ピクシブ百科事典

竈門カナタ

かまどかなた

竈門カナタとは、漫画「鬼滅の刃」最終回に登場するキャラクターである。

概要

竈門炭治郎栗花落カナヲ玄孫で、竈門炭彦の兄。16歳。
のんびり屋でマイペースな炭彦とは対照的に、しっかり者で物静か。毎朝寝坊を繰り返す弟には手を焼いている。顔立ち・性格・名前が祖先であるカナヲ譲り。

禰豆子曾孫である燈子とは付き合いが長く、登校中に顔を合わせた彼女を「今日は髪を巻いてるんだね、可愛いよ」と褒め、照れる燈子に「燈子が地球で一番可愛いと思うよ」と返すなど人目を憚らない熱愛ぶりを見せ付けており、善照から怨嗟の念を送られていた。
ただし、彼には初恋ドロボウというあだ名がついており、本人の認識では「彼女はいない」
祖母に対し素直になれないでいたことを悔やんでおり、思ったことは口に出して伝えるようにしているらしく、無自覚モテ男な模様。

ヒノカミ神楽は子孫の代まで絶えることなく受け継がれており、年に一度産屋敷家管轄の神社に舞を奉納していることが判明。炭彦と同じく、習得した舞が鬼を倒すための剣術の型とは知らずにいる。

関連タグ

鬼滅の刃 幾星霜を煌めく命
竈門炭彦 我妻善照 我妻燈子

関連記事

親記事

幾星霜を煌めく命 いくせいそうをきらめくいのち

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「竈門カナタ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 429355

コメント