ピクシブ百科事典

蝶屋敷の女の子たち

ちょうやしきさんにんむすめ

漫画『鬼滅の刃』に登場するキャラクター達である。
目次[非表示]

概要

鬼殺隊最強の隊士‟”の一人、蟲柱胡蝶しのぶが所有する屋敷(通称・蝶屋敷)に住む女の子たち。
顔がそっくりであるが姉妹ではない。彼女たちもまた、鬼によって家族を殺されている。
蝶屋敷では患者の看病の他にも、機能回復訓練での訓練も担当している。


人物

おかっぱ頭が特徴で、蝶飾りは耳の上あたりに1個ずつ着けている。桃色の帯を締めている。

おさげが特徴で、蝶飾りは結び目に着けている。水色の帯を締めている。
三つ編みが特徴で、蝶飾りは三つ編みの下の方に身に着けている。緑色の帯を締めている。

最初の内はもじもじとしていたが、善逸伊之助が早々と音を上げた後も怠たることなく鍛錬を続ける炭治郎の優しさに心を開き、自ら進んでおにぎりを差し入れたり、効果的なトレーニング方法を教えてあげたりと、とてもいい子たち。
また、『全集中の呼吸・常中』の会得のために、睡眠中にやめていたらこれでぶん殴ってくれと布団叩きを渡された時も快諾し、呼吸をやめたときには容赦なく叩き起こし、炭治郎の成長に一役かって出た。

炭治郎たちの怪我が完治し蝶屋敷を離れる時には、籠いっぱいのおにぎりを作って差し出し、泣いて別れを悲しんだ(しかし、アニメにおいて追加された善逸の「俺と別れるのが寂しいんだね!?俺だけ残ってもいいよ!?」という下心丸出しの台詞には、「善逸さんは少し女の子に対して、気遣いや節度を覚えてくださいね」ド正論を返した)。

「遊郭編」に向けてのネタバレ注意
















ある日、音柱・宇髄天元によって神崎アオイとなほが無理矢理連れ去られそうになり、泣いて懇願するきよとすみに応える様に栗花落カナヲは止めようとするが、一喝して振り切ろうとする天元に「突撃!!」の掛け声で二人はかかっていった。
そこに任務帰りの炭治郎が助けに入り、門の屋根に逃れた天元と炭治郎の罵倒合戦に便乗するかの様に、きよとすみは「変態!! 変態!!」と泣きながら詰った。
「俺は任務で女の隊員がいるから、コイツら連れて行くんだよ!!」「“継子”じゃねぇ奴は胡蝶の許可を取る必要もない!!」と言い張る天元に、きよは「なほちゃんは隊員じゃないです!! 隊服着てないでしょ!!」と抗議したが、すると天元はなほを放り投げた。
下で受け止めた炭治郎は激怒し、天元を詰るが彼はお構いなしにアオイを連れて行くつもりだった。この時の彼女はすっかり怯えていたが、炭治郎が身代わりになる事でアオイは解放された。

壮絶な死闘の末、生還しながらも二ヶ月間昏睡状態が続いた炭治郎が目を覚ました時、蝶屋敷の少女達は皆、炭治郎のベットに縋り付いて号泣した(ただし、カナヲが常時寄り添って、一番最初に目を覚ました事に気付いたにも関わらず、人を呼ぶとか一切反応しなかった為、後藤にしかり飛ばされた)。

キメツ学園

7巻にて設定が明かされた。
中等部1年。クラスは3人共同じ紅葉組。中等部にも薬学研究部を作ろうと頑張っている。

余談

鬼滅ラヂヲにて、花江夏樹が彼女たちのわかりやすい覚え方を教えていた。

なほ…三つ編みが『なす』みたいだから。【なす】→【なほ】
きよ…きよの顔を横にした時、飛び出ている前髪に縦線を加えると、片仮名で『キヨ』と見えるから。
すみ…髪の分け目が『すみ』っこにあるから。

関連イラスト

ビックリマン風・鬼滅の刃「すみ・きよ・なほ」
蝶屋敷の炭治郎親衛隊


Nurse sisters
蝶屋敷っ娘会議。



関連タグ

蝶屋敷
胡蝶しのぶ 胡蝶カナエ 栗花落カナヲ 神崎アオイ

関連記事

親記事

蝶屋敷 ちょうやしき

子記事

pixivに投稿された作品 pixivで「蝶屋敷の女の子たち」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3400468

コメント