ピクシブ百科事典

竈門兄妹

かまどけいまい

『鬼滅の刃』の登場人物、竈門炭治郎と竈門禰豆子の兄妹。
目次[非表示]

俺と禰豆子の絆は誰にも引き裂けない!

概要

鬼滅の刃』の登場人物、主人公である竈門炭治郎と、ヒロインである竈門禰豆子兄妹につけられるコンビタグである。
『鬼滅の刃』は家族愛、延いては兄妹愛をテーマにしており、俗に言う友情努力勝利の三本柱が主軸になりがちな『週刊少年ジャンプ』では珍しいタイプの作品。
TVアニメの特別上映版でも兄妹の絆をサブタイトルにしている。

二人の関係

禰豆子は自我が曖昧なため、日常生活で炭治郎が世話する場面が多いが、戦闘になると禰豆子も身を張って兄を守るが、炭治郎が自ら妹を戦わせたことは一度もない
兄妹は守り守られであると共に、優先して自分の身を案じない気質も持つ。炭治郎は、家族でただ一人生き残った妹が自分の命よりも大切な存在と明言し、他の家族にしてやれなかった分を、全部禰豆子にしてやると誓った。
禰豆子も妹や弟への遠慮でなかなか兄に甘えられないでいたが、鬼化してからは幼児化の影響もあって、素直に甘える姿も見せるようになった。
しかし、刀鍛冶の里での兄妹混浴はやりすぎであるだろう…。と思いきや、混浴禁止となったのは明治末期であり、都市部以外では混浴が続いていたという時代背景を踏まえると彼らとしては普通だったのかもしれない。
炭治郎が妹思いなのは間違いなかろうが、修行の中でも禰豆子の名前を叫びまくって自らを奮い立たせるなど、アニメオリジナルではシスコンのような度合いが高まっている。

ただ、大正の頃は子供も労働力として重用されたため子だくさんであることは珍しくなく、特に長男長女は家族を支えることを当然としていた時代背景を考慮すれば何らおかしくはない。そうでなくともたった一人の肉親なのだから情が強くなるのも当然だが、かといって安易にシスコンと呼ぶのは考えものだろう。

ファンブック弐巻では、迷走する善逸に「異性として見てもらえなくなる」と妹との仲を助言する姿が描かれた。先々のことも考慮しての後押しでもあっただろうが、最終的な決定について禰豆子自身の意思と選択を尊重するのは本編から変わらぬ兄のスタンスである。

タグ使用時の注意

こちらのタグは、二人そろって描かれているものや兄妹愛を描いた作品に使用し、兄妹間での恋愛や兄妹間の範疇をこえる過度な接触行為を描いたものには「炭ねず」「ねず炭」タグを使用をしてください。また、竹雄花子六太などの他の兄弟も含んだ作品は、「竈門兄弟」タグを使用してください。さらに、現世の?????¿¿¿¿¿の兄弟は、「現世竈門兄弟」のタグをご使用くださいませ。

関連イラスト

鬼滅
君を守る


前へ
帰り道



関連タグ

鬼滅の刃 竈門炭治郎 竈門禰豆子 兄妹
炭ねず ねず炭近親NL
鬼滅の刃のコンビ・グループタグ一覧
竈門家:他の家族を含めたタグ。

関連記事

親記事

鬼滅の刃のコンビ・グループタグ一覧 きめつのやいばのこんびぐるーぷたぐいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「竈門兄妹」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 38078686

コメント