ピクシブ百科事典

ダンクルオステウス

だんくるおすてうす

古生代デボン紀に(4億1900万年前から3億5900万年前)に生息した板皮類の節頸目に分類される魚類である。ダンクレオステウスとも表記する。
目次[非表示]

名前の意味

属名は化石調査に当たったアメリカの古生物学者デービッド・ダンクルと、硬く頑丈な頭部の骨の装甲にちなんで「ダンクル博士の骨」を意味する。
日本では長らく科名呼称のみが図鑑に記載されていたため、ディニクチス(「恐ろしい魚」の意味)とも呼ばれていた。

特徴

全長は8~10メートルに達する。流線型の体型をしていたと考えられているが、巨大で頑丈な頭部のため速く泳ぐことはできなかったと思われる。
最大の特徴はその頭部である。それまでの魚と異なり動く下顎を発達させており、獲物を噛み砕くことができた。歯こそなかったが口には鋭利なプレート状の骨が二つあり、ハサミのような動きをした。近年の研究によると噛む力は、前方で4.4トン、奥で5.3トンに達したらしい。

生態

化石はアメリカ、ヨーロッパ、北アフリカで見つかっている。その強力な顎を武器に、デボン紀の海の食物連鎖の頂点に君臨していただろう。
その顎で獲物の外骨格や装甲を噛み砕いて殺すことができたが、歯がなかったので捕らえた獲物の肉片をそのまま丸呑みにしていた。そのため消化できずに獲物を吐き戻してしまうこともあったらしく、しばしばダンクルオステウスのものと思われる嘔吐物の化石も見つかっている。また、背びれに大きな棘を持った魚(棘魚類:絶滅した魚のグループ)を食べて、その棘が喉に刺さって死んでしまった化石も確認されている。

強靭な顎を持つダンクルオステウスは三葉虫ウミサソリ、「甲冑魚」の名で有名な「無顎類」の魚を衰退に追い込んでいったが、デボン紀末期にサメとの生存競争に敗れて絶滅することとなった。

関連タグ

古生物
すれちがいフィッシング - 幻の魚の1つとしてダンクルオステウスが登場する。

pixivに投稿された作品 pixivで「ダンクルオステウス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 79004

コメント