ピクシブ百科事典

母蜘蛛

るいのはは

母蜘蛛とは漫画『鬼滅の刃』に登場する敵キャラクター。
目次[非表示]

「さぁ私の可愛いお人形たち。手足がもげるまで踊り狂ってね」

CV:小清水亜美

概要

蜘蛛鬼であるの母。
小さい蜘蛛を操り、蜘蛛の糸を結んだ相手を操り人形のように使役させる。
操っている相手の意志とは関係なしに体を動かすため、骨が折れようと関節が外れようと
お構いなしに攻撃を仕掛ける。
糸の根源である彼女に近づくほど、使役する糸は太く強くなり、使役される相手も強くなる。

実際は「母」という役割を累から与えられた血縁のない鬼にすぎず、
糸を操る技も累の血鬼術であり彼女自身の能力ではない。
元は幼女の鬼であり、累の要望によって大人に姿を変えている。
そのため、累の願いに答えきれないことが多く「父」から暴力をふるわれている
家族の中でも立場が低く、「兄」から馬鹿にされることも多い。

那田蜘蛛山に侵入した炭治郎達を始末しようとするが、伊之助の空間識覚によって居場所を特定された上に、操っていた鬼殺隊隊員達は糸を樹木に絡められて使い物にならなくなり、「とっておきの人形」であった首無し鬼も撃破される。そして伊之助によって上空に投げられた炭治郎が迫ってきた。
しかしその惑乱の最中、「ここで死ねば解放される、楽になれる」と悟った彼女は、抵抗も逃走もせず、自ら死を受け入れる。その思いを瞬時に感じ取った炭治郎は、相手が頚を差し出してきた時のみに使用する「水の呼吸伍ノ型・干天の慈雨」で頚を刎ねた。
痛みを感じない穏やかな死が訪れた彼女は炭治郎に感謝し、十二鬼月が那田蜘蛛山にいることを教え、安らかに消滅した。

関連イラスト

母鬼
あなたも私の可愛いお人形にしてあげる


元の姿

センシティブな作品


余談

上述通り、人間だった頃は幼女であり、今際の際には、母親と思われる女性に愛情を受けていたものの、彼女を食い殺してしまったらしき事を回想している。しかし他の鬼と同様、人間時の記憶は今や薄れており、それが誰なのか思い出せないままであった。

このように悲しき過去を背負い、偽りの家族からは虐げられる哀れな人物であったが、「夫にDVを受ける巨乳人妻、しかも中身は幼女」という設定から、一部では妙な人気があり、二次創作界隈を賑わせている。

関連タグ

鬼滅の刃 累(鬼滅の刃)

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「母蜘蛛」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 531717

コメント