ピクシブ百科事典

善良な医者(鬼滅の刃)

ぜんりょうないしゃ

善良な医者とは、漫画『鬼滅の刃』の登場人物である
目次[非表示]

概要

鬼滅の刃』作中における全ての元凶といえる存在。

平安時代、生まれついてのその病弱さゆえに二十歳になる前に死ぬといわれていた鬼舞辻無惨の治療に当たっていた医師。

何か自分で新しく生み出した薬剤を処方するなどして懸命に彼の治療を続けていたのだが、一向に体が良くならないことに癇癪を起こした無惨によって背後から頭部を鉈で割られ死亡した。

無惨が医者の薬の効果が出て体が良くなっていることに気づいたのはそのすぐ後のことで、さらに事実上の不老不死、さらに肉体そのものの変化といった予想外の異能力まで獲得できたが、代わりに人を食いたいという衝動に加え、日光を浴びると今度こそ死んでしまうという欠点まで抱えることになり、無惨はこの中で致命的な日光への耐性を得るべく彼の残した資料から自身に投与された薬剤の材料と思しきある植物を追い求めることとなる。

「鬼舞辻無惨」というおぞましい怪物に力を与えた張本人であると同時に、そのおぞましさの根源である頭無惨の被害者第一号でもあるといえる。

その扱い

ナレーションで「善良な」と明言されていたのだが、平安の世において「人を鬼にする薬」による人知を超えた治療法を確立していたことから、多くの読者から
「『鬼滅の刃』におけるすべての黒幕なのではないか?」
「無惨の死後に現れる新たな敵、人食い鬼をも食らう柱の医者の一人ではないか?」
と疑われていた。

しかし、特にそういったことは一切ないまま無惨を打倒し、『鬼滅の刃』は無事完結。
彼は本当に“善良な医者”だったのである。

前述したように、無惨を生み出し、全ての悲劇の引き金を引いたとも言える善良な医者だが、
彼のしたことは「病弱な患者に決して匙を投げずに最後まで治療を続けようとした」という医者として正しい行為であるため、あまり責めるのは酷であろう。

やはり全ての悲劇は

“無惨が無惨であった”

ことが引き起こしたことなのである。

ただし、この医者本人が自分の製作した薬物が副作用として人を怪物に変えてしまうリスクを孕んでいたという事実についてそれをどこまで把握していたかは定かではなく、例え無惨を完全に治療できて生き延びることが出来たとしても、もしそうとは知らずにこの治療法に基づく知識と情報を広めてしまった場合、彼自身が関与していようがいまいがいつかどこかで無惨とは別の鬼が誕生していた可能性も決してゼロだったとは言い切れない。

現代において彼の医術の大元となったと思しき植物が人間に再発見されたが、この時はある研究者のうっかりミスでその植物は全滅してしまったものの、仮定としてそれの研究が進められた結果“人間を異形へと変容させる技術”が確立され、今度はそれを元にまた鬼のような化け物がもっと邪悪な意図で生み出されることになっていたかも知れなかったことを考えると、むしろ“そこで彼が死んでくれてよかった”という理屈さえ成り立ってしまうのも事実である。

そんなわけで、無惨が彼を殺害したことは「無惨様の作中時間軸初の(そして唯一の)善行だった」と一部の読者の間で囁かれているとかなんとか。

関連タグ

鬼滅の刃 鬼舞辻無惨 鬼(鬼滅の刃)
青い彼岸花
全ての元凶
鬼滅の刃の登場キャラクター一覧

関連記事

親記事

鬼滅の刃の登場キャラクター一覧 きめつのやいばのとうじょうきゃらくたーいちらん

兄弟記事

コメント