ピクシブ百科事典

目次[非表示]

※普通の用法はボディプレスを参照。

データ

初出第8世代
タイプかくとう
威力80
命中率100
PP10
分類物理
直接攻撃
範囲単体
効果自分の「攻撃」ではなく「防御」を参照して威力が決まる
英語名Body Press


概要

使用するポケモンの「こうげき」の能力値・ランク補正の代わりに、「ぼうぎょ」を参照して攻撃する変わった技。防御は最大の攻撃也。
自力習得者はなんとDLC冠の雪原で遅れて登場したレジギガスのみとなるが、わざレコード99によって多くのポケモンが習得可能。
使用者はダイオウドウマンムーなど巨体、鈍重なポケモンに加えて、元ネタの格闘技からか小柄なルチャブルなども習得できる。
また、大きな体を使うことから、進化後に習得可能になるポケモンが多い。

防御の能力値とランク上昇を参照することもあり、防御が攻撃よりも高いポケモンに覚えさせると効果的。というか、かなりのポケモンがこの技によって救済された

他の物理かくとうタイプのわざレコードには高威力の「ばかぢから」や「インファイト」も存在するので、どちらも習得不可能なポケモンのサブウェポンか、防御を下げたくない物理受けのポケモンの攻撃手段として使うことになるか。

てっぺき」等の積み技と合わせて使えば、耐久力と攻撃力を同時に2段階アップさせることもできる。特性じきゅうりょくを持つバンバドロも似た芸当ができる。

B184のクレベースに載せれば超火力に、A45-B110のイオルブに載せれば対いわ・あくの物理サブウェポンに。「コットンガードバイウールーや「ほおばるヨクバリスならば攻防共々3段階上昇させてから撃つこともできる。
地味なところではナットレイが同族を突破する手段としても使える。
一方でバランス調整の為か、BD230でA10のツボツボ、かくとうタイプかつB種族値145の上「ふくつのたて」でより防御が上がるザマゼンタは覚えることができない(そもそもツボツボは見た目的に覚えそうになさそうだが…)。

欠点としては、かくとう技ということもあって新600族のドラパルトやダイマックスで猛威を振るうミミッキュ等のゴーストタイプの多い環境では撃ちにくい。
また、この技を活かせるほど防御が攻撃よりも高いポケモンは特殊耐久や素早さに乏しいことも少なくなく、特殊耐久をおぎなうためにHPを底上げするダイマックス中にはそもそもこの技が使えなくなる。
ダイマックス中にこの技が変化する「ダイナックル」は普通に自分の攻撃を参照する物理技になってしまう上、追加効果である攻撃の上昇もこの技に直接的な恩恵はない。
習得幅とその特性から様々な用途が考えられるが、普通の物理サブウェポンとして使うには様々な考慮が必要。
防御が上昇する「ダイスチル」等と組み合わせれば強いだろうか。

最も高い威力を出るのは威力はB種族値125にタイプ一致補正まで乗るジャラランガ。2位はB種族値211ツンデツンデとなる。

ちなみにこの「ボディプレス」、防御力の参照は能力値とランク補正に限られるらしく、
おにび」でやけどになればダメージが減るし、「しんかのきせき」ではなく「こだわりハチマキ」を持たせないと火力が増えない。これは「イカサマ」と似た性質である。

なお、一見して防御が下がらないことを活用できそうな「スロースタート」発動中のレジギガスが使用した場合でも、特性による下降補正が入る。まさに、レジワロス…。

関連タグ

ポケモン わざ ポケモン技絵 ポケモン技一覧 
かくとうタイプ
イカサマ……自分ではなく相手の攻撃を参照して繰り出す物理技。
サイコショックサイコブレイクしんぴのつるぎ…相手の特防ではなく防御を参照して繰り出す特殊技

関連記事

親記事

物理技 ぶつりわざ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ボディプレス(ポケモン)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 140

コメント