ピクシブ百科事典

ダルマモード

だるまもーど

達磨モードとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場する特性の一種である。ヒヒダルマ及びガラルヒヒダルマ専用。
目次[非表示]

データ

初出第5世代
効果自身の体力が半分以下の時、ターン終了時にダルマモードに変化する
戦闘中に何らかの影響で体力が半分以上になった場合ダルマモードが解除される


特性発動後の種族値とタイプの変化

HP攻撃防御特攻特防素早さ合計タイプ
ヒヒダルマ10514055305595480ほのお
ダルマモード1053010514010555540ほのお/エスパー
ガラルヒヒダルマ10514055305595480こおり
ダルマモード(ガラル)105160553055135540こおり/ほのお


概要

第5世代(『ポケモンBW』)から登場している特性。
現在ヒヒダルマおよびガラルヒヒダルマの2種(両方をヒヒダルマという1種族としてカウントするなら1種)が隠れ特性でのみ所有している。

体力が半分を切った時、ダルマモードと呼ばれる別形態に変化する(つまりこの特性名は姿の名前でもある)。それだけでなくタイプが1つ追加され、更には種族値も変化する。


原種はエスパータイプが付与され、しかもとくこうが急上昇し140にまでなる。更に耐久もかなり上がる。反面すばやさは落ちてしまう。
消耗や餌の不足により休眠に入った瞑想形態であり、アクティブな普段と異なり少ししか動かない。

ガラルのすがたでは退化したはずの炎袋が復活してほのおタイプが付与され、元から高いこうげきとすばやさが更に伸びる。
原種とは真逆の、激昂した事による暴走形態であり、足が無くなったにも関わらず大きく飛び跳ねて動き回る。



だがこの特性、正直かなり癖がある。

まず能力の大幅変化
原種は分かりやすい速攻物理型から耐久特殊型へと変更される。このためモードチェンジ前と後とで別の戦い方をしなければいけないが、努力値や技スペースの関係でどちらかしか許して貰えないことが殆ど。
逆にガラルのすがたの方は、元の戦法が純粋に強化されるためあまり支障は出ない。

次に特性の発動がターン終了時であること。
体力が半分以下になっても変化するのは「ターン終了時」なので、この時付与されるはずのタイプの技を選んでも威力は上がらない。原種であれば特殊技を選んでも無意味。
無論半分を切らずに倒されてしまうことも十分考えられる。

最後は体力が半分以上になると元に戻ってしまうこと。
原種の場合せっかく耐久が上がっても耐えられる攻撃など高が知れている。それでいて体力を回復させると元のフォルムに戻るのでかなり使い辛い。
ガラルのすがたは耐久が一切変わらないので、わざわざ元の姿に戻る事はまずデメリットにしかならない。


…と、ここまで見てきて分かるとおり原種では非常に使い辛く、ガラルのすがたが加わるまでは外れ特性筆頭の1つと見られていた。
だがガラルのすがたは通常特性「ごりむちゅう」がこれまたかなり癖のある特性であるため、柔軟な戦い方を求めるのであれば必然的に「ダルマモード」の個体が採用される。
苦節9年、漸く日の目を見ることができたわけだが……原種のテコ入れは果たして今後行われるのだろうか。

原種側ダルマモードの「変化前が柔らかくて速く、変化後は硬くて遅い」は、ポケモンの生態や生存本能としては合っているのかもしれないが、対戦での性能としてはミスマッチなところが何とも皮肉なところである。
これとは真逆の「変化前は生存するために硬くて遅く、変化後は生存の危機に瀕しているほどに柔らかくて速い」のが、「リミットシールド」の特性を持つメテノである。

関連イラスト

不倒翁?



関連タグ

ポケモン ヒヒダルマ ガラルヒヒダルマ 特性 フォルムチェンジ 

他のFC用特性
マルチタイプ てんきや バトルスイッチ ぎょぐん ARシステム リミットシールド きずなへんげ スワームチェンジ

達磨 瞑想 雪だるま

関連記事

親記事

隠れ特性 かくれとくせい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ダルマモード」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 62605

コメント