ピクシブ百科事典

半天狗

はんてんぐ

「鬼滅の刃」の単行本未収録分ネタバレ記事につき閲覧注意。
目次[非表示]

概要


鬼舞辻無惨配下の精鋭、十二鬼月の一人。
「上弦の肆」の数字を与えられている。

角が生え、額に大きな瘤を持つ小柄な老人の姿の鬼。
小心な性格らしく、鬼舞辻無惨の一挙手一投足にひたすら震え上がり、「恐ろしい恐ろしい」と平身低頭している。
しかし実際には、鬼として人を殺しておきながらも、そのことで鬼殺隊に戦いを挑まれた際には、『力のない弱い者(自分)をイジメる悪者』と考える被害者意識の塊で、何処までも自分本位で他人の事を考えない。というある意味で現代的な醜悪さを持つ鬼。

血鬼術


名称不明
頸を斬られると分裂して若返る。
舌に喜怒哀楽の文字が刻まれた4人、空を自在に飛び音波攻撃を放つ空喜、錫杖から電撃を繰り出す積怒、三叉槍の使い手の哀絶、八つ手の葉の団扇で突風を起こす可楽の状態の時が一番強い。
それ以上斬った場合、切った鬼を母体とした分身体が増えてゆくが、その分攻撃の威力が落ちて弱くなる。
上弦の鬼特有の高速再生能力をそれぞれが有しているため、分裂体が即座に戦線に参加してくる。
舌を切れば、気休め程度だが再生速度が落ちるが、それで死ぬことはない。
急所である頸を切っても死なず、分裂するため、頸を切られることには頓着せず、むしろ、切らせようとさえしている。そうして増え続ける相手に、鬼狩りは、延々と消耗戦と多対一を強いられる。

積怒

半天狗の分裂体の1人。
常に何かに怒っている。その状態に反して、判断は冷静沈着そのもの。
ほかの分裂体に対しての司令塔的枠割を担う。
武器は、雷を発生させる錫杖。
この錫杖から発せられる雷撃は、積怒の細胞には無効のため、彼と同じ細胞を持つ分裂体を巻き込む恐れがない。

可楽

半天狗の分裂体の1人。
楽しむことを優先しており、戦いにおいてもそれが顕著に表れている。
武器は突風を起こす八つ手の葉の団扇。
人間をたやすく吹き飛ばし、風圧で建物を押しつぶすほどの力を持つ。
ただし、これはあくまでも武器の特性であって、可楽の血鬼術でないため、武器を奪われるなどすると、逆用されてしまう。
作中では、竈門禰豆子と主に交戦。


空喜

半天狗の分裂体の1人。
ほかと異なり、半人半鳥の姿をした鬼。
飛行能力を持ち、金剛石をも砕くと豪語する爪と口内から繰り出す音波を攻撃手段とする。
性格は、可楽に似て、快楽的。

哀絶

半天狗の分裂体の1人。
作務衣を身にまとい、十文字槍を自在に操る鬼。
ほかの分裂体と比べ、消沈した言動を見せる。

作中では、不死川玄弥と主に交戦。
致命傷になりうる攻撃を何度仕掛けるも、倒れる様子のない玄弥に翻弄される。

激涙刺突
槍の軌道に合わせて繰り出される衝撃波。
樹木を貫通する威力がある。

怯えの鬼(仮称)

半天狗の本体
姿は最初の基本形態と同じだが、その大きさは野ネズミほど
戦線から離れたところで隠れているため、探知能力持ちでもない限り見つけるのは至難の業。さらに、見つかりでもすれば、とてつもない速度で逃げていく。
その上、喜怒哀楽の鬼たちの猛攻をかいくぐって頸を切る必要があるため、討伐には、柱級の力と頭数が求められる。
さらに、本体は頑丈そのもので、頸に至っては小指程度の太さにかかわらず、切ろうとした日輪刀が
逆に折れてしまうほどの強度を誇る。
見つかりづらさ、逃げ足の速さ、頑丈さの三拍子からこいつを連想した読者は少なくないはず。
また、窮地に追い込まれると、己の身を守るべく、その時に抱いた強い感情を血鬼術によって、具現化、分裂させる。
上述の喜怒哀楽の鬼たちはこうして生まれており、その上限は、半天狗が窮地に追いやられるたびに増えていく。
総じて、半天狗の恐ろしさは単純な実力でなく、厄介さを極めていることにある。

憎しみの鬼(仮称)


炭治郎に頸を切られかけた時、彼の背後から奇襲を仕掛ける形で登場。
憎しみの感情を具現化させるべく、怒り鬼の積怒を母体として残り三体の鬼を吸収、合体して誕生した。
半天狗の窮地を救うという目的で生み出されたためか、言動は傲岸不遜で尊大。
敵を一方的に悪人と決めつけ、自身を善とする、半天狗の歪んだ価値観の化身。
実力は、上述の四体の鬼よりも強く、彼らの力を扱うことができる。
また、この鬼も半天狗の分身体の一体のため、頸を切っても意味がない。

血鬼術
固有の血鬼術として、木の竜を召喚する。
半天狗からの呼称は、石竜子(トカゲ)。
この石竜子は、一度に呼べる数が五本まで、それらの射程が66尺(約2m)。
(炭治郎の分析によるもの)
竜の口は、血鬼術の砲台にもなり、多面的、多角的な攻撃を仕掛けることも可能。
また、66尺を超えて逃げた相手には、アケビの実のように、伸ばした石竜子の口から別の石竜子を召喚することで、無理やり射程圏内に持ち込むことができる。

無間業樹
上述の発動制限を超えて、石竜子を大量に召喚する技。

また、そこに加え、上記の喜怒哀楽の鬼すべての血鬼術を扱う。
上述のように、石竜子の口から発生させるだけでなく、本体の口からも発動が可能。
(作中では、可楽の音波攻撃、狂圧鳴波を至近距離で甘露寺に浴びせた)
また、複合技として、石竜子を介して、複数の血鬼術を一度に発動させることも可能。

作中では、炭治郎一行を相手に圧倒し、徐々に追い詰めていったが、恋柱甘露寺蜜璃の参戦で戦いが振出しに戻る。
初見殺し極まりない性質で、頸を切られながらも恋柱を一度は倒し、彼女を食らおうとするも炭治郎たちの介入で彼女にとどめをさす事に失敗。
甘露寺が意識を取り戻した後は、本体を追おうとする炭治郎たちへの追撃を阻止され、彼女と再び交戦。恋柱に限界を一刻も早く迎えさせるべく、猛攻を仕掛ける。



関連タグ

鬼滅の刃

pixivに投稿された作品 pixivで「半天狗」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 32035

コメント