ピクシブ百科事典

目次[非表示]

※陶芸などで用いる方はこちら→ろくろ

概要

CV:楠大典
 
吾峠呼世晴による漫画『鬼滅の刃』の登場人物。
鬼舞辻無惨配下の精鋭である十二鬼月の一人。下弦の弐に位列されるであり、席位に従い左目には「下弐」の文字が刻まれている。
外見は作務衣を着た中年男性といったところで、あごひげと顔の大部分にあるひび割れが特徴。
 
下弦の伍が倒されたあと無惨に召集されたシーンにしか登場しなかった為、血鬼術や人間時代の過去などは不明。轆轤という名前や作務衣を着ている辺り、元は陶芸家か何かだった可能性がある。
 

活躍(というか最期)

下弦の伍の敗死を受け、無惨により残る下弦の鬼たちが無限城へ強制召集されたのが初登場。
上弦の鬼と比べて下弦の鬼は真面な成果を挙げられていない事や、構成員の変動が激しい事を叱責された上で、下弦の解体(処刑)が言い渡されて次々と同僚が解体されてゆく。

残るは魘夢と轆轤だけとなり、「最後に言い残すことは?」と問いかけられると「まだお役に立てます、もう少しご猶予をいただけるならば…」と懇願。この時に「具体的にどのくらいの猶予を?」「今のお前のちからでどれ程の役に立てる?」と問われて返答に詰まってしまい、一か八かで望みをかけたのか「貴方様の血を分けていただければ必ず順応して見せます」と願い出る。
それが無惨の機嫌を損ねて「なぜ私がお前の指図で血を与えなければならんのだ 甚だ図々しい、身の程を弁えろ」と怒られ、「違います、違います!私は…」と弁解しようとするも
「黙れ 何も違わない、私は何も間違えない」
「全ての決定権は私にあり、私の言うことは絶対である お前に拒否する権利はない 私が"正しい"と言ったことが"正しい"のだ」
「お前は私に指図した、死に値する」
……と、無惨イズム溢れる説教の下粛清された
尤も、響凱(元下弦の陸)のように具体的な打開案を考えていた訳でもなく、ましてや下弦解体という“死刑宣告”を受けた状態で、なおも上司に援助を要請した轆轤の考えが甘かったというのも事実だろう。それを差し引いても即刻処刑は流石にやり過ぎだが。

そもそも彼は設定上、階級「甲」時代の煉獄杏寿郎が苦戦した前・下弦の弐や、“家族”に分け与えた全ての力を取り戻した完全体の下弦の伍のと同格の実力を持っていた筈なので、どう考えてもここで何もさせずに切り捨てるのは勿体なさ過ぎる人材だったと言える(もし無惨の血を与えられてそれに順応していた場合、間違いなく作中の魘夢と並んで非常に厄介な敵になっていた)。
 

関連タグ

鬼滅の刃 鬼舞辻無惨 鬼(鬼滅の刃) 十二鬼月 下弦の鬼 
パワハラ会議 
鬼滅の刃の登場キャラクター一覧 

下弦の鬼
魘夢(壱) 轆轤(弐) 病葉(参) 零余子() (伍) 釜鵺(陸)

関連・類似キャラクター

  • 佩狼煉獄杏寿郎外伝に登場した彼の前任の下弦の弐。後任の彼とは違って自力で柱を打倒せんとする強い気概と敵愾心があり、外伝の最大の敵として大いに活躍した。

関連記事

親記事

下弦の鬼 かげんのおに

兄弟記事

コメント