ピクシブ百科事典

累(鬼滅の刃)

るい

漫画・アニメ「鬼滅の刃」の登場人物。那田蜘蛛山編で登場する下弦の鬼の一人。
目次[非表示]

「僕たちは家族5人で幸せに暮らすんだ 僕たちの絆は誰にも切れない」

プロフィール

身長135cm
体重30kg
趣味あやとり
CV(アニメ版)内山昂輝
演(舞台版)阿久津仁愛
初登場話アニメ:15話、舞台:其ノニ


概要

お前の絆は


吾峠呼世晴による漫画『鬼滅の刃』の登場人物。鬼舞辻無惨配下の精鋭、十二鬼月の一人。
「下弦の伍」の数字を与えられた蜘蛛。作中で一番最初に登場した現役の十二鬼月である。
席位に従い左目に「下伍」の数字が刻まれている。

主人公の竈門炭治郎と同様に「家族の絆」への強い拘りを持つが、その内容が炭治郎と真っ向から食い違う事により激突(後述)するという、事実上のライバルキャラであり、同時に「竈門炭治郎立志編」の事実上のラスボスにあたる存在でもある。

能力

血鬼術

无题


手から出す糸は生きているように自在に動き、敵を切り刻む鋭い刃にもなると同時に、鋼鉄並みの硬度を誇る攻防一体の武器となっている。全力を込めていない普通に繰り出している程度の糸の時点で、炭治郎の日輪刀を簡単に切断する事ができる程であり、並の鬼殺隊士では到底相手にもならない強敵として描かれている。

さらに糸に自身の血を吸わせる事で、下記のより強力な糸を操り相手を切り刻む事ができる。

  • 刻糸牢(こくしろう)
蜘蛛の巣状の糸で相手を包囲し、切り刻む。

  • 殺目篭(あやめかご)
刻糸牢より狭い篭状の空間に相手を閉じ込め、確実にとどめを刺す。

  • 刻糸輪転(こくしりんてん)
竜巻のごとく渦を巻く最硬度の糸が相手に襲い掛かり、跡形もなくバラバラにする。

その他

自身の血を分け与える事で他の鬼を強化する事もでき、さらに自身の能力を赤い蜘蛛の形で他の鬼の体に宿す事で、こちらも分け与える事ができる。そして、力を分け与えた鬼の顔を無理矢理引き剝がして、自分をベースとしたよく似た外見に作り替える事も可能(ただし、油断すると鬼の再生能力で元の外見に戻ってしまう為、累の家族となった鬼は外見が戻らない様に気をつける必要がある)。彼の『家族』の蜘蛛鬼達が扱う能力も、元々は累が分け与えたものである。

さらに彼の頸は彼が操るどんな糸よりも硬いらしく、即ち彼の糸を斬るだけの力量を持つ者でなければ、物理的にまず彼を倒す事はできない(しのぶの藤の花の毒のような例外もあるが)。

活躍

那田蜘蛛山を縄張りとし、適当なを集めては“家族”と称する群れをつくり、暴力と恐怖で取りまとめていた。

そんな累の思想と真っ向から対立した炭治郎と交戦し、下位とはいえ十二鬼月に位列される実力を以て大いに苦しめた。
 
危機に陥った兄を守ろうと身を挺した禰豆子の姿に「本当の絆」と感動を覚え、彼女を妹にしようとする累に炭治郎は激昂。
命がけの猛攻撃で累を追い詰め、兄妹の絆が具現化したヒノカミ神楽と禰豆子の血鬼術『爆血』により、累の頚は刎ねられた。


――ように見えたが、実際は攻撃が届く直前に、累は寸でのところで自分自身の手で先に頚を斬るという荒業でこれを回避していた。そして自分の命を危機に曝した2人に対して激しい憎悪と殺意を向け、「殺目篭」で2人纏めて始末しようとする。既に体力の限界を迎えていた2人は当然ながら成す術もなく、最大の危機に陥ってしまう(ちなみに累の頸は本人曰く糸よりも硬いらしいので、「自身の頸を一時的に軟化させる」等の方法で切断したという説が有力視されている。その辺は自分の身体なので鬼の肉体操作能力でどうとでも操作できるのであろう。また、頸を斬るのに使用した糸については、最終手段として予め頸切断用の糸を仕込んでいたのだと思われる)。
しかし、間一髪のタイミングで駆け付けた鬼殺隊水柱冨岡義勇水の呼吸・拾壱ノ型「凪」によって、自身の最硬度の糸の刻糸輪転をあっさりと切られ、動揺しつつも次の攻撃を繰り出そうとした刹那の瞬間には頸を刎ねられ絶命した(たる冨岡の一撃はあまりにも速く、今度は自ら頸を斬って回避する暇さえ得られなかった。頸の再生に使った体力がまだ回復していなかった可能性もある)。

こうして何とか炭治郎と禰豆子は事なきを得たのである。

それまで苦戦しながらも鬼を倒してきた炭治郎達が、死力を尽くし奥の手や新能力を発揮しても倒せないなど、十二鬼月の格の違いをまざまざと見せつけた上で、それを容易く葬る柱の強さを表現する相手にされるなど、作中における力関係を端的に見せる役を勤めた鬼ともいえる。

過去

累くん。。


人間であった頃の名は綾木(あやき)累。父(CV:立花慎之介)、(CV:桑谷夏子)との三人家族だった。
生まれつき身体が弱く、立って歩くのもままならないほどであったが、無惨の血により鬼と化し強靭な身体を手に入れる。しかし喜んだのは累本人だけ。父も母も、日の光に当たれず、人を喰らわねばならない業を背負った我が子の姿に嘆き悲しむのみだった。

そしてある日、実際に人を殺して喰っているところを両親に見られてしまう。母は泣き崩れ、父は慟哭しながら就寝中の累を殺そうとしたため、目を覚ました累は激昂、両親を手にかけた。
「俺たちの絆は偽物だった」と自分を納得させようとしていた累だったが、まだ息のあった母は「丈夫な体に産んであげられなくて…ごめんね……」と詫びながら事切れた。
累は愕然となる。
そういえば先刻は怒りのあまり理解できなかったが、父も「大丈夫だ累 一緒に死んでやるから」と言っていた。父も母も、我が子の罪を共に背負い、死ぬつもりだったのだ
気付いた時にはもう遅かった。彼は自分自身の手で、本物の絆を切ってしまったのである

ごめんなさい


そんな累に無惨は悪魔のごとく囁く。「全てはお前を受け入れなかった親が悪いのだ 己の強さを誇れ」と。自分が悪いのだとわかっていても、もはや彼にはその言葉にすがりつくしか術はなく、父母恋しさの代用品として偽りの『家族』を作っても、虚しさは深まるばかり。人間の頃の記憶が薄れてゆくにつれ、自分が何をしたいのかも次第に分からなくなっていった。

そして義勇に頚を刎ねられて敗北し、炭治郎の温かく陽の光のように優しい手に触れられた時、人間だった頃のこれらの記憶を思い出す。

「全部僕が悪かったよう ごめんなさい」

「でも山ほど人を殺した僕は地獄行きだから、父さんや母さんと同じところへはいけない」と悔やむ彼の前に、両親の魂が現れた。

「一緒に行くよ 地獄でも 父さんと母さんは累と同じところに行くよ」

生前と変わらず優しく微笑む二人。人間の姿に戻った累は、滂沱の涙を流して繰り返し謝りながら、父母の魂に抱かれつつ地獄の炎に焼かれて、両親と共に地獄に堕ちていった。

無題



キメツ学園

あやとりの天才!


7巻にて設定が明かされた。
学年は不明。あやとり大会で優勝し、キメツ新聞でも特集が組まれて一躍時の人に。
独特のホクロが可愛いとネットでも話題らしい。

外部出演

白猫プロジェクト

コラボイベントでは、同イベント内のラスボスとして登場。時系列としては義勇によって絶命した後の物語となっている。

白猫の世界の悪しき鬼であるクロタケが奪った「鬼門のルーン」というアイテムによって、白猫の世界で復活を果たしたが、これは炭治郎の過去の記憶を読み取って再現された幻が実体化した存在なので、厳密には本人が直接復活した訳ではない。この為に、復活後に対峙した炭治郎達の事を朧げにしか覚えていない。
自身を復活させたクロタケの事は眼中になく、それどころか「弱いやつと一緒にいるのは本当に不愉快だった」とまで吐き捨てる始末で、最終的には彼を抹殺して鬼門のルーンを奪い取り、完全復活を果たす。

今回の戦いで義勇は、近隣の村を白猫世界の冒険家達と防衛していたので不在だったものの、白猫世界の主人公や伊之助達の参戦もあり、優勢な戦況から少しずつ押し返されていく。
遂に敗北一歩手前にまで追い詰められた累は、かつてのように自分で頚を刎ねて事なきを得ようとするも、過去の戦いよりも格段に強くなっていた炭治郎がそれを見逃す筈もなく、最期は「ヒノカミ神楽・円舞」によって頚を刎ねられ敗北した。原作にはないゲームオリジナルのストーリーではあるが、義勇の助太刀がない状況下で炭治郎は累に打ち勝つという快挙を成し遂げた。

コトダマン

火属性・魔族のコラボユニットとして登場。
イベント期間中、降臨ボスとして登場するのを撃破する他、専用アイテムと交換する事で入手できる。進化できないユニットの一人で、育成難度は低い。
弱体マス無効化や魔族特効無効化の特性を持つ一方で、すごわざ発動の条件が動詞の言葉を作るといったもので、文字数の多いワードで動詞を作りにくい為に高火力を叩き出すのが難しい。
また、鬼滅コラボ出身ユニットでありながら「鬼殺の同士」の効果を持っていないので(鬼なので当たり前だが)鬼滅コラボの恩恵を受けにくいのが難点。

余談

無惨にとって累はかなりお気に入りの存在だったらしく、月に何度か彼の所に赴いては言葉をかけてやり、鬼達が徒党を組む事を阻む習性を故意に与えていながら、この『家族ごっこ』を容認したりと、下位の鬼としては異例の特別扱いをしている。
これは、幼少期からの虚弱体質や『父母の代用品を求めている』『気に入らない代用品は捨てる』といった累の幼稚性など、彼自身に重なる部分があったからだろうとファンの間では考察されている。また、他の鬼に自身の血を分け与えて強化できるという能力も、無惨の(鬼を増やし強化させる事のできる)能力に通じるものがある為に、今後の成長性なども見込まれていたと推測される。

実際に本来の実力は、「下弦の壱」である魘夢や「弐」の轆轤などと同等で、実は彼よりも位が上だった鬼達よりも強かった事が公式ファンブックで明かされている。(また、父蜘蛛は炭治郎が十二鬼月だと勘違いしていた他、伊之助に死を覚悟させたほどの強さだった)

にも関わらず「下弦の伍」という立場にいたのは、彼自身は「入れ替わりの血戦」により位を上げる事には興味が無かった為である(十二鬼月まで上り詰めたのも、家族を作るだけの自由裁量を無惨に認められる為だったと思われる)。
また、それ程の実力を持った累に、この時点の炭治郎がある程度拮抗できたのは、力の大半を家族に分けていた事と、感情的になっていて攻撃が単調になっていた事、同じく感情的になっていくつもの判断を誤った事が原因だった模様(家族に分け与えていた血鬼術を全て回収する事で、本来の彼の実力を発揮できるのだが、事前に殆どの家族を倒されて力を回収できなかったのも敗因だと思われる)。

下弦の壱や弐は、階級「甲」時代の煉獄杏寿郎不死川実弥ですら苦戦するレベルの実力者であり、全集中・常中すら習得していなかったこの時点の炭治郎が、ヒノカミ神楽を使っても勝てなかったのは当然の結果だったと言えるだろう(それでも粘れたのは上記の要因があったからである)。
累はまだ鬼としては二十年弱と若い方なので、この時点でこれ程の力を持っていた事からも実際に素質はかなり高かったのは間違いない。また性格的にも、独善的かつ一方的な身勝手さや幼児性がある一方で、歪ながらも少年的な純真さや素直さも保たれており、そういう性格面も無惨に気に入られていたと思われる(実際、パワハラ会議で粛清されたを見ても、素直な性格の者は一人もいない)。
この為に、彼の死後に開かれた所謂パワハラ会議も、お気に入りであった累が殺されてしまった事への当てつけもあったのではないかと考察する者もいる。

作中で初めて登場した現役の十二鬼月としての圧倒的な強さや絶望感、上記の過去を含めた重厚なキャラクター性もあって非常に人気は高く、第一回人気投票では191票を獲得して16位になっている。原作完結後に行われた第二回人気投票では、物語初期で退場した敵キャラクターであるにも関わらず、さらに票数を伸ばして236票を獲得して33位になった。

ちなみに、本編で彼が殺したサイコロステーキ先輩223票で35位であり、かなりの接戦だったが制している。

関連イラスト

縛
鬼滅の刃


累
「悲しい思い出」



関連タグ

鬼滅の刃 鬼舞辻無惨 鬼(鬼滅の刃) 血鬼術 十二鬼月 下弦の鬼 
那田蜘蛛山 累に切り刻まれた剣士(サイコロステーキ先輩) 
こんなガキの鬼なら俺でも殺れるぜ 
鬼滅の刃の登場キャラクター一覧

哀しき悪役 家族 蜘蛛 

蜘蛛鬼一家
 父蜘蛛 母蜘蛛 兄蜘蛛 姉蜘蛛 

下弦の鬼
魘夢(壱) 轆轤(弐) 病葉(参) 零余子() (伍) 釜鵺(陸) 

表記揺れ
(読みは「かさね」。こちらは松浦だるまの「美醜」をテーマにした連載デビュー作)

関連記事

親記事

下弦の鬼 かげんのおに

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「累(鬼滅の刃)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4802702

コメント