ピクシブ百科事典

クニマス

くにます

学名Oncorhynchus nerka kawamurae、別名キノシリマス、英語名Black Kokanee。サケ目サケ科タイヘイヨウザケ属の淡水魚。秋田県の田沢湖に生息していた固有種であったが、田沢湖の環境変化により絶滅した。…とされていたが…
目次[非表示]

クニマスとは、日本の淡水魚である。サケ目サケ科タイヘイヨウザケ属。

概要

学名Oncorhynchus nerka kawamurae、別名キノシリマス、英語名Black Kokanee。ヒメマスと同じくベニザケの陸封種であると考えられているが異論もある。大きさは30cm程度、全体的に色は黒っぽい。水底を好み、泳ぐ速度はさほど早くない。
戦前、秋田県田沢湖に生息していた固有種の一つであり、他の生息地は確認されていなかった。

絶滅

戦時中であった1940年代、電力供給を賄うためにこの田沢湖の湖水を使用した水力発電所が建設。湖水を賄うために玉川の水が引き入れられたが、この水は玉川毒水とすら呼ばれる強酸性であり、このため田沢湖の環境が激変。生息していた魚類のほとんどが死滅する事態となった。
現在であれば、このような暴挙は重大な環境破壊として大問題になるところであるが、当時の日本は第二次世界大戦に伴う戦時体制の真っ只中であり、些末事として切り捨てられるに等しい扱いであった。

後年、絶滅が危惧されている生物に対する保護活動の機運が高まり、既に絶滅と目されていたクニマスは、標本からDNAを抽出してクローンを作成することも検討されたが、液浸標本はホルマリンによってDNAが破壊されていることが判明し頓挫。環境庁レッドリストでは絶滅種扱いとなっていた。
なお、液浸標本のうち、秋田県立博物館などに保管されているものは「人為的に絶滅させられた淡水魚」の例として国の登録記念物指定を受けた。

再発見

転機は2010年に訪れる。京都大学の中坊教授がさかなクンにクニマスのイラストを依頼したのが発端であった。
この依頼を受け、参考資料としてさかなクンは全国から類似種であるヒメマスの個体を募集した。
ところが、その中の一つ、富士五湖西湖から送られた個体の中に、ヒメマスとは異なる個体が混じっていることが判明。解剖やDNA検査による詳細な調査を経て、これがクニマスそのものであることが判明した。
実は、西湖には1935年にクニマスの卵10万粒が放流される移植実験が行われており、これが繁殖、土着化していたものと考えられている。
この事実は「絶滅したはずの魚が生きていた」として大きなニュースとなり、国内外の生物学者、とりわけ魚類学者に驚きを以って迎えられた。中でも、自らも生物学者でもあらせられる今上天皇は、この年の天皇誕生日の記者会見において、再発見のニュースとそれに関わった関係者を名指しで賞賛なされている。
なお、西湖は遊漁用にヒメマスの放流が行われており、ヒメマス釣りの人気スポットであるが、以前から10匹に1匹程度の頻度で「色の違うヒメマス」が釣れていた、とする証言もある(もっともこれについては、ヒメマスも産卵期に黒く変色するため、ヒメマスであった可能性もある)。

現在

2012年現在、生息地であると考えられている西湖の北岸10,000平方メートルは自主禁猟区に設定、同時にさらなる移植と繁殖が可能であるかどうか検討が行われている。
一連の調査が行われるうちに、水中撮影により実際に水中に生息している姿や産卵行動を取る姿が確認されたり、人工授精によるものではあるが稚魚の誕生にも成功するなど、絶滅したと思われていたがためにほとんど判明していたなかったその生態も徐々に明らかになりつつある。
ちなみに、水中撮影ではカメラを恐れる様子が全くなかったとのことであり、天敵がおらず、環境が田沢湖に近いという西湖の環境がクニマスの土着化を招いたものと考えられている。
また、田沢湖の環境を改善して将来的に田沢湖へ「里帰り」移植するための取り組みが始まっている。しかしながら、田沢湖は戦後70年を経た現在も大規模な中和処理を継続的に行う必要があるなど、今なお高い強酸性を保っており、クニマスが生息できるようになるためにはなお長い時間が必要であると考えられており、秋田県内の他の湖沼などでもクニマスを養殖できないか、山梨県側との検討を行っている。

クニマスは、環境庁レッドリストでは詳しい生息状況が不明であることから、再発見後も「絶滅」扱いのままとなっていたが、2013年2月1日付け発表の最新レッドリストにおいて「野生絶滅」扱いに切り替えられた(西湖で生息しているのは野生ではないのかと言われそうであるが、本来の生息域から移動させられた状態で生息しているという扱いである)。魚類において絶滅扱いから回復された例は日本ではこれまで存在しなかったとされる。

利用

ヒメマス同様に食用に供されていたとのことであるが、かつての秋田県ではもっぱら領主や藩主などへの献上用として、高級魚としての扱いを受けていた。大正時代にはクニマス一尾が一升の交換レートで扱われていたといい、また昭和天皇に献上されたこともあるという。
その価格から一般人が口にすることはほとんどなく、婚礼時の祝い料理としてや、病人の滋養強壮、妊婦の肥立ちなどといった特別な時にしか供されなかったと言われている。

現在は上記の通り自主禁漁の処置を受けているが、再発見として公的に報じられる前に「色の違うヒメマス」を釣り上げた経験のある釣り人の証言によれば、伝承の通り焼き魚にしてもフライにしても美味であったという(黒変したヒメマスは味が落ちるとされている)。

pixivにおいて

本記事のメイン画像もそうであるが、釣りを題材とした漫画の代表格である「釣りキチ三平」と絡めたイラストレーションが見られる。特に同作は「平成版」の中でこのクニマスを題材として扱った回があり(「地底湖のキノシリマス」)、奇しくも再発見に至った経緯が本作で描かれた経緯と酷似していたことから話題を呼んだ。

関連項目

  淡水魚

pixivに投稿された作品 pixivで「クニマス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2303

コメント