ピクシブ百科事典

サトシのフシギダネ

さとしのふしぎだね

アニメ・ポケットモンスターに登場するサトシのポケモンの一匹。
目次[非表示]

CV:林原めぐみ

概要

隠れ里のポケモン保護施設で暮らしていたポケモン。当初は保護施設のポケモンを捕まえようとしていたサトシ達を敵視していたが、ロケット団との一悶着から和解。区切りを付けるためのバトルの末にゲットされた。

気難しく頑固者な性格で、進化を嫌がったり、サトシとはぐれた時は「捨てられた」とやけっぱちになったりしていた。しかし旅の中でサトシに本当の信頼を寄せるようになり、サトシもまた頼りがいのあるフシギダネを信頼するようになった。

直近で仲間になったゼニガメヒトカゲリザードン)とは腐れ縁だった。ゼニガメとの別れの際はそっぽを向きながらもつるのムチで握手をしたり、ツンデレの気もある。

サトシのヘラクロスによって種の中の蜜を吸われ、それをつるのムチで拒否するというお決まりのやりとりがある。

後にソーラービームを打ち上げ花火の如く放って集合させる特技を習得。色合いなどで、地方別に集められる様になる。

略歴

初期から登場する多くのポケモン達がサトシの手元を離れ、ジョウト地方の御三家が加入する中、フシギダネは放送年数にしてなんと4年5ヶ月もサトシの手元でレギュラーとして活躍していた。
ピカチュウを除けば一番の古株であり、サトシの愛着も強かった。
しかしオーキド博士の研究所に住む草ポケモンと水ポケモンの縄張り争いのいざこざを諌めた後、その手腕をオーキドに買われ、「フシギダネに残って欲しい」と懇願され、研究所の調停者としてサトシの手元を離れることとなった。
元々隠れ里の警備を行っていただけあって、そういう仕事は得意分野だったようだ。

レギュラーを離れた後はまとめ役としての風格が出たのか、以前のような頑固な面は鳴りを潜め、頼れるリーダーのような、頼もしい性格に成長した。
また、ベストウイッシュ最終話やサン&ムーン42話などサトシが研究所に帰ってくると嬉しそうに駆け寄ったり、同期のゼニガメ・リザードンとの再会を喜んだり、かなり性格も丸くなっている。

進化前のポケモンではあるが、今の姿にこだわるだけあってこの状態でもなかなかの強さを見せる。

余談

アニメ版の総監督である湯山邦彦氏はフシギダネのファンであり、サトシ役の松本梨香氏も「彼氏にするならフシギダネ」と語るほど、内外問わず非常に人気の高いキャラクターである。
4年半もの間レギュラーを勤めたのは、愛されたが故なのかもしれない。
シリーズが移り変わっていくごとに出番はなくなってしまったものの、旧来のファンからはその活躍の長さから未だに愛されていると言えようポケモンである。

コメント