ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ベニザケ

べにざけ

ベニザケとは、サケ目サケ科に属するサケの一種である(メイン画像下の赤いサケ)。

概要編集

別名カパッチェポ。

サケ目サケ科に属するサケの一種で、体長は約80cm。陸封型を「ヒメマス」と呼ぶ。

北海道/ロシアワシントン州の海と川に分布。


紅鮭」という名前の通り、川を上る頃には紅色の婚姻色が表れ、カラフトマスのように背中が盛り上がる独特な体型に変化する。

一方海で生活している若い個体は、多くのサケ科同様に全体が銀白色で、特に腹は白っぽい。しかし身の色は見事な紅色で、他のサケ科に比べてもその紅さは随一(元々サケの色はエサとして食べるエビやカニなどの色素が移ったもので、本来は白身)。

 

稚魚は約2年で川で過ごし、に全長15㎝程でに海を下る。2~3年後のに母川に戻り、産卵をして一生を終える。



小説家になろうで連載されている『勇者の肋骨』(参考)では、紅鮭師匠という名前のキャラクターが半レギュラーとして登場している。


関連タグ編集

サケ目 サケ科

ベニザケ怪人

関連記事

親記事

サケ亜科 さけあか

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 474

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました