2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

鬼滅の刃』の那田蜘蛛山編にて冨岡義勇が発した言葉。
同時に、義勇のネタ方面での人気に拍車をかけた一言でもある。

蜘蛛鬼・を討伐した後に、禰豆子は再び深い眠りにつく。
そこへ鬼の気配を察知し、禰豆子を滅殺しようとする胡蝶しのぶが現れるが、義勇はしのぶに刃を向けて、炭治郎と禰豆子を庇う。
しのぶはそんな義勇を「鬼とは仲良くできないって言ってたくせに何なんでしょうか。そんなだからみんなに嫌われるんですよ」と批判する。
その後、「どいてくださいね」と続けたしのぶに対して、義勇が発した言葉は

「俺は嫌われてない」

これには炭治郎も驚愕していた。
義勇はしのぶから更に追い討ちのように「あぁそれ…すみません、嫌われている自覚が無かったんですね。余計なことを言ってしまって申し訳ないです」と言われて、少しショックを受けたようであった。

嫌われてない…(?)エピソード

  • 炭治郎に禰豆子を抱えて逃げるように促したが、しのぶはそれを追いかけようとする。そんなしのぶに義勇は絞め技をかけ、足止めする。「どういうつもりなんですか?」「何とかおっしゃったらどうですか?」と(ややキレぎみに)尋ねられ、義勇は少し考えた挙句に最初に竈門兄妹に出会った時の事を話そうとするが、「そんな所から長々と話されても困りますよ、嫌がらせでしょうか。嫌われていると言ってしまった事、根に持ってます?」と返される。


  • 一部の柱が集まっていた時、伊黒に名指しで尋ねられた際に、何故か義勇だけ他の柱達よりも少し離れた場所にいた。蜜璃からも『冨岡さん、離れた所に一人ぼっち。可愛い』と思われる始末である。

  • アニメ第21話の次回予告にて、義勇としのぶが登場する。相変わらず那田蜘蛛山の時のようなことを言うしのぶだったが、義勇は何も答えない。やっと口を開いたかと思えば、しのぶに関する大正コソコソ噂話(しのぶは犬や猫などの毛の生えた動物が苦手)を喋っただけだった。それに対して、しのぶは「急に口を開いたと思えば何を言うんですか?」と返すが、義勇は「否定しないということは真実なのか」と余計な一言を言ってしまう。「そう一言余計だからみんなに嫌われるんですよ」と言われ、いつも通り「俺は嫌われてない」と否定しようとするが、「嫌われてない、以外の返事でお願いします」と返されて、言い淀んでしまった。

義勇は本当に嫌われていたのか?

結論から言うと、義勇は柱達には嫌われていた。

特に不死川実弥伊黒小芭内の二人は、義勇を“嫌っている”と公式ファンブックでも明記される程の不仲である。
公式外伝小説の柱達のエピソードによると、その勤務態度のせいで過去には不死川や伊黒はおろか、宇髄天元や普段は穏やかな悲鳴嶼行冥とまで衝突したことがあった程だった事が明かされている。
同エピソードでの柱の招集が、最初は冨岡の不信任決議の場だと勘違いした彼らからは

  • 宇髄「遂に連帯行動ができない水柱をクビにしようって事か」
  • 伊黒「賛成だ、あいつは和を乱す」
  • 不死川「クビと言わずに、今ここで叩き出してやるよ」
と散々な言われようだった。

後に公式ファンブック弐で、各柱同士の印象が明かされたのだが、柱内での打ち解け度は30%と断トツの最下位であり、他の柱達からの印象は
  • 不死川実弥
『自分はあなたたちとは違いますみたいな感じが鼻につく』
  • 伊黒小芭内
『拙者不幸でござるみたいな顔をしててむかつく』
  • 宇髄天元
『根暗! いつも葬式みたいな顔をして辛気臭い』
  • 時透無一郎
『置物みたい』
と、ここでも散々な言われようだった。
比較的行動を共にすることが多い胡蝶しのぶからは『もう少し喋った方がいいと思う』悲鳴嶼行冥からも『流石に口下手すぎ。暗い』とかなり心配されている。
そんな彼にも普段から親しく接し、かろうじて褒めてくれていたのは『努力家』と評した煉獄杏寿郎と、『もじもじしてて、可愛い』と評した甘露寺蜜璃だけである(蜜璃のは褒め言葉と言っていいのかは微妙だが)。
だが彼等からも「声が聞き取りづらい」「無口」と思われている面はやはり共通している。

ちなみに当の義勇の方は、よく(心配して)話しかけてくれる悲鳴嶼や煉獄に対しては嬉しく思っており、自由な気質の宇髄を羨ましく感じているらしく、不死川に対しては怒りっぽい、伊黒には悪口を言われて悲しい、と思っている。
他人から嫌われていても、彼自身は誰も嫌っている訳ではない。
自身に積極的に話しかけてくれる相手には内心では好感を抱いているが、表に出したことはないようだ。

この極めて勤務態度が悪かった原因は以下の複合によるものと推察される。
  • (おそらく生来の)「口下手」
  • の死の真相を誰にも信じてもらえなかった幼少期の「トラウマ」
  • その姉や親友の死によって生きている事へのサバイバーズ・ギルト(自分が生き残ってしまったことへの自責の念)
  • 一体の鬼を倒すこともなく、ただ錆兎に守られただけの自分が最終選別を突破したとは思えず、その自責と自己嫌悪から『柱と肩を並べるのも烏滸がましい』と距離を置き続けたこと。

中でも義勇の嫌われる態度の最大の原因はこのサバイバーズ・ギルトであったが、後に炭治郎にかけられた「義勇さんは、錆兎から託されたものを繋いでいかないんですか?」の一言で、大切なことを思い出した。

炭治郎に救われた義勇は、(恐らく炭治郎のアドバイスにより)自身のこれまでの態度を改めて、仲の悪い不死川を含む人間関係を改善する事を誓うのだった。
しかし、その改善方法というのが、実はおはぎが好きな不死川に対して

「今度から懐におはぎを忍ばせておいて、不死川に会う時あげようと思う」

という、どこぞの戦国武将の逸話じみたものであり、さらに「そうしたらきっと仲良くなれると思う(ムフフ)」義勇は不器用故に、人と仲良くする方法を知らないのかもしれない。(更に炭治郎も天然故に「それはいいですね」「俺もそうします!」と便乗してしまう)。

義勇は口下手かつ不器用なため、やはり人を煽る結果になるのかもしれない…。

ちなみにジャンプ本誌で行われた人気投票では第一回は4位、連載終盤で実施された第二回では一万票を軽く超える票数を獲得して2位という結果を残した。
作中ではともかく読者からは嫌われてないどころか、かなり人気の高いキャラなのである。


関連タグ

冨岡義勇 迷言 安定の冨岡

関連記事

親記事

冨岡義勇 とみおかぎゆう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1606026

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました