ピクシブ百科事典

モルミルス

もるみるす

モルミルスとは、アロワナ目モルミルス科に属する古代魚の1つ。
目次[非表示]

概要

18属200種を擁する古代魚中最大のグループを形成する淡水魚
独特な容姿からエレファントノーズとも呼ばれる(実際には口、又は顎が伸びているので、例えるなら猪木とかカイジ、あるいはストローの方が近い)が、この特徴を持たない仲間もいるので適切でないといえる。
大きさは9〜50cmと種次第で様々だが、多くは20cm前後。

デンキウナギのように武器になる程程強力ではないが、微弱な電気を発して濁った水中の様子を把握する事ができ、電気を受容する為小脳は大きく発達している。物体に当たって跳ね返ってきた電気の刺激は、小脳で電気イメージとして変換され、周りの様子を知る事ができる。

主に肉食性で、環形動物を中心に泥の中にいる無脊椎動物を摂食。
多くの種類に見られる突出した吻は、泥の中をかき回して小型生物を見つけるためともいわれる。

日本ではペットとして飼育されることもあり、万人ウケではないものの、根強いファンのいる種類となっている。

別名・表記揺れ

エレファントノーズ(長い吻を持つ仲間)
ホエール(長い吻を持たない仲間)


関連タグ

古代魚
淡水魚
熱帯魚

関連記事

親記事

骨咽類 こついんるい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「モルミルス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 67

コメント