ピクシブ百科事典

シファクティヌス

しふぁくてぃぬす

白亜紀後期の北米大陸周辺の海域に生息していた硬骨魚類。

概要

イクチオクチス目イクチオクチス科の魚で、属名は「剣のような鱗」を意味する。現在のなどの「硬骨魚類」に近縁であった。しかし全長は最大で6メートルに達し、しゃくれた下顎には鋭い牙があり、その恐ろしい風貌から「ブルドッグフィッシュ」の異名で呼ばれることもある。
高速で泳ぐことができた上、下顎の関節が口を大きく開けるために特殊化していたため、自分より小型の魚や水面下を飛ぶ翼竜などを捕食していたと考えられている。しかし時に大きすぎる獲物を飲みこんだもののそのまま引っかかって窒息死してしまうこともあったらしく、全長2メートルの魚を飲み込んだまま死んだ全長5メートルの個体の化石が見つかっている。

関連タグ

古生物

pixivに投稿された作品 pixivで「シファクティヌス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 908

コメント