ピクシブ百科事典

玉葉

ぎょくよう

平安時代末期から鎌倉時代初期の公卿、九条兼実が公私にわたって約40年間書き綴った日記。 『玉海』『月輪兼実公記』などと呼ばれることもある。 もしくは、キャラクターの名前。

九条兼実関白太政大臣を歴任した鎌倉時代朝廷側の公卿であり、そのことから『玉葉』は朝廷側の史料と言え、同時期の史料『吾妻鏡』とは相補的に用いられることが多い。
平安時代末期から鎌倉時代初期の研究を行う上での、基礎史料と位置付けられている。
鎌倉時代初期から多くの人に読まれてきたものと推測されており、『吾妻鏡』の編纂にも影響を与えているとされている。

江戸時代には、水戸藩が大日本史を編纂する時に『玉海』の名で記載された。

関連タグ

鎌倉幕府 日本史 北条氏 藤原氏 源平 日記

pixivに投稿された作品 pixivで「玉葉」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 49

コメント