ピクシブ百科事典

鳳仙花

ほうせんか

ツリフネソウ科ツリフネソウ属の一年草の花。
目次[非表示]

誘導


概要

学名は【Impatiens balsamina】。インパチェンスに関連する。
漢字名は真っ赤な花が鳳凰に似ていることから中国で名付けられた。
日本で呼ばれる名前『ホウセンカ』は、これを音読みしたもの。
海外では『Balsam』と呼ばれることが多い。

丈夫で育てやすい植物で、よほど日当たりや水はけが悪くない限りは問題なく育つ。
実が弾けて種を遠くに飛ばす特徴から、花言葉は『私に触れないで』というものがある。
また、ギリシャ神話にもこれに関連する説話がある。

ホウセンカの説話

あるオリンポスの宮殿で開かれた神々の宴の時に、神々への贈り物として用意された黄金の林檎が一つなくなっていた。その時、給仕をしていた一人の女神に盗みの疑いがかかり、本当は無実であったのに、オリンポスから追放されてしまう。女神は自分の疑いを晴らすために必死で犯人を捜したが、見つけることが出来ず、力尽きて哀れな最期を遂げる。
その悔しさから、自分の屍をホウセンカの花に変えたとされる。

少し触わっただけで弾けて中の種を飛ばすのは、「私は何も盗んでいない、無実である」と示しているという。

花言葉

私に触れないで、私を放っておいて、じれったさ、せっかち、解決を急ぐ
快活、心を開く、繊細、短気(impatience)、燃えるような愛(ardent love)

別名

爪紅:爪を赤くする遊びに使われたことから。
骨抜:種を砕いて飲むと喉に刺さった魚の骨が取れるという話があった。

関連タグ

 ホウセンカ

関連記事

親記事

はな

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「鳳仙花」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 630

コメント