講義担当で、基礎的な鍛錬について無駄な動きや悪い癖を指摘し、さらに炭治郎が完全には習得出来ていない「全集中の呼吸」についても指導した。

炭治郎の印象としては「少し変わった子で、言葉がふわふわしたかわいらしい少女」。
ぼんやりしているように見えるが、指導はとても熱心で、指示も的確。戦闘では非力な面を補うため、小柄な身体を活かした敏捷さを武器とした。

錆兎とは血縁ではなく、孤児であったところを鱗滝に拾われており、共に鱗滝を尊敬している。上述のセリフは彼女の口癖。
厄除の面には愛らしい花柄の模様が刻まれており、表情も心なしか、にこやかに見える。

正体

実は既に故人で、炭治郎を指導していた真菰はではないかと推測される。
最終選別において鱗滝に深い恨みを持つ異形の鬼に襲われる。
戦いの最中に鱗滝を悪く言われたことに憤慨するが、その結果冷静さを無くして全集中の呼吸が維持出来なくなり、動きが鈍った所を捕まって手足を引きちぎられて絶命。

この鬼の犠牲者は、鱗滝の弟子だけでも13人いたが、炭治郎の前に現れたのがこの2人だったのは、その中でも特に強かったからだと思われる。実際、鬼も彼らのことは別格であったと覚えていた。

炭治郎が最終選別でその鬼を斬って滅した後、錆兎を含む他界した他の鱗滝の弟子と同様に、魂だけになろうと帰るという約束通り、鱗滝の待つ故郷の狭霧山に帰還した。

彼岸の子供たち



キメツ学園

菜の花


3巻にて設定が明かされた。吹奏楽部に所属している学生。

外部出演

コトダマン

錆兎&真菰」の名前で錆兎とのコンビで登場。
詳細は錆兎の項目を参照。

関連イラスト

鬼滅の刃 / 真菰
真菰


真菰(まこも)/鬼滅の刃
真菰



関連タグ

鬼滅の刃 水の呼吸 鬼滅の刃の登場キャラクター一覧
竈門炭治郎 冨岡義勇 鱗滝左近次 錆兎

関連記事

親記事

鱗滝左近次 うろこだきさこんじ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「真菰」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20857307

コメント