ピクシブ百科事典

古生代デボン紀に生息していた三葉虫
デボン紀の海は温暖な気候と大陸移動の影響で、生物の生息密度がカンブリア紀を上回っており、被捕食者の多くは身を守るための長い棘や、捕食者をどの方向からも見つけることができる巨大な眼を発達させたものが見られた。
ディクラヌルスもそうした理由で長い棘を発達させた三葉虫の一種である。
こうした異形の三葉虫の化石はマニアに非常に人気があり、丁寧にクリーンナップされた化石は市場で高額で取引される。

pixivに投稿された作品 pixivで「ディクラヌルス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 91

コメント