ピクシブ百科事典

煉獄桃寿郎

れんごくとうじゅろう

煉獄桃寿郎とは、漫画「鬼滅の刃」最終回に登場したキャラクターである。

概要

煉獄千寿郎の子孫。顔つき、溌剌とした口調は千寿郎の兄の杏寿郎そっくり。
ものすごくポジティブで、悪口にも「ありがとう!」と返せる強い心(?)の持ち主。
学校では剣道部に所属し、友人の竈門炭彦を熱心に勧誘しているがなにより寝るのが好きな炭彦からはやんわりと断られ続けている様子。実家でも朝4時から(もはや朝じゃなくて深夜の範囲である)の剣の稽古に励み、打ち込み過ぎて父にビンタされるまで気付かないほどの熱血漢である。

また、足が速い炭彦の動きについて行き、彼と共にパルクールを軽々こなせるだけの高い身体能力を有している。当初はあらゆる意味で濃い煉獄家の血筋だろうと推測されていたのだが、ヒノカミ神楽同様、各呼吸も子孫の代まで絶えることなく受け継がれており、年に一度産屋敷家管轄の神社に舞を奉納していることが判明。彼の身体能力も炎の呼吸を習得したがゆえの賜物ということのようである。

関連タグ

鬼滅の刃 幾星霜を煌めく命
煉獄杏寿郎 煉獄千寿郎 竈門炭彦

関連記事

親記事

幾星霜を煌めく命 いくせいそうをきらめくいのち

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「煉獄桃寿郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1709711

コメント