ピクシブ百科事典

猫猫

まおまお

猫猫(マオマオ)とは、『薬屋のひとりごと』の主人公である。
目次[非表示]

概要

CV:悠木碧(ドラマCD)
人買いに攫われて後宮で下女として働くことになった少女。17歳。
養父(血縁上は大叔父)の漢羅門と共に薬屋として花街で生きていた経験から薬や毒、病気などに対する豊富な知識を持つ。花街で育ったためか口はあんまり良くない(教育はしっかりしてるので取り繕うことぐらいはできるが)。
後宮に入ってからは、自身を売り飛ばした人売りの懐が潤う事を嫌って無能を演じていたが、その知識で玉葉妃の娘・鈴麗公主の命を救った事を切っ掛けに、彼女の侍女となり頭角を現すようになった。

野草・調合薬の薬効や毒蛇・毒虫・毒草・毒薬の毒効を、自分の体を使った人体実験で試すほどに好奇心と研究心が旺盛で、左腕にはその傷跡を隠す為の包帯が巻かれている(なおこれが原因で羅門は猫猫を知らないものから「娘に虐待する父親」という偏見を受けている)。その事もあって毒物に人一倍高い耐性を持ち、後宮ではもっぱら毒見役を務める事が多い。ただし蕎麦アレルギーなので蕎麦はダメ。

育ての親が宦官の医官だったということもあってか花街育ちではあるが字の読み書きができる。
しかし薬学はともかく、医学だけは頑なに教えてもらえなかった。

ちなみに、宮廷に入って、この猫猫の腕の傷痕が周囲に知られた際、『人身売買で売られて宮女に』『肥立ちの悪い痩身』『腕に一度や二度ではない度重なる傷痕』という点から、『親元でも虐待されて育ったのではないか』と周囲に誤解され、『万が一本当に毒が入っていたら死も覚悟せねばならない』危険な毒見役を拝命した事も手伝い、仕事仲間の宮女たちにも(誤解交じりの)同情から、あれこれ仕事の手助けやおやつのお裾分けなどの厚意を受けたりもしている。

……なお、猫猫にとっての『毒見役』は己の毒への耐性や危険性熟知もあって、怯えるどころか毒物から得られる刺激を楽しむレベルにまで達観している。むしろ『味見の数口程度とはいえ、やんごとなき方々に供される豪華宮廷料理を堂々と食べられる』と、役得にすら感じている有様である。

ややドライな所があるが人並みに正義感を持っている為、面倒事と思いつつ知識を生かして度々事件の解決に乗り出す。降りかかる厄介事は極力避けようとする性質であり、自身に対する陰口などは気にも留めない。一方で、独善的な理由で自身の仕える妃の容態が悪化する要因を作った侍女に対しては人目もはばからず激昂し、折檻も辞さないといった一面も見せた。この他にも理不尽なことや他人が傷つけられたりすると黙っていられず、何らかの行動を起こしていることが多い。
見方によっては猫猫自身が「自分はクールでドライな人間」と言い聞かせているようでもあり、本当は家族や友人を大切に想う気持ちを隠しているようにも見える(ある種のツンデレ)。例外的に、養父については表向きにも内心でも尊敬し大切に思っている。

本来はそこそこ整った容姿と顔立ちをしている(当人評価では『「豊満」とか「絶世の美女」とかとは縁遠い貧相なやせっぽち』)が、普段はトラブル(色恋沙汰の火種ややっかみなど)を避ける為に、あえてそばかすやシミを化粧で付ける事で醜女を演じている。

壬氏の事は悪く思っていないが、彼の粘着質な絡み方を苦手としているが故に、ぞんざいに扱う事が多い(もっとも彼にとってはそれすらご褒美になっているフシがあるが)。最近はアプローチのために自らの身まで惜しまなくなってきてた。
とある人物に関しては本気で嫌っているらしく、話題に出ただけでゾッとするような顔になる…最近は物凄くウザいくらいにはなってきたようだが。

普段の容姿

猫猫ちゃん描いてみた
無題


本来の容姿

薬屋のひとりごと 猫猫
妓女猫猫



関連タグ

薬屋のひとりごと 主人公 薬師 女官
壬氏
漢羅漢 鳳仙(薬屋のひとりごと)
白鈴(薬屋のひとりごと)・ 梅梅(薬屋のひとりごと) 女華
玉葉(薬屋のひとりごと)
壬猫

関連記事

親記事

薬屋のひとりごと くすりやのひとりごと

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「猫猫」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5187703

コメント