ピクシブ百科事典

ベニザケ怪人

べにざけかいじん

ベニザケ怪人とは、仮面ライダーBLACKに登場するゴルゴム怪人の名称である。

概要

仮面ライダーBLACK』第33話「父と子の愛の河」に登場するという珍しいモチーフのゴルゴム怪人
長い年月を海の底を磨いて来た強豪怪人で、バミューダ海域の魔の三角海域(バミューダトライアングル)地帯で遭難していたのも彼の仕業であるらしく、その力と能力を買われ、三神官の命によりを逆流させる事で生態系を破壊し人類を滅亡させる事を使命を帯び、美鈴川の水を逆流させていた。


主な能力としては両腕から黄色い光波を発生させ川の水を逆流させることができる。
これを応用すれば船を遭難させる事は勿論、汚染させた下流の水を川に流し込んで付近の生態系を破壊することも可能。
また、から赤色の強力な粘液を吐き出して敵を攻撃して身動きを取れなくする事が出来るほか、ヒレを使った打撃攻撃や噛みつき攻撃でに襲いかかる戦法を得意としている。

事件と自身を目撃した広瀬トオルと共に調査していた南光太郎こと仮面ライダーBLACKに襲いかかるが、激闘の末に最後は『ライダーパンチ』と『ライダーキック』の連続攻撃を受け爆散、消滅した。

関連項目

ゴルゴム怪人 ゴルゴム  仮面ライダーBLACK サモーン・シャケキスタンチン
金尾哲夫:トオルの父親役で顔出し出演

関連記事

親記事

ゴルゴム怪人 ごるごむかいじん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ベニザケ怪人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 189

コメント