ピクシブ百科事典

那田蜘蛛山

なたぐもやま

那田蜘蛛山とは、『鬼滅の刃』に登場する山の名前またはサブタイトルである。
目次[非表示]

概要

那田蜘蛛山とは、『鬼滅の刃』に登場する山の名前またはサブタイトルである。
十二鬼月下弦の伍であるとその”家族”がここを根城にしていた。

大被害の場

漫画では28~44話(サブタイトルとしては29話)、アニメでは15~21話(サブタイトルとしては15話)が那田蜘蛛山編にあたる。
俺は嫌われてない」、「とんでもねぇ炭治郎だ」などの迷言が出てきたのもこの場所である。

炭治郎達が藤の花の家紋の家で療養中、那田蜘蛛山行きの指令が下り、回復後に向かうと達によって大勢の鬼殺隊員が犠牲になっていた。

炭治郎らは累の家族である蜘蛛鬼一家を相手取り、最終的に母蜘蛛は死を受け入れて苦痛を生まない形で炭治郎に斬られ、兄蜘蛛は蜘蛛化の毒を善逸に注入させるも本領発揮した善逸に瞬殺。父蜘蛛伊之助を追い詰めるが援護に駆けつけた義勇に倒され、姉蜘蛛は同じく援護に来たしのぶの毒により死亡した。

そして炭治郎は禰豆子と共に、遂に現役の十二鬼月である累に挑む――。

被害拡大の原因

鬼殺隊による那田蜘蛛山掃討作戦では、正確な人数は不明だが相当な人員が動員されていたが、確認できただけでも、

  • 累の姉となる前の姉蜘蛛を追って来て累に殺された五名。
  • 母蜘蛛によって同士討ちを強いられた村田の部隊の十名。
  • 姉蜘蛛の糸で作られた繭玉に取り込まれて溶かされた約十四名。
  • 切りきざまれた一名
三十人は確実に犠牲になっているが、他にももっと戦死している模様。
負傷して救出された者も含めると、四、五十名は派遣されていたと推測される。

これだけ被害が拡大した背景には
  • 元来群れない筈の鬼達が家族形式のコミュニティを形成していた事。
  • そのコミュニティ内部で、相互信頼関係は希薄ながらも、ある程度役割分担がなされていた事。
  • そのコミュニティの総領がという十二鬼月だった事。
  • 一方鬼殺隊側では、鬼が群れを形成する事自体が想定外だった為、それに対処出来なかった事。
  • 比較的、階級が下位の者が主体だった事。
  • 現場が森深い山中で大部隊の動員に向かず、人を小出しに出さざるを得なかった事。
  • 少人数の割には以外と統制が取れていたとは言い難かった事。
等の理由が考えられる。

関連タグ

鬼滅の刃 蜘蛛鬼一家  ヒノカミ神楽

大江山 鬼が住まうとされている実在の山。鬼を毒で弱らせた後、太陽の力を帯びた刀で頚を切って殺した伝説が残っている。

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「那田蜘蛛山」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 177949

コメント