ピクシブ百科事典

村田(鬼滅の刃)

きめつのやいばのむらた

村田とは、漫画『鬼滅の刃』に登場する鬼殺の剣士である。なんだかんだで実力・人格共に“欠点”の無い凄い人なので、呼ぶ時は「さん」をつけましょう。
目次[非表示]

「情けない所を見せたが俺も鬼殺隊の剣士だ!ここは何とかする!」

CV:宮田幸季

概要

鬼殺隊の隊員。「那田蜘蛛山編」から登場した。
その時点で階級『癸』だった竈門炭治郎より上位の『庚』だったが、現在の階級は不明。
後述の通り人柄も良く、本作では数少ない常識人であるが、どんどん超人化する後輩達に追い抜かれてゆく普通人ポジションでもある。
単行本17巻にて、全集中の呼吸水の呼吸を用いていることが判明するが、炭治郎や冨岡義勇鱗滝左近次ら程の技量が無いためか、日輪刀の色は薄すぎて分からず、型を使った際に周囲に見える水流も薄すぎて見えない。ちなみに流派は同じだが、育手は彼らとは違うようである。

彼を含めた十名の隊員が、鬼の討伐を命じられて那田蜘蛛山に入るが、母蜘蛛の糸に操られた隊員同士が斬り合いを始め、危ういところを炭治郎と嘴平伊之助に助けられる。
隊員を操るからくりの正体が、見えないほど細い蜘蛛の糸だと炭治郎が見破ったため、「ここは自分に任せて本体の鬼のところへ行ってくれ」と、先輩らしい意地を見せた。
その後、姉蜘蛛に捕らえられて食われそうになる危機を迎えたが、胡蝶しのぶによって救い出された。溶解繭から出された時は、服が溶けてしまって嬉しくない全裸を披露している。

討伐完了後は『柱合会議』に召喚され、最近の隊士は質が落ちてるだの、命令に従わない奴がいただのという話を聞かされ、針の蓆状態だったらしい。
玉壺半天狗を倒した後の合同強化訓練にも参加して、常軌を逸した稽古の数々に青息吐息になっていた。それでも根を上げず何とかついていこうとするあたり、例え凡人であろうと鬼を倒したいという彼なりの熱意があるのかもしれない。

余談

  • キメツ学園では高等部・2年山椒組副委員長になっている。サッカー部だがモテないらしい。
  • ファンブック曰く、実は冨岡義勇とは同期だったりする。
  • 髪の毛に椿油を付けている。理由は初恋の人に誉められたから。
  • 鬼殺隊に入った理由は肉親を殺されて天涯孤独になったから。


関連タグ

鬼滅の刃 鬼殺隊

那田蜘蛛山に入った皆様
サイコロステーキ先輩 尾崎(鬼滅の刃)

関連記事

親記事

鬼殺隊 きさつたい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「村田(鬼滅の刃)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 238549

コメント