ピクシブ百科事典

チョウザメ

ちょうざめ

硬骨魚類の中でも最も原始的な1グループ。漢字表記は「蝶鮫」。

硬骨魚綱チョウザメ目チョウザメ科に属する魚。
外見がに似る為この名があるが、鮫とは全く分類が異なる魚である。
日本では古く「龍魚」と呼ばれた。

ヨーロッパアジア北アメリカのそれぞれ北部に分布。狭義には、単にチョウザメと表記した場合その内の1種Acipenser medirostrisサハリンに分布)を指す。

吻が突出する北アメリカ産のヘラチョウザメ、恐竜と共に絶滅してしまった古代種のペイピャオステウス類、全長6~7.2m、非公式も含めれば8.6mにも及ぶ世界最大の淡水魚であり、ドナウ川カスピ海などに分布する/していた、ロシア産の巨大種のオオチョウザメ/ベルーガなどがある。

北海道に土着の2種は絶滅した。つまり、日本のチョウザメは絶滅している。時には放浪個体が現れることもある。
再発見されたクニマスを除き、日本の河川に分布した絶滅魚類はチョウザメ2種のほかにミナミトミヨとスワモロコがいるらしい。

淡水産、若しくは遡河性(産卵の為に河を遡上するが普段は海で暮らす魚)。体には菱(ひし)形をした板状の硬鱗(こうりん。『ガノイン鱗』とも)が縦に五列並び、体はほぼ円筒形で吻(ふん)が突出する。体は灰青色から褐色で腹部は白い。

脂肪分に富み癖がきついものの、調理法によっては美味。
塩漬けキャビアと呼ばれ、世界三大珍味のひとつに数えられる。

キサキサ(ぞうざめの参考資料まとめ)

pixivに投稿された作品 pixivで「チョウザメ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14768

コメント