ピクシブ百科事典

古代魚

こだいぎょ

生きた化石 (画像の魚は、ポリプテルス・エンドリケリー)
目次[非表示]

概要

化石として発見されているにも関わらず、それが今現在も生きている種類の魚のことを呼ぶ。
「生きた化石」といわれていることもあり、その姿はちょっと変わった姿をしている時もある。
その種類は様々。

【古代魚の特徴】
「大半が淡水魚」
「肺を持つ系統が多い」
「外鰓を持つ系統がある・肺魚/ポリプテルス」
「硬鱗(ガノイン鱗)を持つものがある・ポリプテルス/アミメウナギ/アミア・カルヴァ/チョウザメ」
「鰓外線維を持つものがある」内鰓から糸状に伸び体外へと展開する酸素・栄養吸収の為の器官。硬骨魚では、チョウザメ/ヘテロティス/ジムナーカスでのみ確認されている。

◆条鰭綱・オステオグロッスム目=アロワナ目
アロワナ ピラルク ナイルアロワナヘテロティス バタフライフィッシュパントドン
ナイフフィッシュナギナタナマズ モルミルス ジムナーカス

◆硬鱗魚類。条鰭綱に属する古代魚の中で、硬鱗を持つ魚類の総称。
ポリプテルス アミメウナギ ガーパイク アミア・カルヴァ チョウザメ

◆肉鰭綱。四肢動物を除いた側系統群。
肺魚 シーラカンス

以上、比較的有名な種類のみを記述。

関連画像

アロワナ04


ピラルク


みっちり


レトピン


プロトプテルス


シーラカンス



関連タグ

 化石

pixivに投稿された作品 pixivで「古代魚」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 259203

コメント