ピクシブ百科事典

累(鬼滅の刃)

きめつのやいばのるい

漫画・アニメ「鬼滅の刃」に登場するキャラクター。
目次[非表示]

「僕たちは家族5人で幸せに暮らすんだ 僕たちの絆は誰にも切れない」

CV:内山昂輝

概要

鬼舞辻無惨配下の精鋭、十二鬼月の一人。「下弦の伍」の数字を与えられた蜘蛛
一人称は「僕」、または「俺」。

鋼の如き糸を自在に編み張る血鬼術を用いる、白髪の少年鬼。その糸の硬度は悪鬼を滅殺する日輪刀すら斬断せしめる。

お前の絆は



那田蜘蛛山を縄張りとし、適当な鬼を集めては『家族』と称する群れをつくり、暴力と恐怖で取りまとめていた。家族構成は自らを守られる存在の子供として、の五人家族。他の『家族』は鬼狩りから身を護るために仲間となった、寄せ集めのメンバーであり、血縁関係はない。累から能力を分けられているが、弱い鬼のため累の希望する「自分を守る」という行為はできず、累は虚しさを覚えていた。累の家族となるためには顔や体を変形し累に似せなければならず、要求に従わない者は切り刻まれたり知能を奪われたり、果ては吊るされて日光に当てられるという拷問を受けることとなる。

そんな累の思想とは真っ向から対立した竈門炭治郎と戦いになり、十二鬼月としての圧倒的な強さで炭治郎を苦しめる。危機に陥った炭治郎を守るため身を挺して庇った禰豆子を見て、「本当の絆」だと感動する。強引に禰豆子を妹にしようとするが、勿論炭治郎が許すはずもなく、炭治郎は命をかけて累を追い詰める。
竈門兄妹の絆が具現化したヒノカミ神楽と禰豆子の血鬼術爆血』により、累の頚は刎ねられた。

Dance of the Fire God



――ようにみえたが、実際は攻撃が届く前に累自身が頚を斬っており、二人は最大の危機に陥ってしまう。しかし間一髪で駆け付けた鬼殺隊の水柱・冨岡義勇によって、自身の最硬度の糸を切られ、動揺しつつ次の攻撃を繰り出そうとした刹那に頚を刎ねられ、ようやく絶命。炭治郎と禰豆子は事なきを得た。

過去

累くん。。


人間であった頃の名は綾木(あやき)累。父(CV:立花慎之介)、母(CV:桑谷夏子)との三人家族だった。
生まれつき身体が弱く、立って歩くのもままならないほどであったが、無惨の血により鬼と化し強靭な身体を手に入れる。しかし喜んだのは累本人だけ。父も母も、日の光に当たれず、人を喰らわねばならない業を背負った我が子の姿に嘆き悲しむのみだった。

そしてある日、実際に人を殺して喰っているところを両親に見られてしまう。母は泣き崩れ、父は慟哭しながら累を殺そうとしたため、彼は両親を手にかけた。
「俺たちの絆は偽物だった」と自分を納得させようとしていた累だったが、まだ息のあった母は「丈夫な体に産んであげられなくて・・・ごめんね・・・」と詫びながら事切れた。累は愕然となる。そういえば先刻は怒りのあまり理解できなかったが、父も「大丈夫だ累 一緒に死んでやるから」と言っていた。父も母も、我が子の罪を共に背負い、死ぬつもりだったのだ。気付いた時にはもう遅かった。彼は自分自身の手で、本物の絆を切ってしまったのである

そんな累に無惨は悪魔のごとく囁く。「全てはお前を受け入れなかった親が悪いのだ 己の強さを誇れ」と。自分が悪いのだとわかっていても、もはや彼にはその言葉にすがりつくしか術はなく、父母恋しさの代用品として偽りの『家族』を作っても、虚しさは深まるばかり。人間の頃の記憶が薄れてゆくにつれ、自分が何をしたいのかも次第に分からなくなっていった。

そして義勇に頚を刎ねられて敗北し、炭治郎の温かく陽の光のように優しい手に触れられた時、人間だった頃のこれらの記憶を思い出す。
だが「全部僕が悪かった。でも山ほど人を殺した僕は地獄行きだから、父さんや母さんと同じところへはいけない」と悔やむ彼の前に、両親の魂が現れた。「一緒に行くよ 地獄でも 父さんと母さんは累と同じところに行くよ」と、生前と変わらず優しく微笑む二人。人間の姿に戻った累は、滂沱の涙を流して謝りながら、父母の魂に抱かれつつ煉獄の炎に焼かれて逝った。

『    一緒に    』



「全部僕が悪かったよう ごめんなさい」

一方では、無惨も幼少期から虚弱体質だった彼をかつての自分と重ね合わせていたのか、この累は割とお気に入りの存在だったらしく、月に何度か彼の所に赴いては言葉をかけてやっていたという、下位の鬼としては異例の特別扱いを受けていたとされる。

能力

血鬼術『糸』

无题


手から出す糸は生きているように自在に動き、敵を切り刻む鋭い刃にもなると同時に、鋼鉄並みの硬度を誇る攻防一体の武器となっている。
全力を込めていない普通に繰り出している程度の糸でも、炭治郎の日輪刀を折ることができ、下弦の伍の称号に違わない、並の鬼殺隊士では到底歯が立たない強敵として描かれている。

  • 刻糸牢(こくしろう)
蜘蛛の巣状の糸で相手を包囲し、切り刻む。

  • 殺目篭(あやめかご)
刻糸牢より狭い篭状の空間に相手を閉じ込め、確実にとどめを刺す。

  • 刻糸輪転(こくしりんてん)
竜巻のごとく渦を巻く最硬度の糸が襲い掛かり、相手を跡形もなくバラバラにする。

鬼の家族構成

蜘蛛鬼一家

以前はもっと多くの家族がいたようだが、累に逆らったり、望むように家族を演じられない者は処刑され、炭治郎達が那田蜘蛛山に入った時点では上の4人に減っている。
家族たちは累の血を含んだ杯を飲み交わすことで体の構造が作り替えられており、累同様に蜘蛛を連想させる血鬼術を使えるようになる。
鬼たちの容姿は累に似た容姿や蜘蛛を連想させる姿だが、元々異なる姿だったようで、累によって顔の皮をはぎ取られ、無理やり作り替えられている。
累は家族が元の姿に戻ることを嫌い、元の子供の姿に頻繁に戻ってしまう母蜘蛛を頻繁に虐待していた。

この『家族ごっこ』は無惨に認められた行為であり、反乱者が徒党を組むことを危惧して共食いという習性を故意に与えている無惨が累の配下ともとれる鬼が増えることを認めたのは、『父母の代用品を求めている』『気に入らない代用品は捨てる』といった累の幼稚性を見抜いていたためと考えられる。

キメツ学園

あやとりの天才!


7巻にて設定が明かされた。
学年は不明。あやとり大会で優勝し、キメツ新聞でも特集が組まれて一躍時の人に。
独特のホクロが可愛いとネットでも話題らしい。

その他

アプリゲーム『白猫プロジェクト』におけるコラボイベントでは、同イベント内のラスボスとして登場。時系列としては義勇によって絶命した後の物語となっている。

白猫の世界の悪しき鬼であるクロタケが奪った、「鬼門のルーン」というアイテムによって白猫の世界で復活を果たしたが、これは炭次郎の過去の記憶を読み取って再現された幻が実体化した存在なので、厳密には本人が直接復活した訳ではない。この為、復活後に対峙した炭次郎達の事を朧げにしか覚えていない。
自身を復活させたクロタケの事は眼中になく、それどころか「弱いやつと一緒にいるのは本当に不愉快だった」とまで吐き捨てる始末で、最終的には彼を抹殺して鬼門のルーンを奪い取り、完全復活を果たす。

今回の戦いで義勇は近隣の村を白猫世界の冒険家達と防衛していたので不在だったものの、白猫世界の主人公や伊之助達の参戦もあり優勢な戦況から少しずつ押し返されていく。
ついに敗北一歩手前にまで追い詰められた累は、かつてのように自分で頚を刎ねて事なきを得ようとするも、過去の戦いよりも格段に強くなっていた炭次郎がそれを見逃す筈もなく、最期は「ヒノカミ神楽 円舞」によって頚を刎ねられ敗北。原作にはないゲームオリジナルのストーリーではあるが、義勇の助太刀がない状況下で炭次郎は累に打ち勝つという快挙を成し遂げた。

関連イラスト

縛
累


鬼滅の刃 下弦の伍 累
累



関連タグ

鬼滅の刃 蜘蛛鬼一家 父蜘蛛 母蜘蛛 兄蜘蛛 姉蜘蛛
鬼舞辻無惨 鬼(鬼滅の刃) 十二鬼月 下弦の鬼
竈門炭治郎 冨岡義勇 ヒノカミ神楽
家族 サイコロステーキ先輩

関連キャラクター

  • 死柄木弔僕のヒーローアカデミア)……敵の主要キャラで中の人も同じ「幼い頃にすれ違いなどが原因で自らの手で家族を殺めてしまう」、そして黒幕に救われ激励されるがままに悪の道へと堕ちてしまった」という点が共通している。
  • 天城カイト遊戯王ZEXAL)…中の人繋がり。「敵の主要キャラである」、「家族に執着している」、「(アニメ版のみだが)親とすれ違いがある」といった共通点がある。しかしこちらは後に味方となり、ライバルとなっている。
  • ドンキホーテ・ドフラミンゴ…糸を扱う能力が共通しているが、性格は無惨と同様に外道である。

関連記事

親記事

下弦の鬼 かげんのおに

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「累(鬼滅の刃)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2488543

コメント