ピクシブ百科事典

愈史郎

ゆしろう

漫画「鬼滅の刃」の登場人物。珠世とともに主人公・炭治郎を援助する。
目次[非表示]

概要

珠世によって鬼化された、唯一の少年。普段は珠世とともに身を隠しながら、同様に人間を喰らうことなく行動している。年齢不詳。
珠世を「珠世様」と呼び、尊敬するとともに好意を抱いている。

人物

書生のような恰好をした少年。享年(珠世によって鬼に変異してもらった年齢)は不明だが、鬼化した以降も含めた実年齢は35歳
採血の短刀を作るなど、手先が器用。

人間として存命中には、不治の病に罹っていたようであり、珠世には人外の生物に堕ちる事を諭された上で、自ら望んで彼女に鬼へと変異させてもらった。このため彼女に崇拝ともいえるほどの忠誠心を抱いており、彼女への無礼や害意に対しては、過剰なほどの反応を見せる。また、珠世が鬼舞辻無惨の滅殺を目標としている事に賛同はしているが、彼女の身を危険に晒す事に繋がるため快くは思っていない。
当然ながら、炭治郎を含めた鬼殺隊そのものに強い警戒心を抱いているが、炭治郎と浅草で共闘した後は、彼には一定の信用を置くようになった。

珠世に対しては忠誠だけでなく愛情も抱いているようで、二人で過ごす時を邪魔されることを極端に嫌い、自分達の指針に関する事以外の会話中は内心で彼女への賛美を繰り返していたり(つまり、全く会話を聞いていない)する。子供のように天邪鬼な言動をとったり、屁理屈を捏ねたり、珠世に好意があることを指摘されると真っ赤になって黙り込んだりと、実年齢を考慮すると『大人気ない』。

能力

身体能力

基本特性は人喰い鬼に準ずる。すなわち不老、(日光と日輪刀以外には)不死で、頭部を破砕されてもすぐに治癒する超再生力を有し、血鬼術も行使できる。
ただし、鬼舞辻ではなく珠世によって鬼に変えられた、言わば亜種の人喰い鬼と言える存在であり、珠世よりも更に少量の人血のみで食人に対する飢餓を抑えらる。また、戦闘時に鬼舞辻の名を呼べているため、呪い(鬼舞辻無惨の該当項参照)もかかっていない。このため、鬼舞辻に存在を認知すらされていない可能性が高い。
ただし人肉を喰らわないためか、鬼としての腕力・身体強度は劣った部類である。

血鬼術

術式名は未発表。
視覚に関する超常を網羅的に行使できるようであり、その汎用性は極めて高い。特に珠世が鬼舞辻の追跡から逃れられ続けているのは目隠しの術に依るところが大きく、上述の通り呪いの対象外である事を考慮すると、その有用性は計り知れない。

  • 人間(及び通常の鬼)には不可視の力場などを、可視化して認識できる。
  • 呪符(目の文様を描いた符)を他者の額に張り付けると、自身の超視力を貸与できる。
  • 建造物や人に呪符を張り付ける事で、認識させなくする(目隠し)。ただし、異空間を操る系統の術ではなく、あくまで認識できなくするだけで広範囲攻撃などに晒されると破壊される。また、一旦認識されると、再度目隠しすることはできない。
  • 呪符を張り付けた個所に自身の視覚を設置する。いわゆる監視カメラのようなもの(『過狩り狩り』より)。
その他にも、準備時間が必要だが攻撃にも転用できるらしい。

その他にも目を通常の人間のようにすることが可能。

採血の短刀

炭治郎に渡されている短刀。頸を落とした鬼の身体が灰化するまでのわずかな間に、この短刀を投げ刺すことで血を採取することができる。刺さったら自動で血を採ってくれ、柄の部分に血が溜まる。採血後は愈史郎の術がかかった珠世の使い猫により、珠世たちの元まで送り届けられる。

余談

吾峠先生のデビュー作でもあり『鬼滅の刃』の原型ともなった読み切り『過狩り狩り』にも珠世とともに登場している。

関連タグ

鬼滅の刃 過狩り狩り 竈門炭治郎 珠世 鬼舞辻無惨

ココ(トリコ):同じく目が凄い。

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「愈史郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 66036

コメント