ピクシブ百科事典

三葉虫

さんようちゅう

古生代に生息した節足動物の一群。
目次[非表示]

概要

最古参の節足動物の1つ。
縦に走る二本の軸溝により、体が左中右の三葉に分かれているから三葉虫と呼ばれた。
体は頭部から始め、次は数節に分かれる胸部と板状の尾部からなる。1対の複眼(種や系統によっては持たない)と触角、裏面には鰓の付いた無数の脚を持つ。

約2億2500万年前のペルム紀後期「P-T境界」における地球史上最大の絶滅事件で絶滅したが、古生代の水中で広く分布し、当時までには最も繁栄した動物群であった。カンブリア紀前期の出現からペルム紀後期の絶滅までおよそ2億6900万年の生息時間は、恐竜哺乳類のよりも長い。1万7000種ほどが発見されており、三葉虫は最も大きな絶滅動物群の1つでもある。

アンモナイトと並んで化石の代表格として知名度が高い。一部のものは安価で売られており、入門用として最適である。

関連イベント

三葉虫 に関するイベントがありましたら、紹介してください。
ミネラルショー、その他
2016年主なミネラルショー・ミネラルフェアなどのイベント

モチーフになったキャラクター一覧(作品名五十音順)


関連タグ

動物 節足動物 バージェス動物群 化石 海洋生物
デボン紀 シルル紀 オルドビス紀 カンブリア紀
ディクラヌルス ナラオイア トリロバイト

あさりよしとお:三葉虫ギャグ漫画「細腕三畳紀」および三葉虫怪人が主人公のラノベ「俺の脚には鰓がある―悪の改造人間純情編 」のイラスト担当。

非関連タグ

宮水三葉:「みつはむし」ではない

pixivに投稿された作品 pixivで「三葉虫」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 49030

コメント