ピクシブ百科事典

サモーン・シャケキスタンチン

さもーんしゃけきすたんちん

『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』に登場する、ギャングラー怪人の一人。
目次[非表示]

「我が名はサモーン・シャケキスタンチン! 今年のクリスマスはシャケ一色に染めてやる! ノーモアチキン!! チキンの代わりにシャケを食べろ~!!」

「殴り込みだ! 突然押し入っておいて何だが、クリスマスにローストチキンを売るな~ッ!! ノーチキン! ノーチキン! 代わりにシャケを置いてくぜ。はい、逃げろ!」

CV:津久井教生/スーツアクター:蔦宗正人

データ

身長/193cm(巨大金庫身長/48.3m)
体重/218kg(巨大金庫体重/545.0t)
犯罪歴/シャケハラスメント
犯罪技/切り身配り、シャケ料理フルコース攻撃
ルパンコレクション/「飢えた獣のように~Une faim de loup~」

概要

クリスマスにローストチキンでは無く、シャケを食べる事を強要するギャングラー怪人
シャケに似た姿で、大量のイクラが体から飛び出ててしまい、体が真っ二つに裂け骨格が丸見えになったかの様で、両腕と両足は鮭の切り身になっている等、不気味だが食欲がそそられる容姿を持つ。「シャーケッケッ」という笑い方をする。

とにかくシャケが大好物で、どこからか取り出したシャケをあっと言う間に切り身へ捌いて、他人へ配布する犯罪技『切り身配り』を持つ。その切り身自体は毒もなく普通に美味なので、それだけなら唐突なれども無害なのだが、シャケが好き過ぎる余り他人の都合を無視して、シャケを押し付ける迷惑行為(通称:シャケハラスメント)を平気で行う非常識を働く。

犯罪技「切り身配り」


しかも、活動時期がクリスマスだったので、この時期定番のローストチキンに変な対抗心を燃やしてハラスメントが加速。焼き鮭を通行人の口に放り込むのに始まり、鶏肉店やローストチキン店に押し入ってチキンを強奪後、商品棚へシャケを並ばせ、街頭放送をジャックして「チキンを食うな!」とアピールする等、訳の分からない妨害活動をして街に混乱を招いた(なお、シャケをよく見ると鶏肉店には生のシャケを、ローストチキン店には焼きシャケを置いてっている)。

もっとも、チキンを強奪する代わりにチキンの代用として、販売する為のシャケを置いていくので、血も涙もない略奪と言う訳ではないが、その切り身は1パック50円の激安価格となっており、消費者側としてならともかく、クリスマスにチキンの需要が増し、書き入れ時な店にとっては経済的損失も与える、やっぱり迷惑行為なのである。

また、ウルフヘッドのルパンコレクション「飢えた獣のように~Une faim de loup~」の力により嗅覚が鋭くなっており、これで町中のチキンの匂いを嗅ぎ付けて妨害を行っていた。妨害を受けた店が再度チキンを出そうとすると、再び妨害に現れたのはこの為である。
ルパンコレクションを納める金庫は腹部にあり、暗証番号は「419」。

戦闘では敵を絡め取るワイヤーを射出する釣竿武器『ツリツリケン』を使う他、鮭料理のイメージに合わせて、敵を一方的に叩きのめして料理するもう1つの犯罪技『シャケ料理フルコース攻撃』で戦う。
更に、尾びれが持ち手になったシャケを模した武器『新巻ブレイド』ポーダマンに武装させる事も出来る。因みに新巻ブレイドは生きたシャケで出来ているようで、ポーダマンが倒されて空中に散乱した際は、ピチピチ動いていた。尚、ルパンコレクションで強化されているのは嗅覚だけである為、この戦闘能力は自前であり、コミカルさに隠れがちだが、物語終盤の敵怪人と言う事もあり相応の実力を持つ(そもそも上記の『シャケ料理フルコース攻撃』も注視すると、対象を中心とした広域攻撃とも言えるもので、後述の通り発動すれば回避がほぼ不可能な犯罪技である)。

全体的に言動はコミカルかつフリーダムで、無意味な独り言も多い。
しかし、シャケ好きな自身の価値観を絶対視しており、周りの反論や嘆願等へ耳を傾けず、平気で妨害を続ける悪質な身勝手さも併せ持つ。一方で、凶悪なギャングラーにしては珍しく、荒っぽい言動こそ多いものの破壊活動を初めとする、殺傷行為には手を染めておらず(化けの皮の使用もしていない)、店の妨害に際しても「突然押し入っておいてなんだが」と前置きしたり、値段はともかく奪ったチキンの代わりに、代替品のシャケを店に合わせて相応数用意しておく等、妙に律儀な一面もある。

活躍

年に1度のクリスマスに人間界に出現したサモーンは、街中でフライドチキンや焼き鳥を食べている人々を襲い、ポーダマン達に人間達からそれらを取り上げさせて、犯罪技で焼き鮭を口に放り込んでいた所、魁利と共にクリスマスパーティー用の買い出しに来ていた咲也が通り掛かり、咲也はパトレン2号にチェンジして戦闘開始。サモーンはツリツリケンで2号の動きを封じ込め、

2号「なんで人々のチキンを奪うんだ⁉︎」
サモーン「クリスマスにチキンを食べるなんて許せない! 日本人ならシャケを食え!」
2号「はあ!? クリスマスは…クリスマスはチキンに決まってるだろ!」
サモーン「誰が決めた⁉︎」

と2号と押し問答になるも己の主張を頑として曲げず、剣での真っ向勝負で何と2号に勝利。
「やったー! 俺の方が強かった! ほら強かった!」とポーダマン達と歓喜しつつ「悪いがこれ以上警察に構っている時間は無い。イクラがこぼれちゃう前にさらばだぁ〜! 切断!」と2号に向かって言い放つと爆発を起こして退却。更に調子づいて街頭テレビをジャックし、

サモーン「アスタキサンチン!! 俺の名前はサモーン・シャケキスタンチン! お前達は何故、クリスマスにチキンを食べるんだ?」
咲也「はぁ? 美味しいからだっ!!」
サモーン「あぁ〜ら、気に食わん!!。クリスマスにはシャケを食え! 分かったか!? チキンを食べようとする奴には……全力で嫌がらせをするからなぁ!! シャ〜ケッケッケッ!! 繰り返すぞ! サモーン・シャケキスタンチン……」

と、外壁やモニターにヒビが入る程の威圧感で、チキンを食べようとしたら妨害行動を働くと宣言し、市民や販売業者を脅迫した。

#14・15で仲良くなった幼稚園児・颯太と、「クリスマスパーティーの為にチキンを用意する」と約束していた咲也は、サモーンの放送を聞いては焦って街中を駆けずり回るが、サモーンの行動は素早く、商店街の鶏肉店に殴り込むやそこからチキンを全て取り上げ、代わりに大量の鮭の切り身を置いて売るように強要し、どこもかしこもチキンの代わりに激安なシャケを販売させられていた(肉と魚の衛生基準が違うので、嫌がらせどころではないが、辛うじて生のシャケにはパック包装されている)。

しかし どこの店もサモーンが一度去った後に、ばれないだろうと思ってこっそりチキンを並べようとすると、「コラー! 売るなと言っただろう! 人の話を聞け! モラルだ!!」と、何故か再びサモーンがやってきて暴れるのだと言う。異様に察しが良すぎる手際を怪しむ魁利と咲也。その話を聞いたノエルは、サモーンがルパンコレクションの力で嗅覚を極限まで高めて、チキンの匂いを察知していると推理。
それならばと咲也はノエルに頼んで、その嗅覚の範囲外であるフランスからチキンを取り寄せる事で(ちなみにその前にも「フランスに馴染みの店があるから」とブッシュ・ド・ノエルの為だけに、エックストレインで往復している)、何とかパーティー用のチキンを確保した。しかし、サモーンを野放しにしたままでは、子供達を危険に晒す可能性があるので一計を案じ、透真に頼んで広場でチキンを焼いてもらっていると、

「うわぁ~!! 匂う匂う! シャケシャケシャケ〜! 着地…失敗。でも、めげないでゴー! チキンを食べようとしているのは誰だ~!!」

狙い通りにチキンの匂いに誘われて、サモーンが駆けつけてきた。
待ち受けていた咲也とノエルはサモーンにキックを浴びせ、警察チェンジして迎撃。サモーンはツリツリケン片手に応戦しながら、「緑のスーツが似合うアナタのラッキーシャケはこれ! ドゥルルルル…シャケチャーハン!」と叫んで、2号に向かってもう1つの犯罪技を発動。

パトレン2号チャーハン


すると2号はシャケチャーハンの作り方のイメージで、ステキに炒められて大ダメージを受けてしまう。続くパトレンエックスにもサモーンは「そこの金ピカのあなた。あなたのラッキーシャケはこれさ! ドゥルルルル…氷頭なます!」と再度犯罪技を発動。今度は氷頭なますの要領で大量の塩のしょっぱさと、酢の酸っぱさまみれにされたエックスもダウン。2人をシャケ料理で痛めつけて追い込んだサモーンは、「シャーケッケッ! 美味しいだろぉ?」とシャケの美味しさをその身に刻み込もうとする。
しかし、シャケが美味しい事は分かっているが、チキンを待っている子供達や、ナリズマ・シボンズの事で気落ちしている圭一郎つかさの為にここまで頑張って来た2号、そして「ジョワイユ・ノエル」「ブッシュ・ド・ノエル」等、自身の名前に縁のあるクリスマスを良いものにしたいエックスは立ち上がり、

2号「確かに、シャケは素晴らしい食材だと思う…」
エックス「僕も、サーモンは大好物の部類に入るよ。だけど…!」
2人「「クリスマスには、チキンでしょうが!!」」

「やっぱりクリスマスにはチキンが定番だ」と言い放って、サモーンの自論を突っぱねた2人は銃撃で反撃し、サモーンはそれを食らって転倒。更にすぐ近くに待機していた快盗姿の魁利達に取り押さえられて、あっさりコレクションを盗られてしまう。
至近距離でルパンレンジャーの変身と名乗りを見せてもらい、「特等席シャケ!」と喜ぶも、我に返って「シャケシャケ〜! どいつもこいつも!」と暴れるが、もはや多勢に無勢。ルパンレッドルパンマグナムの連射でイクラをこぼしながら追い詰められ、最後は2号&エックスのスーパースペリオルストライクと、スーパールパンレッドにパワーアップしたレッドと2人の銃撃を同時に食らい、「アスタキサンチーン!色素物質!」と叫んで敗北。

その金庫を、落としたツリツリケンで釣り上げたゴーシュによって巨大金庫を施され、「サモーン!! カムバック!!」と叫びながら巨大化復活。
ルパンレンジャーはサイレンルパンカイザーエックスエンペラースラッシュを出現させるが形勢不利と見てか、そこで待ったをかけたサモーンは「ゴーシュさん。助太刀お願いしますシャケ〜…」と彼女に頼み込んで、ポーダマンを巨大化させてもらい、新巻ブレイドを支給して戦わせる。
更に必殺スモークサーモン返し超必殺ちゃんちゃん焼きフラッシュで、巨大ロボ内部のルパンレンジャー達をスモーク・蒸し焼きにしようとするも、レッドが変形させてブルー、イエローダイヤルファイターを装備したルパンマグナムスペリオルの反撃を食らい、ポーダマン達も撃破されてしまう。
そして、ルパンマグナムスペリオルの攻撃を受けて、まだ回転していたサモーンは、ビクトリールパンカイザーの繰り出すクリスマスの幻を見て喜び、トナカイに扮したエックスエンペラーガンナー&ルパンマグナムスペリオルと、サンタに扮したビクトリールパンカイザーに見惚れている隙に、ルパンレッドに「クリスマスを大混乱に陥れた罪は重い」と断罪され、『グッドストライカーサンタサンダープレゼント』が直撃。「うわーっ!シャケはカムバックできない!」との叫びを残して爆死した。

かくして街にチキンが戻り、クリスマスパーティーも無事行われた。
しかし、シャケと言う食材そのものには何の罪もないので、透真はシャケのフルコース料理を作り上げ、大喜びする幼稚園児達の胃袋に収まった。結果的に「クリスマスにシャケを食べさせる」と言うサモーンの本懐は(一応)達成され、これでサモーンも少しは浮かばれたかもしれない。

そんなクリスマスパーティーを他所に、1年前に発生した大量失踪事件の洗い直しに専念していた圭一郎は、失踪者リストの中にある人物の名前を発見した事から「ある疑惑」を抱く事となる…。

余談

名前の由来は「サーモン」のアナグラムと「シャケ」、そしてシャケの赤い身を構成する色素「アスタキサンチン」を掛け合わせた物。
ギャングラー共通の骨の意匠は頭部のシャケの骨格。
金庫の暗証番号は「シャケ」の語呂合わせと思われる。

シャケがモチーフの戦隊怪人はこのサモーンが初。
そもそも他作品・他シリーズに目を向けてもシャケモチーフの怪人は珍しいもので、明確にモチーフとされているのはベニザケ怪人(『仮面ライダーBLACK』)ぐらいしか確認されていない。またシャケそのものではなく要素を盛り込んだ怪獣として、ウルトラシリーズではムルチレギュラン星人等が存在する。
パロディ作品では、仮面ノリダーにて荒巻ジャケ男が登場した。

デザイン担当の久正人氏曰く、「美味しそうなモチーフで怪獣のようにデザインする」とのコンセプトの下、サーモンの三枚下ろしをキングギドラよろしく、3つ首に見えるようにデザインし、両側のシャケを銀色で塗り、中からイクラがこぼれているのが肝なデザインにしたという。

今回も「不審なエビフライ」の回や「なぜか飛んできたキツツキが激突!」の回と並ぶ強烈な印象を視聴者に残したようで、この日のTwitterのHOTワードには「シャケ」「鮭」「サモーン」「シャケざんまい」「ラッキーシャケ」「氷頭なます」と言った、関連語句が一時ずらりと並んだ。
ちなみに、この回の脚本家もこれまでに本作で、数々の迷エピソードを手掛けた大和屋暁であり、スーパー戦隊恒例のクリスマスコメディ回にふさわしく、やりたい放題やってくれた。そのせいか透真が咲也を「先輩」呼びしたりと、今回もいつぞやかの事を引っ張っている。

スーツはリューグ・タマテバッコの改造で、ナメーロ・バッチョの再改造。手足はシャケの切り身に見える様再アレンジされている。また改造元のリューグもリュウグウノツカイと言う、怪人モチーフにされる事が珍しい魚類がモチーフなのが共通している。
尚、そのデザインや釣竿を武器にする姿が『爆竜戦隊アバレンジャー』に登場したツリバカツオリーブに類似する他、声を担当した津久井氏は同作でヤツデンワニの声を演じていた。ちなみにこのヤツデンワニとサモーンとは、「はた迷惑だがどこか憎めない悪党であり、本来の立場を無視して好き勝手に行動している」と言う妙な共通点がある。

ルパンコレクションのモチーフは『百獣戦隊ガオレンジャー』のGブレスフォン。説明文は元ネタの使用者のキャッチフレーズ(閃烈(→鮮烈)の銀狼)が掛かっている。名前の由来はDuranDuranの楽曲「Hungry like the wolf」と思われる。
なおスーツの改造元であるリューグも同じガオレンジャーモチーフのコレクションを所有していた(説明文のヒントの法則性も同じ)。

ちなみに、クリスマスにチキンを食べるのは、ガチョウ七面鳥を簡単に用意できない(あと某チェーン店由来とも言われる)日本での風習であり、本家の方も宗教上の理由がとくにあるわけでもない為、ある意味でどちらの主張も正しいと言える。……あと数日待って大晦日や正月辺りに(地方によって異なる)年取り魚としてシャケを推した方が、あるいはまだ受け入れられたのかもしれないが……。
とは言えシャケもムニエルやシチュー等、クリスマス料理に何かと役立つ食材ではあり、実際にフランス等ではクリスマスに鮭が食べられる事が多いと、作中でもノエルがさらっと言及している。

演じた津久井氏は、前述のヤツデンワニを始め数多くのスーパー戦隊の怪人を演じており、2020年現在ではこのサモーンが最後に演じた戦隊怪人となっている。津久井氏は2019年10月に筋萎縮性側索硬化症を患った事を公表し、現在療養に徹している事から今後のシリーズへの出演は不透明ではあるものの、後述のCSでの特集企画でサモーンを再演した他、今もサモーンについて語ってくださっている

続・クリスマスにはシャケを食え

サモーンの活躍ぶりが功を成したかは定かでないが、「シャケを食え」と言うネタは視聴者にとても大きな影響を及ぼしたようで、Twitter上ではその後も『クリスマスにはシャケを食え』ならぬ『バレンタインにはシャケを食え』なるタグまでも作られたほど。
そして翌年以降のクリスマスにおいても、ニチアサ内外を問わずシャケがフィーチャーされる機会が散見されるようになった。

2019年

この年、イオングループのクリスマス商戦においてチキンよりシャケ(厳密にはサーモンだが)をメインにするマーケティングが実現。この推しっぷりを受けてツイッターでは「サモーンの野望が1年越しで叶った」「社の上層部に彼がいるのでは?」等と、ファンの間でも話題を呼ぶ格好となった(ちなみにイオンはそれ以前にも、土用の丑の日のウナギの代替品として、鮭ハラスのかば焼きを出していたりもするので、シャケとは多少の縁はあったようである)。またTwitter上においては「#メリクリサーモン」なるワードもトレンド入りする等、着実に「クリスマスにはシャケ」と言う図式が広まりつつある……のかも知れない。

現実社会がこんな調子なので、ニチアサではどうなのかと言えば……クリスマスシーズンに放送されたエピソード(『仮面ライダーゼロワン』第16話・『騎士竜戦隊リュウソウジャー』第39話、共に12月22日放送分)にてさりげないシャケ推しの演出が盛り込まれ、当日の放送終了後にはTwitterにて「サモーン」がトレンド入りする等、登場から丸1年が経過して尚も、インパクトが健在であるところを示す結果となった。以下はその具体例である。

  • 『ゼロワン』 - とある店に「鮭有ります」なる広告が掲示されていた他、「シャケも食べたい」と言うモブキャラの男児の台詞もあった。同話数を演出したのは、奇しくもサモーン回と同じ中澤祥次郎監督である。
  • リュウソウジャー』- 劇中に登場したクリスマスツリーに、シャケのクリスマスオーメント(クリスマスツリーの飾り付けに使うアレ)が飾られている。

2020年

CSテレ朝チャンネル1ではこの年、春休みやGWを中心に、スーパー戦隊のテーマ別傑作選が、度々特集・放送されていたのだが、年末に実施されたクリスマス回特集は何とスーパー戦隊クリスマス大鮭戦
タイトルからして、サモーンを意識したとしか思えないこの企画、タイトルどころかサモーン本人もナビゲーターとして起用され、津久井氏による新録のナレーションも流れる等、完全に企画の主役を担う格好となった
ちなみにクリスマス回ではないが、この企画の直前に放送された『魔進戦隊キラメイジャー』エピソード35(12月20日放送分)でも、ラストで射水為朝がシャケを一尾丸々抱えてると言う形で、さりげないながらも3年連続でシャケネタが盛り込まれている。

無論、現実社会においてもシャケ推しな流れは留まるところを知らず、クリスマス当日にはとうとう農林水産省が「#サーモンでクリス鱒」と言うハッシュタグで鮭と鱒を推奨し始めてしまった。官公庁までもがこんな調子な辺り、最早「クリスマスにはシャケ」のムーブメントはより一層世間に浸透しつつあると見るべき……なのだろう。

……改めて繰り返しておくが、現実社会における「クリスマスにはシャケ」のムーブメントと、サモーンの活躍との因果関係はハッキリしていない。ただ狙ったのか偶然かはともあれ、上述した事が事実なら世にも珍しい、社会(それも現実)に貢献したギャングラー怪人と言えるかもしれない。
そして、確実に言える事があるとすれば、サモーンの死後も未だ続くこのムーブメントは、ある意味では目的が達成されつつある事として、彼にとっては喜ばしい状況である、と言う事だろう。これからも行事の際には、サモーンが復活してサケハラをしてくれるに違いない。それはまるで、めでたい魚と言われるタイの様に。

関連項目

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー ギャングラー ギャングラー怪人
公式が病気 / 役所が病気 サーモン(シャケ)

ヂェンゾス20年前の作品にて津久井氏が演じた戦隊怪人で、奇しくもサモーンと同じく第45話に登場した。
ゴネーシ前作で津久井氏の演じた戦隊怪人。こちらは人々から魚(海の幸)を巻き上げていたが、カジキを模した戦隊イエローに水中で尻を刺された上、忍術を使う戦隊グリーンに翻弄された。

フィン・マックール:余談のようにバレンタインのお返しに鮭を渡してくれる英霊。ある意味一連の騒動の先駆者ともいうべき人物。

関連記事

親記事

ギャングラー怪人 ぎゃんぐらーかいじん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「サモーン・シャケキスタンチン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 143838

コメント