ピクシブ百科事典

女華

じょか

女華とは、ライトノベル「薬屋のひとりごと」に登場するキャラクター。
目次[非表示]

概要

 女華とは、ライトノベル「薬屋のひとりごと」に登場する妓女の一人。
 花街の高級妓楼:緑青館でも『一晩の酌で一年分の銀が飛ぶ』とされる売れっ子妓女「三姫」の一人。
 三姫でも最年少(二十代前半か?)。「女華の話についていけたら、科挙に受かる」とまで言われ験担ぎに受験生を連れてくる客が居るほどの才媛で、特に詩歌作りに優れている。
 他の三姫同様、幼少期の猫猫の育ての親。

容姿

 他の三姫と異なり釣り上がり気味の瞳で、いかにもクールな印象のスレンダーな美女。不機嫌そうで気難しい表情をしていることが多い(漫画版)。

性格など

 妓女のくせに大の男嫌いという、大変に難儀な性格。実母が男に騙されてできた娘らしく、男性不信の要素もある。恋愛否定派。
 また、セリフの端々から、官僚といった権威的なものも嫌っている節がある。「女華」という名前も自分で付けたもので、古代の神話の女神(女媧であろう)に、本来の国では皇族以外が使ってはいけない「華」の文字を敢えて使って名乗っている。人生苦労しているらしい女華なりに理由は述べてはいるが、とんでもない不敬である。よくこれで有名妓女で通るものだ…。
 概要の通り文芸に秀でた才媛だが、詩歌に関しては「文字だけでテロ行為ができる」程の能力がある。言葉遊びが好きなようで、腹立たしいことがあると詩を書き散らす癖まである。厄介なことに、女華の腹立ちまぎれの詩は美麗な文句に嫌味や悪口を忍ばせている。過去とんでもないトラブルになった経緯があるため、客に手紙を出す際にはやり手婆の検閲が入っている。
 ぱっと見で寡黙そうなクールビューティーだが、ストーリーが進み登場が増えるごとに、反骨精神の強い女傑というか、イキった不良娘というか、評価に困るアクの強いキャラクター(好きな人は多そうだが)。世が世なら女流作家として活躍できたであろう…が、文壇を騒がすキレッキレの作品を出しそうな予感しかしない。

 なお、恋愛観について猫猫に「あんたはどっちかというとあたし寄り」と述べている。

関連イラスト

募集中。

関連タグ

薬屋のひとりごと
白鈴(薬屋のひとりごと) 梅梅(薬屋のひとりごと) 女華

関連記事

親記事

薬屋のひとりごと くすりやのひとりごと

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「女華」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 236

コメント